セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

控え続けていた味噌を、久しぶりに摂ってみました。

花粉の時期のアレルギー対策のため、
味噌を控えていたのは昨年の11月頃から。

(詳しくはこちらからご覧ください)

先日、半年ぶりに豚汁を作ってみたんですが、
とっても美味しかった~~~~~~♪♪♪

豚汁は大好きです。

f:id:vivayumiko:20140521013519j:plain



しかし、翌日、
朝起きた時の鼻水が多かった(^^ゞ(すぐに落ち着きましたが)

味噌をずっと控えている時と、
味噌をずっと取り続けている時では、
寝起きの状態や、眠りの状態も、違いを感じながら過ごしていました。


味噌も、いろいろなものがありますので、
その製造過程によって、体への負担はまったく違いますね。

自然派で栄養満点の間違いない味噌よりも、
ちょっといい加減な味噌のほうが、体の負担を少なく感じます。

味噌実験、もう少し観察を続けてみますね。

わたしがこんな変な観察をしているせいか、
体質勉強会に参加されたお客様などは、
味噌や塩、醤油など、頻繁に使うものこそ観察が大事だねって
口を揃えておっしゃいます。

味噌に限らないことですが、
今は、いろいろなものが存在していて、
旬のものを旬の季節に食べるのではなく
好きなものを、一年中、好きな時に好きなだけ食べられる便利な時代。

いつのまにか、体内の四季は失われ、
味覚と栄養だけが優先された食事のほうが一般的な時代。

この便利さに助けられながらも、
やはり失っているもののほうが大きいのかもしれません。

だからこそ、自分の状態に気付いていることは大きな強み。

分析でもなく、客観視でもなく、ただ気付いている状態が。

体調のアップダウンを止めるのではなく、
自分のサイクルに気がついて、その都度、必要な手段を選ぶ。
その連続を楽しんでいく。

結果として、体調のアップダウンは中庸になっていくし、

そうやって、体への理解がどんどん深まっていく。