セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

背骨がズレてるのではなく、周辺の筋肉が縮んでいる。

よく、「背骨が曲がっている」という表現や、
「骨がズレている」という表現をききます。

わたしも、施術中、
うっかりとそのように表現してしまう時があります。

ただ、実際には骨が曲がっているのでもなくズレているのでもなく、
その周辺の筋肉が凝り固まって、縮んでしまっていて、
それによって骨に歪みが生じている、というのが本当のところ。

曲がっているところをバキっとまっすぐに戻す施術もありますが、
周辺の筋肉をほぐさないままにそれを行うことは、普通に危険。

それよりも、安全に、確実に、歪みを解消させる自然な近道は、
首のコリ、肩コリ、腰のコリ、とにかくコリを解消させること。

セラピールームで施術の時も、
お客様には施術ベッドの上で一旦うつぶせになって頂きますが、
最初は左右の足の長さが違っていたり、
向きが違っていたり、様々なんです。
これはよくあることなので、わたしもその時点では放置しています。

もちろん、この時点でも、強制的に矯正する方法はありますが、
その方法は、ほとんど使うことがありません。
施術の過程で、自然と改善されていることがほとんどだからです。

では、施術の過程では何をしているかというと、
ひたすらコリをほぐしていくことを続けています。
周辺のコリがほぐれてくると、
骨の歪みも自然と改善されていくからです。

奥の滞りが表面に浮上してくるととても違和感ですので、
それを流しきる通り道を体に作る、その上でコリをほぐしていきます。

そのために開発されたのがビセキシリーズの商品達でもあります。
ビセキ化粧品については、こちらから全種類をご覧になれます。

f:id:vivayumiko:20140520001924j:plain

 

背骨は、一本の棒のように伸びてるだけではなくて、
1個1個の椎骨が集まって出来ている集合体です。

頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個、仙骨、尾骨の合計24個が、
鎖のように繋がって成り立っています。

骨と骨の間にある、鎖の部分が、椎間板。
これがあるおかげで、椎骨ひとつひとつが連動しながら動けるので、
わたしたちは自由に手足を動かすことが出来るし、
食事や仕事をすることが出来るし、
人と会って話すことも、未知の場所に行ってワクワクすることも、
人生を味わうことが出来るのは背骨あってこそ!なんですね。

手足のしびれるとか、
肩が凝るとか、頭が痛いとか、寝違えてしまうことが多いとか、
疲れやすいとか、そういうのも全部、決して無関係ではありません。

お客様が、ビセキクリームを購入される時、
わたしは必ず「ツライ時は是骨沿いに塗ってね」と伝えています。

背骨沿いの流れが良くなるからこそ、手と足への施術が必要になり、
肩関節や、足首が、自分の場合はどうなっているのか体感出来るようになり、
自分の体の本来の状態がわかりやすくなっていく。。。

本格的な施術法を知らなくても簡単にできちゃうところが、
ビセキトリートメント法の素晴らしいところです。

ほぐれたらお終いではないんです。

そこでやっと本当のスタートだとわたしは思うのです。

ほぐれた状態で何かを選ぶ時は、
体のほうは活発で、頭のほうは静かな状態ですから、
損得や、条件的なところにはあまりエネルギーが向きませんし、
本当の意味で、自分にとって必要な選択をしやすいんです。

ほぐれた状態で、いつもの日常を過ごす。

ほぐれた状態で、日常の動作をする。

たったそれだけのことなのに、
体の流れが整ってきて、人生の流れも整ってくる。

自分にとって必要な選択が出来るようになるから、
人生の流れにスピードがついてくるのも自然なことなのです。

顔には触ってないのに、顔がリフトアップしてしまうのも、
背骨から整えていくからです。

余計なことはしない。

コツがあるとしたら、出来るだけ最小限に。

f:id:vivayumiko:20140520001940j:plain


さて、背骨の話には、とても面白いエピソードがあります。

腰が90度に曲がってしまったおばあちゃんがいらっしゃいました。
ある時、何かで手術が必要になったので病院で麻酔を打ってもらいました。

全身麻酔によって全身の筋肉が緩みますから、
おばあちゃんの90度に曲がった腰は、まっすぐになりました。

そして手術が終わって、麻酔が切れると、
また元の90度の腰に戻っていきました。

f:id:vivayumiko:20140520001951j:plain


このエピソードは、
いつもお世話になっております、本部千博先生の著書、
「毒素をためると病気になる 排毒・解毒で病気は治る」に登場します。

骨そのものが曲がっているわけではないということを
とてもわかりやすく伝えてくれていると思いました。

この本は、ビセキ販売店研修の時の課題図書にもなっています。
わたしが研修を担当した販売店さんたちも、
10回以上読んでいる方がほとんどです。
ビセキ化粧品を愛用してくださってる皆様も、是非ご覧になってみてください。

骨の歪みについてだけじゃなく、
毒素を出す仕組みについてや、
ストレスとカラダの関係、
医者が増えると病気が増えるミステリー、
発汗と発熱を上手に生かす方法など、
一般向けにわかりやすく書かれています。

春は、神経への刺激がとても強い季節。
梅雨時期の浮腫みとは質の違う浮腫みに悩む方も多い季節。

コリをほぐし、筋肉をリラックスさせて、
皆様にとってもあたたかく過ごせるゴールデンウィークでありますように。