セラピールームすずきBlog

愛知県蒲郡市で活動中。小さなサロンオーナーのブログです。心身の調和は人生を豊かにする。

兵庫県播磨町の空の船で勝手に癒されてきました。

お久しぶりの兵庫県は播磨町へ。

 

数秘術&足モミで大人気の、

ふみちゃんの「空の船」に行ってきました! 

 

色鉛筆を広げてくれたふみちゃんの姿は、

アコーディオン奏者に見えました。

 

f:id:vivayumiko:20181017003318j:image

 

「空の船」

~ KATTE NI IYASARERO ~ 勝手に癒されろ ~

 

f:id:vivayumiko:20181017003937j:image

 

今回はふみちゃんにお礼をしたくて。

 

先日の北海道の地震で大停電だった時、

食糧難の妹のところへ、支援物資を届けてくれたお礼に何かしたくて、

ふみちゃんの全身を、

とろとろに施術させて頂きました。

 

長いお付き合いだけど、

ふみちゃんの施術室に入ったのは初めてのこと。

 

入ってすぐに、わぁ~~~♪って、わたしのハートが喜んだ。


f:id:vivayumiko:20181017003310j:image

 

施術中、何度も施術を助けてくれる存在がありました。

 

それは「人」でもないし「物」でもないし、

「人」でもあって「物」でもあるような。

 

空間全体が、セッションの場を包んで守ってくれていました。

 

不思議な不思議な安心感に包まれながら、

これまた不思議に不思議に、施術がはかどりました。

 

空間全体に命が宿っている安心感。

 

今までいろんな場所で施術(出張)したこともあったし、

セレブな空間にお邪魔したこともあったけど、

ここまで施術をサポートしてくれる空間に出会ったことはありません。

 

ふみちゃんももちろんわたしを歓迎してくれたけど、

空間からも「いらっしゃーーーーーい!」って歓迎されたのを、

確かに感じました。


f:id:vivayumiko:20181017003303j:image

 

この丸いテーブルランプが可愛くてね。

素敵だなぁと思っていたら、なんと、Iちゃんの手作りなのだとか!

(Iちゃん、お元気ですか★)

 

どうやって作るの?って聞いてみたら、

風船を膨らませて、その上にボンドを塗り込んでいって、どうのこうの。

 

その後、風船をパン!って割ると、

このように出来上がるのだそうです。

 

買うと4000円くらいはしますよね、テーブルランプって。

これはいくらでしょう、300円くらいかなぁって言ってた\(◎o◎)/!

 

でも、驚いたのは値段じゃないの。

風船の上にボンドで組み立てていくという発想とか凄すぎるし、

そこにかけた「手間」を思うとね。

値段つけられないですよね。

一本一本、ボンドで線を引きながら、

Iちゃんはどんなこと考えていたのかなぁって、しみじみと、

ランプを見つめてしまいました。

 

施術は2時間かけてゆっくりと。

 

足は痛がっていたけど、生きてる証拠。

背中は出来るだけ眠って頂けたらと、尾骨からゆらゆらと。

 

施術しているのはわたしのほうなのに、

ふみちゃんの空間で、自分が勝手に癒されてきました。

 

そうだ、玄関にも書いてあったね、

「勝手に癒されろ。」おかげさまで癒されました!

 

施術後は、もうひとつの手作りを。

こちらです。


f:id:vivayumiko:20181017003300j:image

 

ふみちゃんの娘ちゃん(製菓学校生)の手作りロールケーキ!

羊羹のようなツヤツヤでしたが、チョコレートでした。

 

シワがひとつもないんです。

どうやってこのシワのないデコレーションが出来るのでしょう。

わたしにとってケーキはいつも食べ物である前に、芸術作品、

しばらくじっと見とれてしまいます。


f:id:vivayumiko:20181017003314j:image

 

カットした時の美しさ。

 

これ、娘ちゃんが作ったケーキなんだあ・・・

わたしがここに出入りしていた頃は、まだ中学生だったんですよ。

ジーンときながら、食べました。美味しい・・・♪

 

余談ですが、

先生が作るケーキは、カットした時のことも考えて作られているそうで、

どこからどう切っても美しく仕上がるのだそうです。

上だけ綺麗なのではなく、

中のどこを切っても美しい断面が現れるように作り込んでいるらしいです。

 

ケーキを作ってる間だけが制作じゃなくて、

食べる人達が盛り付けるところまで、食べやすさやいろんなことを、

ひとつの物語として完成させているそうです。

 

スィーツは奥が深いな。

 

お砂糖使われてるのも事実だから、

食べ過ぎると確かに体への負担も大きいですよね。

だけど、スィーツの見た目からそれを感じさせないのは、

作る側も、それを買う人達も、

そのスィーツを必要としている場所への配慮があって、

お土産かもしれないし、お祝いかもしれないし、

スィーツは誰かに喜んで頂く時に出番が多いから、

スィーツの存在そのものが喜びの波動でいっぱいなのかもしれません。

 

だから、落ち込んだ時に甘いもの食べたくなる人は、

そこで落ち込まなくていいと思います。

一口食べて、よし元気出たよ!って、また立ち上がって、

生きる現場に向かえばいい。

 

娘ちゃんは、

「ゆみちゃんが来たら、ここをこういうふうにカットしてね。」って、

シワにならないように、断面が乱れないように、

入刀方法をふみちゃんに手ほどきをしてから、学校に行ったそう。

 

今回会えなかったけど、久しぶりに会いたいな。

本当に美味しかったです^_^ありがとう。

 


f:id:vivayumiko:20181017003306j:image

 

大好きな「かこのもち」の本店にも行って来ました!

春光堂さん、いつもいつもありがとうございます。

 

なんともいえない食感と半透明と弾力感。

この弾力は、水飴が多いの?って思われそうですが、そんなことない。

固くならないのに、この柔らかさなのに、この弾力!

 

ぷにぷに。

ほわほわ。

どれもあてはまらないなぁ。

 

f:id:vivayumiko:20181017113538j:image

 

かこのもち、今年は7合目で全部食べちゃったけど、

来年は富士山の頂上まで持っていきます★

 

お餅の苦手なわたしが、「かこのもち」だけは大好物です。

 

あっという間の貴重な一日でした。

ありがとうございました!

 

 

明日はたくさん運動をしよう♪

 

ふみちゃんの足モミを受けたい方は是非こちらへ♪

 

ameblo.jp