セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

気が宿る。

先日、夫婦でコリほぐし大会をしていた時のこと。

背骨沿いにまっすぐに筋肉を緩めるクリームを塗って頂きながら、
体がどんどんほぐれていくのを味わいながら感じていたことは。

「このまま眠くなったら寝てしまえるなんて幸せ~~~♪」ということ。

施術中に眠くなった場合、
そのまま眠ってしまう場合の眠りはとっても質が良いので、
短時間でも随分眠ったような、とっても爽やかな目覚めが待っています。

家族同士でケア出来たら、とっても楽ですよね。
でも家族同士だからこそ、なかなかそれが出来ない事もあります。

経営者さんと関わっていると思いますが、
家族や社員を養うために、ふだんからの仕事の規模が大きいので、
自分のためのケアの時は、専門のところに行って、
一切気を遣わず、何も考えず、すべてお任せしたいという方も多いので。

実際にわたしも、
昼間、仕事を終えたら、夜はゆっくり食事をして、
そのまま静かに過ごしていたいのも本音。
夜にしか出来ない雑務も多いですし、その時に、家族のケア・・となると、
やはり少しの気合いはどうしても必要です。

それでもやり出すと、あ~、良かったな~ってすごく思いますし、
自分がやって頂く番になると、やはりまたこういう時間を作ってほしい~って
すごく思いますね。
(圧倒的に、自分がして頂く番のほうが多いですが♪)

それに、家族の「手」は安心しますね。ほっとします(^^)

f:id:vivayumiko:20140519152344j:plain


「手」といえば。
わたしがとても大切にしていることをきょうは書きます。

BISEKI販売店研修の時にも少しお話したことがありますが、
わたしは「気の流れ」をとても大切にしています。

自分自身を整えておくことはもちろん大切ですが、
自分が身を置く環境についても、以前よりも今のほうが敏感です。

どうであれ、体は環境の影響を自然に受けています。
夏は暑いし、冬は寒い。放置していたら倒れてしまいますね。

だから、自分が身を置く環境についても、
正しく見る目を磨いておくことは、ふだんから大事なセルフケアのひとつなんです。

例えば、バケツに一杯の水を汲んだとします。
その水が透明な水だったとします。
透明な水の中に、一滴くらい泥水が入ってもなんともありませんが、
もしその水が泥水だったらどうでしょう。
泥水の中に、透明な水を一滴入れたって、やはり泥水のままです。
バケツ一杯の泥水が透明な水に変わるためには、
一滴や二滴では足りないのは明らかです。

自分が身を置く環境についても同じように、
わざわざ自分から汚れに行くようなことはしない、今はそう決めています。

入ってくる情報についても同じことが言えるし、
施術の時や、セミナーの時も同じですし、人間関係もそう。

クリームもそう。

クリームだけを見ると、ただのクリームですし、
クリーム独自の波動を持っています。
そのまま黙っていても、クリームがジェルに変わることはないし、
クリームにはクリームの、ジェルにはジェルの、独特の波動がありますよね。

でも、それを誰かの施術のために使うとなると、
その質は変わってくると思うんです。

誰から頂いたクリームなのか、
誰の手によって塗られていくのか、
その時点から、クリーム独自の波動だけではなく、
そこに関わる方達の気も宿っていきます。

同じ野菜でも、土の質が違えば全然違う味の野菜が育つそうですが、
クリームも、使い手さんの気によっては、全然違うものになっていると思うのです。

クリームも同じように、
単純に、成分や体質的な相性も普通にあると思いますが、
お客様が価値を置いてくださってることは、それだけではなく・・

商品がどれだけ素晴らしいかだけではなく、
それを扱う施術者の全体を観て、そこに宿る気を感じて、
その上で、体への作用を観察してくださっています。

だからこそ、クリームを扱う時は、
フタを開ける瞬間の、クリームに触れる瞬間の、その瞬間は、
それまでどんなに不安定な要素をかかえていたとしても、
きちんと心をリセットしてから施術に入ること・・
とても大事なことだと思うんです。

さらに、お客様との約束の「ご予約時間」というのは、
予約時間から始まっているものではありません。
お客様にとっては、ここにご予約を入れた時から、
エネルギーが動き出しています。

そして当日の朝、支度を整えて、
ここに来るのを楽しみに、電車でいらっしゃる方もいれば、
高速飛ばして延々と運転して来てくださる方もいらっしゃる。

お客様からしてみれば、始まる前からセッションがすでに始まっています。

お迎えする側は、そのことを忘れちゃいけないと思うんですね。

それらも全部ひっくるめて、
商品価格であり、施術料金であり、セッション全体なのだと思うんです。

そう思ったら、見えない時間の時こそ大切で・・

仕事って、仕事の時だけ仕事になるわけではなくて
やはり「人」そのものが現れるものだと思うし、
仕事と人生も、切り離せるものじゃないですよね。

日頃の生き方や振る舞いも全部ひっくるめて、
気として宿り、それら全部が、
「価格」の中にも含まれているんじゃないかなと感じています。

三日坊主なわたしは、自分のためだけに早寝早起きなど出来ません。
たぶん好きなだけ寝ているでしょうから、
仕事に助けられてることは本当に多いです。
仕事に必要なことだからという動機が、
結果として、自分のために全部戻ってくることが本当に多く、
人生全体までが整ってくる・・

今日も、良い「気」を持って、
気持ちよい一日を過ごしていきましょう(^^)/