セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

傾聴と寄り添いのセラピスト 荒川淳子さんをご紹介します。

荒川淳子

 

素敵な笑顔でしょう!

セラピールームすずきには、
教職員の方やプロのカウンセラーさん達にもお越し頂いてるんですが、

荒川淳子さんとは、今年の3月からお客様からのご紹介で知り合い、
それ以降、とても濃い時間を過ごさせて頂いています。

淳子さんは、2007年に大切な娘さんを亡くされました。
当時のことをお話してくださったんですが、
その頃は、ご自分の感覚が麻痺したような状態で過ごしていた、と。

現実の中に、薄いベールがかかったかのような、
自分の世界なのに、自分の歩いている世界は、
ベールの向こう側のような感覚。

日常生活に支障はないとはいえ、
心も身体も凍り付いたままの数年間を経て。。

「寂しい」とか「悲しい」とか、そういう具体的な気持ちは、
娘さんが帰天されて何年か過ぎてから、
ようやく実感として伴ってきたと。。

それまでは、そういう感情すら沸いてこない、
いえ、本当は存在していたのでしょうけれど、
それを認めるわけにはいかないくらい閉ざしていた、
それだけ自分は娘の死を受け入れていなかった、
受け入れられなかった、と。。

当時のことをお話してくださった時は、
わたしも言葉がありませんでした。

そんな淳子さんの気持ちが癒され、
新しい出発に向けて歩み出せることになったのは、
同じ経験をされた仲間達によって主催されたワークの参加。
まっさらな心で自分に向き合える場だったそうです。

その中で、「傾聴」、
心を込めてお話を聴いて頂いたことが特にキッカケだったそうです。

このときに淳子さんの中で融けていったものは、
何年も閉じこめていたものが、怒濤のごとく流れ出すのですから、
同じ経験をされた方だからこそ、
受け止めることが出来たのだろうと思いました。

わたしなどがどんな言葉を使っても、表現しきれるものではありません。

と同時に、新しく生き直す種が淳子さんの中で芽生え、
自分自身に触れる機会を持つことは、
生きていく上でも本当に大切なこと、と強く感じたそうです。

その後、淳子さんは
名古屋でお子様を亡くされた親の会、
「心のままに月の光の会」を立ち上げました。

そして岡部明美カウンセラーセラピスト養成講座、
東京4期と松山6期、LPL研修を受講、
お子様を亡くされた方が新しく生き直す人生に深く寄り添いたいと思い、
セラピストとしての活動を始めることとなりました。

親の会「心のままに月の光の会」での活動と、
セラピストとしての個人の活動と、
二本柱でスタートを切ることになりました。

寄り添い・癒し・気付きのカウンセリングセラピーです。

・お子様を亡くされた方・大切な方や愛する方を亡くされた方、
・生きづらさ、葛藤を抱えながら生きる方、
・援助員をされていてご自身の心や身体のケアを必要とされている方、
・自分の歩きたい人生にいつもブレーキやストップがかかると感じる方、

そのような方々に、
淳子さんはこんなふうにサポートしていきたいと、
心尽くしてくださっています。

・自分はたったひとりの大切な存在であると感じられるようになりました。
・生きる意味や大切さに気付きました。
・人生を大切に生きていこうと思えるようになりました。
・楽に生きること、幸せに生きることに自分でOKを出せました。

活動のご様子は、こちらのブログで綴られています。

「心のままに」

●子どもを亡くした親の会「心のままに月の光の会」
月一回(木・日午後:交互開催)参加費500円

●個人セッション ~わたしに触れる時~

傾聴のセッションと、
癒しと気付きのセッションがあります。(電話・対面・スカイプあり)

詳しくはお問い合わせくださいね。

お問い合わせ先
カウンセリングセラピー 光のささやき
傾聴と寄り添いのセラピスト 荒川淳子さん
(愛知県名古屋市在住)

携帯:090-3582-3027(受付9時~20時)
メール:jun00ar☆hotmail.com(☆は@に変えてくださいね。)

お会いしてみるとわかりますけど、淳子さんは、本当に穏やか。
一緒に会話してても感じますが、決して相手を急かしません。

ホッと一息、一緒にお茶して語っていたくなる、
そんな雰囲気が全開の方です。

淳子さんの活動を必要としている方に是非届けたいと思ったので、
こちらでご紹介させて頂きました。

☆追記
淳子さんもわたしのことをご紹介してくださいました。(こちらです
丁寧にご紹介頂いて、ありがとうございます!