セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ビセキパックトリートメントは、背中の軽さが違う。

f:id:vivayumiko:20140521232652j:plain

 

兵庫県加古郡にあります、

川本ビセキ部に久しぶりにお邪魔してきました!

 

関西はすっかり梅雨入り前のような空気で、

湿度がいっぱい、ベタベタ感てんこもり。

 

季節的にも、そろそろ丁度良いと思いまして、今回のビセキ体験会は、

ビセキパックとヒーリングアクアとビセキEXウォッシュをメインに使用し、

背中全体をゆったりと緩めていく贅沢な体験会となりました。

 

わたしは、7名の姫君達をお世話する女官のような気持ちでした(^o^)

 

f:id:vivayumiko:20140521232658j:plain

 

「今まで味わったことのない軽さ!」

 

「背中が薄くなった感じがします。痩せたような。とにかく軽い!」

 

「呼吸がしやすい!」

 

そうなんです。

ビセキ化粧品は、解毒・排毒の発想から開発された商品ですが、

どちらかというと、クリームは筋肉への作用が強く、

パックやウォッシュは血液中への作用が強いんです。

 

背中全体にビセキパックを塗布し、

その上に、ヒーリングアクアで泡立てたビセキウォッシュを乗せていくだけ。

コリのあるところは、パックを塗布しながらゆるやかにマッサージします。

 

個人差がありますが、背中にビセキパックを使って施術していくと、

辞められない止まらない楽しい悪習慣(チョコレートとかお酒とか♪)が、

ピタっと止まる方も多いのです。

 

また、背中の皮膚呼吸も活発になり、筋肉に余裕が出てきて、

横隔膜の動きもスムーズになっていくんですね。

何も意識しなくても自然と深い呼吸に整っていってしまうのです。

 

血液が変化するためか、

ビセキパックとビセキウォッシュとヒーリングアクアの組み合わせは、

花粉症などで辛い時にもなぜかとっても楽に過ごすことが出来るんです。

花粉症が治るのではなく、症状が出ないで済んでしまうという感じです。

 

筋肉疲労が激しい時は、クリームが心地良いですが、

食べ物や食べ方が体に負担をかけていることによるコリは、

今回の3点セットのほうがスムーズにほぐれていくんです。

 

パックの施術の後は、少し眠られる方も多いのですが、

深いところからほぐれていくので、

体のほうは、老廃物排出のためにエネルギーを使うからでしょうね。

 

今回参加してくださった皆様も、居眠りモード・・・(^^)

 

そして、翌日の目覚めの時、背中があまりにも軽くて

感動の嵐だったようです。それを聞いてわたしもとっても嬉しいです。

 

f:id:vivayumiko:20140521232702j:plain

 

実はわたしも、この日のために、

2日前からお風呂でビセキパックを自分に使っていました。

ビセキEXウォッシュ・ビセキパック・ヒーリングアクアの3点セットで

全身に使い、軽くマッサージして、泡のままお風呂のお湯の中にダイブ・・♪

 

クレイの強力な吸着力のおかげでしょうか、

皮膚表面だけではなく、毛穴に入り込んだ皮脂汚れやメラニン、

老化角質や活性酸素にも強力に吸着し、ぴゅーーーーっと排出に向かう。

だからビセキパックは、肩こりや腰痛など、

痛いところにこそ使ってみることをオススメしています。

とにかく軽さが違うのです。

 

風邪の引き始めの時や、出張移動で疲労が蓄積している時なども

わたしはこの3点セットがとても気に入っています。

続けていると、食べてるわりには太らなくなっていくので、

今回も2日間連続して使用していたせいか、

「ゆみこさん、前よりも痩せました?」と言ってくださった方もいて!

 

そうなんです。夜のお風呂でこのセットを使っておくと、

翌朝、わたしは自分が引き締まっているのを実感してます(^^)

 

別名、洗うだけダイエットと言われている由来は

その働きによるものかと思います。

 

 セラピールームすずきで行う施術にも、

希望者のみオプションとして全身パックトリートメントがありますが、

その場合、全身コリほぐしの後に、全身パックを導入してるんです。

ダイエット目的で通われている方などには結果が出るの早いです。

 

また、全身パック後、パラフィンシートで包んであげて

上下からホットマットで温めて発汗させるという使い方も良いです。

 

ほぐれ感の違いは、何も言わなくてもお客様が感じてくださっています。

 

今回は、ちょっと贅沢なビセキ体験会でした・・♪

川本ビセキ部のキャプテン、それから参加してくださった皆様、

いつもありがとうございます!