セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

カフェインレス珈琲は冷えたわ。

先日、カフェインレス珈琲を買って飲んでみました。

カフェインレスはあまり好きじゃないのですが、

たまには人体実験でもしようかと、試しにね。

 

カラダが冷えますね。

ビックリしました!

 

味は珈琲と変わりない。

飲んでても美味しいと感じました。

珈琲豆はそのままに、カフェインだけ取り除きましたという商品でしたが、

珈琲豆だけがドカっと体内に入るわけで、

冷えました感、凄まじかったです。

 

お腹が冷たくなるような冷え方ではなく、

循環器系の温度が全体に下がりましたという冷え方ね。

 

二の腕や背中がシーンと冷たい感じです。

 

この冷え方は、イチゴに似てるなぁと思い出しながら。

 

やはり、珈琲を飲むなら、カフェインは多少は大事で、

カフェインによる血行促進作用で、カラダを温める手助けがあるからこそ

飲めるものなのだと思いました。

それでも一日に何杯も要らないし、

珈琲そのものは冷えるものだと思います。

 

って、お客様に、

わたしの体験談をお話していたら、

カフェインは摂っても大丈夫なものですか?って質問があり。

 

これ、個人差があると思うんですね。

 

毎日カフェインを摂取している人が、

突然カフェインをやめたら、二次災害が出ると思うし、

 

ふだんからカフェインを必要としない人だったら、

カフェインを少しでも飲んだら、

カラダが落ち着かなくなっちゃうと思いますし。

 

わたしは、珈琲のカフェインよりも、

ウーロン茶や緑茶のカフェインが特に苦手。

 

紅茶はもっと苦手で、

(でも味は大好きなんです。美味しいと思いますもの。)

紅茶を飲むと、数時間経過後に頭痛で苦しむことが多いです。

でも紅茶は香りも味も好きだから、飲みたい時は飲みます。

 

結論ですが、

 

血管を収縮させて、血流に圧力が欲しい!って時は、

カフェインに助けられますね。

登山の時とか、歩き始める前に少し飲んでおくと、歩きやすいです。

 

いずれもちょっとでいいかな。

 

なんでもそうですけど、臨機応変に。

飲みたくない時は飲まないし、飲みたい時は飲む。

 

どっちにしても、ほどほどで(^-^)

 

f:id:vivayumiko:20180514205001j:plain