セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

体の中で起きてる事実を大切に。

先日は、久しぶりに一泊二日で遠方まで出張を。

施術をお願いしたいのですが、3名様まで大丈夫ですか?と連絡を頂いて。

 

いつもお越し頂いてる方からのご依頼だったので、

たまには違う場所での施術も気分転換になるかしら♪と、

ありがたく引き受けさせて頂きました。

 

こちらから持参したものは、施術の時に使用している使い捨てシーツや、

足を拭く時に使うタオル複数のみ。

 

施術用に確保して頂いたお部屋には、

施術ベッドも、足湯も、すべて揃えて頂き、

仕事のあとは、お茶まで煎れて頂いて、

おかげさまで、とても集中して施術することが出来ました。

こちらのビルの9階で。心のこもったおもてなしをありがとうございました!

 

f:id:vivayumiko:20170310100333j:plain

 

その時に、水のお話が話題になりました。

 

お客様への施術中、

いつものその方の体温とはちょっと違う冷えをものすごく感じてね。

 

体温が低いわけではないのに、この冷え感は何だろう・・・??

 

最初はわからなかったんですが、

施術しながら、いつも感じる筋肉からの反応が弱かったので。

なんかやっぱりいつもと違うので・・

 

「水が合ってないような気がするのだけど・・・?どうでしょうね?」

 

水といえば浄水器。

浄水器そのものに対して、どうのこうの言うつもりはないんですが、

浄水するために使用されている活性炭が、わたしの中でひっかかってたんです。

この活性炭で、内臓を冷やしてしまってるケースがあるからです。

(そうじゃない方ももちろんいらっしゃいます。)

 

わたしも、一時期、

浄水ポットを気に入って使っていた時期があったんですが、

ある時期から、フィルターの性能が高くなってから使わなくなったことが。

表示には、バージョンアップしました!って書かれてあったんですが、

バージョンアップ前のほうがわたしにはちょうど良かったんです。

 

バージョンアップ後のフィルターを使用すると、

あたためて飲んでも、体が温まってくるまで時間かかるのを感じて。

 

さらに、オシッコが元気ない出方をするようになったので、

その浄水ポットを使用するのをやめたことがあったんです。

 

すると、体もすぐに温まるようになり、

オシッコも元気に出るようになりました。

 

そういう自分の体験をお客様にお伝えしていたら、

 

「活性炭といえば、、、実は最近、炭を飲んでたんです。

体の毒素を出そうと思って。」

 

とのこと。

 

「炭?」

 

「そう。それ飲み始めてから、そういえば便通が余り良くない気がします。」

 

「何かを取り入れて便通が悪くなる時は、注意が必要だと思う。

筋力反射テストしてみたらどうかな。」

 

して頂きました。

 

もろに弱い結果が出ました(・-・)

 

 

その後、お客様から連絡を頂き、

炭を飲むのを辞めたら、便通が快適なペースに戻ってきたそうです。

ホッと安心しました。

 

色々なものがあるから、それによって助かることもとっても多いんですが、

色々なものがあるからこそ、自分に合ってるかどうかを確かめるのは、

とてもとても大事。

 

使ってみないとわからないことだから、

やはり、常に観察が大事!

 

冷えといえば、体にあまり合ってないものを取り入れてる時の冷え感と、

単純に寒い場所で過ごしたことによって冷えた時の冷え感は、

ちょっと違うんです。

 

冷えも、色々とあります。

 

熱を与えることで解決する冷えもあれば、

水分を最初に与えなければ熱を吸収出来なくなってる冷えもあります。

 

自分に合うもの・合わないものを観察しながら過ごしていると、

冷え方ひとつとっても、どのように冷えているのか、

ちゃんと自分で感じ分けることが出来るようになってきます☆

 

f:id:vivayumiko:20170310101503j:plain

 

世界は、数値だらけ。

天気予報を見れば、降水確率何パーセントとか。

雨が降りそうなのか、降らないのか、自分で感じる必要がないわけです。

 

花粉飛散量も、数値で出されています。

体内に入ってしまいアレルギー症状が出てしまったら、

飛散量が多いからキツイとか、少ないからラクということではないのにね。

 

コンビニなどでおやつを買うと、カロリー表示もされています。

カロリーが高いから危険とか、低いから大丈夫ではないのにね。

これも、自分が代謝出来る成分の組み合わせで出来上がっているものなら、

カロリー消費もスムーズなのですが、

そういうことは感じなくてもいいように出来上がってしまっています。

 

人が本来持ってるセンサーを、使わなくてもいい時代・・

 

便利になりましたが・・

 

数値は数値でしかないので、

自分の体の中で起きてる事実も大切にしていきましょう!