読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

自律神経の専門治療を受けて

東京での濃い2日間を終えて、
今は北海道に来ています。

ゴールデンウィークは通常通り営業しますので
一足お先に連休を頂いています。
8日の夜に帰宅予定です。

雪の春です〜。

f:id:vivayumiko:20140519223740j:plain


さて、現在セラピールームでも大ヒット中の
自律神経整体ですが、

東京ではわたしも自律神経の専門治療を受け続けています。

今回は筋肉と記憶の深い関わりを実感したセッションでした。

奥から何かが浮上してくる時は、
例えそれが老廃物であろうと、
出したほうが良いものであろうと、
記憶が関連している時ほど、
出すことに対する未知な恐怖も伴うものです。

こういう時は、納得してないまま心に土足されることほど、
不快なことはありません。
正しいことが良いこととは限らなくて、
納得した状態で順調かどうかのほうが大事だったりします。

わたしがお世話になってる治療の先生は
そのサジ加減が本当に見事なので、
安心して体を預けることが出来るんです。

先日は、いつもより一歩深い部分の調整をして頂きました。

首のある部位に触れて頂いた時、
側頭部の一部が動きだし、
同時にお腹の奥から空洞のような体感を感じました。
お腹にも意識がいくけど
頭にも意識がいくし
手足は力が入らず、緊張と安心感と、
全身に造影剤が巡るような気持ち悪さに似てるような。

と同時に、それをクリアした後の
絶好調の予感も訪れてきました!
元栓はここか!みたいなね。大発見。

「先生、そこ、おかしいでしょう」

「うん、なんかちょっと変な感じだね」

だからどうするってこともせず。
どうにかしてくれと、こちらも望まず。

いえ、どうにかしたい気持ちもあるものの、
一気にやらないでくださいます?っていう気持ちと(笑)

おかしいなぁ〜って、まずはただ自覚しておく。

このペース、わたしにはとても大事。

そこを調整することに伴って現れてくるものの中には、
自分さえ気づいていない自分の本当の気持ちも存在しています。

だから、体はほぐせばほぐすほど運気が上がるケースが多い。
本当の気持ちを今度は大切にしようって心から思えるから。
人生と体はどんな時もセットだから。

ただ、人生のステージによって
その時の立場や背負っているものの大きさによって
本当の気持ちとの付き合い方も変わっていくのでしょう。

現在のわたしには、
それを受け止めていくには、
この体ではまだまだ耐えられそうになく、
またそこから一旦意識を外す。

言葉にしてしまえばほんの一言で済むことも、
その一言は何層にも何重にもなって、
複数のものが絡み合ってひとつの形になっているからです。

わたしのその状態を、先生もわかってくれた上で、
施術が展開されてゆきます。

頭蓋の施術をして頂いてる間は、
お腹の空洞の形が変化しようとする体感がありました。

と同時に頭の表面がザワザワしだして、
また記憶の何かが浮上しようとする。

頭蓋はこんなにも全身に響き渡るのか!

記憶と目の動きの関連性も。

目の動きが楽になると、
記憶の何かが浮上する時の心的負担も少なく感じるのです。
これはとても貴重な体験でした。

少しの間味わって、また意識を外す。

その繰り返し。

ほっと一息。

そして一歩一歩。

一歩ずつ。

目はいろいろなことに通じていますね。

自律神経に関しては、
今まで自分が体験してきたことで誰にも語ってこなかったことを
今後は少しずつ出していこうと思っています。
わたしの体験が誰かの役に立つなら幸いです。

そんな気持ちになれたのも、
自律神経について学び始めたことが大きなキッカケでした。

続きはまた後ほど書きます。

写真は治療後に見に行った大雨の中の桜です(^^)

 

f:id:vivayumiko:20140519223758j:plain