セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

子宮のリズムと自然のリズム

うちのセラピールームは現在マタニティブームです。

少し前に、無事に出産された方もいらっしゃいますし、
もうすぐ出産される方もいらっしゃいますし、
いよいよお腹が大きくなってきました~な方もいらっしゃいます。

きょうは名古屋からお母様と一緒に親子でお越し頂きました。
娘さんのほうは、予定日までもうすぐ。
わたしもとても楽しみです。

特に、足の反射療法や自律神経の整体法は、
マタニティの方にこそ喜ばれています。

(マタニティの方の施術は、お医者様のご承諾を得て頂いた上で、
ご縁ある方からのご紹介のみ対応させて頂いてます。
現在は、ご新規の方は受け付けておりません。)

お腹が大きい間は、辛いことも多いんですよね。
お腹の中は羊水でいっぱいですから、
いつもの身体の時の水分バランスとは全然違う状態です。
食べ物の好みも変化しますし、
安全なお産のために運動もしなければいけなくて、
妊婦さんって、いつもと違うことの連続の毎日なんですよね。

足の施術は、お腹の張りが柔らかくなることが多く、
長引いていたつわりもラクになって、とにかく喜ばれていまして(^^)

「痛い時には息を吐く」

この言葉は、施術中いつも声かけしている言葉ですが、
お産の時にも「痛い時には息を吐く」を、役立てて下さったり。

それに、羊水が綺麗になっていくと赤ちゃんの肌もつやつやです。

生まれてきた子が目を開けるのが早いとか、
言葉を話し始めるのが早いとか、
なにか、、、なにかね、違うんですよ。

足を施術する。手を施術する。
ちょっとしたことでも、リラックスポイントは沢山あります。
母胎であるお母様が安心した気持ちで過ごしていると、
きっとお腹の中のベビちゃんもリラックスしていると思うのです。

f:id:vivayumiko:20140519233342j:plain


それにしても子宮という場所は本当に不思議な場所ですね。

母親とベビちゃんの血液型が違っていても、
母親の食べたものが栄養となって吸収されて、
ベビちゃんのところに届く頃には、
ベビちゃんの血液型に変化しているのですから、
本当に不思議な世界ですね。

人間の中で、人間を育てられる臓器を持っているのは女性だけ。

子のお宮。

子宮。

子宮を持っているだけで、女性って本当にスゴイと思うんです。
子宮は、自然界の法則と見事に直結している臓器だとわたしは思ってます。
子どもを育む力を持っている場所だから。

でも育んでいるのはそれだけじゃなくて。
人生にも通じている、神聖な場所だと思うんです。

何かを語る時も、行動する時も、身体は、
丹田(女性は子宮)から発動していると思うんです。

これはわたしの私感ですが、心も体もスッキリな時は、
子宮のリズムと自然のリズムが一致している感じがするのです。
自分の身体でそれを感じるんですね。
リラックスして腹が決まってるんです。

だから、自分にとって自然じゃない感じのことに対してイエスと言ってる時は、
その時に訪れる違和感や、チグハグ感は、
それを感じているのは子宮だけではなく、
そこから脊柱を通って、頭の内部で固まってしまうというか。
そうなると、現実の流れまでチグハグになってきてタイミングも悪くなっていく。

身体の中にある細胞は、どれもこれも、
わたしの話す言葉を聞いているし、わたしの思考も受け取っているし、
子宮と仙骨は、足の反射区では同じ位置にありますが、
足から観ていくと、思考も、感情も、目に見えないものではなく、
ちゃんと目に見える肉体の一部なわけです。

めまぐるしい毎日の中で、色々なものをわたしたちは見ています。

見ている。

見て、そこから何を感じて、どう動く?

どんな現実を展開していく?

何気ない選択の連続も、
全部、丹田(子宮)から始まっていると思うんですね。

損得でもない、条件付きの何かでもない、
まっすぐに自分の本音と直結している場所。身体の中心。

女性は勘が強い方が多いですが、それはやはり、
子宮の力も大きいんじゃないかなって思うんです。

f:id:vivayumiko:20140519233357j:plain


マタニティの方の施術中は、わたしも同時に癒されています。
手を触れていると、、、お腹の中のベビちゃんがぐるぐる動き出します。

何度も通って頂いてますが、同じ施術は一度もなく、
ベビちゃんと、ママさんにとって、本当に必要なことだけのシンプルな施術が
毎回展開されていってしまいます。
不思議でたまりません。

そしてこのご縁をとても嬉しく感じています。
心からありがとうございます。