セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

施術の技術よりも、わたしが優先して大切にしていること。

セラピールームの移転も、ようやく日程のメドがたちました。

6月8日から始まる足の反射療法集中講座は、

新しい場所で行うことになります。

受講予定の皆様、どうぞよろしくお願いしますね!

 

集中講座も、受講生さんが変わると講座内容も自然と変化していきます。

講師がひとりで講座を展開することはあり得なくて、

 

反応してくださる受講生さんがいる、

共鳴してくださる受講生さんがいるからこそ、

わたしの中から次々引き出されてくるものがあるので、講座は、

受講生のみなさんと一緒に作り上げていく一つの物語だと感じてます。

 

浜名湖花博覧会の時の写真です♪

 

「場のチカラ」って本当に大きいんです!

 

ふだんからもそれは思うんです。

施術直前までドタバタしていて、そのまま施術に入るより、

施術前に1分でもいいから深呼吸で自分を整えるほうが、

不思議なのですが、お客様のコチコチもほぐれやすいのです。

 

1分の時間が取れなかったら、30秒でもいい、

いや、一瞬でもいい、

一度、自分の中心にしっかりと根を張って自分の状態に気付いていること、

これが本当に実りあるセッションに繋がっていくんですね。

 

自分のコンディションが完璧じゃなくてもいいんです。

生きていると、良いことばかりじゃなく

気分が沈んでしまうことだってあるわけですし。

それでもいいので、自分の状態に気付いていることが大事なわけで。

 

自分の深呼吸ひとつで、その場全体が整う。

 

地味で、目立たないけど、ものすごくパワフルな、

大切な、瞬間的作業。

 

実はこれ、最初の「場を整える」に関しては、

施術の技術よりもわたしは重要視しています。

 

むしろ、最初の「場を整える」を無視した状態で技術だけを追ってしまうと、

やがて知識の下痢を起こし、余計なことをやってしまいがち、その結果、

お客様の反応も鈍くなってしまうことが多いんです。

 

もちろん、技術のクォリティを維持していくことも、

新しい知識を取り入れることも大切なことではあるのですが、

自分の状態に気付いてもいないままそれを続けることは、

無駄にゴミが増えていくのと同じことなんです。

 

逆に、自分の状態にちゃんと気付き、体の声を受け取れる、

受け取ったものを受け入れた上で学んでいくなら、

どんな学びでも、関係ないこともぜーんぶ大きな強みになっていきます。

 

すべては自分次第で、自分から始まっていくこと。なのですネ。

 

f:id:vivayumiko:20140601132606j:plain

 

お客様の立場を考えてみてもそうだと思うんです。

 

ご予約が確定した時から、それは始まっています。

その日をとても楽しみにしてくださってるでしょうし、

それまでの間に、これとこれがあるので、さぁ頑張ろう!みたいなね。

 

そして当日、玄関のドアを開けてこちらに向かい始めた時から、

実はもう始まっています。

 

うちは特別な器具も設備もない、とっても小さな施術ルーム。

それでも新幹線や高速を使って遠方から来てくださる方がとても多いので、

道中、お客様がどのような気持ちで過ごされていたのかも、

迎える側としては配慮していきたい部分です。

 

詳しいことを知る必要はありませんが、目には見えないことでも、

感情も、思考も、やはりボディの一部なので。

 

それに、時間とお金を使って、ここまで来てくださるわけだから、

到着した瞬間から「あぁ、ここに来て良かった~」って思って頂けるような、

そういう心がけはやはり大事にしていきたいです。

 

わたしがそのように扱われることを好むせいもありますけれど(^^ゞ

 

f:id:vivayumiko:20140601132630j:plain

 

大切に扱ってもらうと、優しい気持ちが戻ってきますし、

何が大切なのかも明確になるので迷わなくなります。

 

まずは自分から優しい気持ちを取り戻す。

 

世界平和の第一歩だと思ってます。