読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

足への刺激で若返る

きのう北海道から戻ってきました。

わたしが北海道へちょくちょく行くのは理由があります。
一番の理由は、弟に会いたいからです。

仕事に関しても、今後のことを考えるためにも、
北海道に行くことは今後も増えるかと思いますが、
とにかく一番の理由は、弟に会いたいからです。
たとえ少ししか会えなくても。

距離的にもラクではありませんが、
わざわざ時間を作ってでも「会いに行く」ことは、
わたしにはその行動そのものが「祈り」であり、
大切な積み重ねになっています。

そうすることでしか伝えられないことがあり、
そうすることでしか見せられないことがあり、
ハタからどう思われようと、
わたしは弟を守ることを決めています。

だけどね。
気持ちだけでは無理なことってありますよね。

どんなに素晴らしいビジョンを掲げても、
いざという時の時間やお金を用意出来なければ
お話になりませんので、
大切なことの優先順位は忘れないようにしなくては。

キレイゴトだけでは大切な人を守ることなど出来ないです。

f:id:vivayumiko:20140519224122j:plain


さて、北海道滞在中は、母の足をマッサージしてきました。

わたしが北海道に住んでいたのは、18才まででしたので、
今では離れて済むようになってからの期間のほうが長いです。

大切な人の足、、、じっくり観たことありますか?

わたしは、母の足をじっくり観たことなんてありませんでした。
いつまでも元気で居て欲しいと思いますが、
年を重ねるごとに体調も変わってくるのは自然な流れ。

施術した翌日、母は感動して言いました。
「おしっこの出が、ものすごく良くなってる!」と。

そうなんです。
足の反射療法は、内臓ひとつひとつに作用します。

血液も、循環しなければ何の意味もありませんが、
その血液循環にとって、一番の難所で汚れがたまりやすいのが足。

心臓から一番遠い両足を刺激するということは、

疲れやすい人は疲れにくく、

眠りにくい方は眠りやすく、

動きにくい人は動きやすく、

自分の体の弱い部分を、自分の血液でサポートすることになるわけです。

自分の血液で自分の血液の汚れをお掃除しているということです。

その中でも、特に、
腎臓~尿管~膀胱のラインは、足モミ講座の時にも盛り上がるライン。

ここを念入りに施術しておくだけで、施術も豪華になりますが、
全身の浮腫の取れ方も違ってきます。

皮膚表面よりも奥のほうに存在する反射区なので、
施術しにくい深さでもあるのですが、
顔のツヤが失われている時も、このラインはやはり重要視しています。

そのため、うちの施術では、
フェイシャルコースにも足モミがくっついているのです。
(フェイシャルコースはBISEKI会員のみ限定メニューとなっております)

わたしが初めてBISEKI化粧品と出会った時も、
化粧品に興味のないわたしが、なぜBISEKIを取り扱っているのか。

それもやはりコンセプトで繋がっていたからです。

BISEKIの担当者さんから、
「まずは足に塗ってくださいね」と言われた時の感動は、
今も鮮明にわたしの中に大切に残っています。

さらに、「足の裏は全身を映す鏡」と呼ばれていますが、
よ~く観ていると、素晴らしく人体構造の理にかなっているんです。

胃腸などの消化系統は、足の裏では「土踏まず」にありますが、
土踏まずは地面から浮いているため、
つまり、食後にすぐに歩いても、余計な刺激を胃に与えることがない。
人体って、ほんとうまく出来てるな~ってつくづく思います。
一体誰が考えたんでしょうね。人体の始まりって。自然界は偉大ですね。

明日から通常営業です。またよろしくお願いいたします(^^)/