読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

足首と首は互いに連動しています。

2014年になりました。
今年もどうぞよろしくお願いします(^^)

セラピールームすずきも、
本日より無事に通常営業させて頂いております。

f:id:vivayumiko:20140729141128j:plain

お休みの間は、北海道に帰省していました。
久しぶりに母と妹の足を施術し、
施術そのものは両足で15分くらいの簡単な内容だったのですが、
翌朝、妹から感動のコメントを頂きました。

「おねえちゃん!すごい量のウン○が出たよ!
15cmくらいのが2本!
流れるかどうか心配だったけどちゃんと流れて良かった~!」

ドカっと出るのは本当にスッキリしますよね。
わたしもとても嬉しかったです。

足の施術を受けた後は、排泄力が高まっていますので、
ドカっと出てくる事が多いです。
そして体がポカポカしてきて柔軟性もアップします。

ただ、決して、施術中には
「ウン○がどっさり出ますように」的に施術してるわけじゃないし、
どちらかというと足を入り口にしているに過ぎず、
お腹の中心が温まるように施術しているくらいです。

足だけのための足モミではなく、
全身に響く足モミということです。

それだけ、足は全身と繋がっているんですね。

今は寒い時期ですので、出たり入ったりしながら、
外と室内の気温差を味わっているだけでも、
頭や目の緊張も強くなりやすい季節です。
そうなると、頭に直接繋がる首の筋肉も同時に緊張しています。

その時、足はどんなふうになっているかというと、
手首や足首も同時に緊張しています。

体には、たとえ一箇所の疲労であっても、
全身で協力しあった緊張パターンがあります。

足首の、特にアキレス腱周辺に触れてみると、
首の緊張度もわかります。
そのくらい、足首と首は、互いに連動しているのです。

ですので、足の施術を行う時も
じゅうぶんに足を温めてから行うほうが体にも優しいし、
足しか触っていなくても、
首や肩までスッキリ仕上がってしまうことがほとんどです。

その上で、足を終えたあとに首や肩の調整をして締めくくりますので、
全身の施術を受けた時のような軽さとすっきり感が持続するのだと思います。

さて、我が妹ですが、
今回は顔も不調のようでした(笑)

顔。

右半分が固まりやすくなっていたのです。

30代過ぎてから、米国にて、
歯科矯正の治療を長期間受けていたせいもあるかもしれませんが、
顔がコリやすくなっていたんです。それも一部だけ。
歯は見事に美しく生まれ変わっているのですけれど。

もちろん、その部位に関連する足を教えていったところ、
触ってみると、かなり痛がりました。
わたしの中では、ソフトタッチで触れていることでも、
妹からは絶対的なノーを叩き返されました。

針で刺されているかのような、なんともいえない痛みだったようです。

一度で済むようなレベルじゃなく、わたしから見ても、
とんでもなく固い岩石が何かで覆われているかのような感じでした。

ここを読んでくださってる皆様も、
ふだんゆっくり足を見ることなどないかもしれませんが、
是非、毎日少しでもいいので触ってみてほしいのです。

食べたものが少し変わっただけでも、足はすぐに変わります。

また、顔であれ首であれ腰であれ、
不調が出てくる前に、まず最初に足に表れますので、
「足のどの部分に何が起きているのか」を知るだけでも
全身は落ち着きを取り戻すことがあります。

これは本当に不思議なことですが、地面を歩く時もそうなのです。
何も考えずにただ歩くのと、
「足が 地面に ついている」と、実感しながら歩くのとでは
全身の温まり方も、反応も、全然違うんです。

 

妹には、自分で出来るセルフケアとして
簡単な施術方法を教えました。

すると・・・

30分くらい経過した頃でしょうか。

「あれ?顔がほぐれている。。。?!」

妹が不思議そうに自分の足や顔を触っていました。
足は、トラブル関連部位の部分は、
さっきより少し柔らかくなった程度で、
触った感じも、見た感じも、あまり変化がありません。

ところが、一番トラブっていた顔のほうは
触れてないのに一番早くに結果が出ていたわけです。

もちろん、この状態がどのくらい維持出来るものかは、
続けてみないとわかりません。
何事もそうですが、体はいつも変化を続けています。
調子良い時には良いなりの世界で変化を続けていて、
調子悪い時には悪いなりの世界で変化を続けています。

ですので、良い悪いではなく、
自分の体のパターンを知っておき、
その上で新しいパターンに対する反応も知っていく。
知り続けていく。何度でも何度でも。

この調子で少しずつ続けてくれると嬉しいな~と思いながら、
余計なお世話な姉バカを発揮してきました。

(^^)