セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

自律神経の奥深さに触れて・・

施術中に、血流がトクトクと流れる音・・・

の他に、もうひとつの静かな音のようなリズムを感じるんですが、

それが自律神経のリズムなのかどうかはわかりません。

 

ただ、感じる。。

 

そのリズムを感じる場所と、感じない場所があるんです。

 

こんな感じで、何らかの異変をキャッチしていても、

今までそれをうまく言葉で伝えることが出来ませんでした。

 

それでも感じるままに、

そのリズムに導かれ施術を行っていると失敗がなく、むしろ安全で、

気付いたら結果も出ていました。

 

今度は、そういうことを感覚の世界のものだけではなく、

お客様にわかりやすい言葉でお伝え出来るようになれたらいいなと、

昨年から自律神経研究会の学びの場に参加するようになりました。

 

本当のキッカケは、わたし自身のためでもありました。

小さい頃に体験したあの症状は、○○が原因だったのか!とか、

肩こりが始まる前に、○○を感じていたのは、

やっぱり自律神経から始まっていたんだ!とか、

今まで言葉にすることが出来ずにいたことを、

謎解きのようにするりするりと解決していったのは

本当にありがたかったです。

 

さらに、花粉症についても大きく納得した部分がありました。

アレルギーは、副交感神経が過剰になることで発症しますが、

副交感神経が高くなる理由は、交感神経が異常に高くなるからであり、

それをカバーしようとして副交感神経がさらに高くなるということ。

 

副交感神経が高いのなら、

交感神経を上げていきましょうという治療は沢山見てきましたが、

それって症状は治まるかもしれませんが根本は変わらずなんですよね。

 

異常に高くなった副交感神経を安定させるためには、

交感神経を静かにしていかなくては、

副交感神経も上がりっぱなしになったままです。

 

何事もバランス。

 

そのために使えるテクニックやセラピーの数々を、

この一年、ゆっくりと取り入れてきました。

 

長年、セラピールームに通ってくださるお客様にも

ビセキクリームを愛用してくださってるお客様にも、

全身がスッキリ整う自律神経の整体法は大人気で、

ほぐれやすさが全然違うんですね。

 

たとえば、膝の痛み。

 

膝を動かしている筋肉は、

腰椎から出ている神経によって動かされていますから、

膝の治療には、腰の改善は大切なポイントになるのは

ご存じの方も多いですよね。

 

じゃ、腰の筋肉はというと、

上腕と手綱のような関係性で繋がっていますから、

上腕の調子も確認させて頂くことが多いです。

 

そうなると、やっぱり全身の流れを無視することは出来ないのです。

 

例え、ワンポイントなお手入れの時であっても、

そういった知識の中から一部だけでも活用出来れば、

まったく違う仕上がりになります。

 

いつまでたっても同じことの繰り返しの症状をお持ちの場合は、

自律神経からのアプローチに切り替えてみるのもいかがでしょう。

 

そんなわけで、先日も東京へ。

 

f:id:vivayumiko:20140706002505j:plain

 

最初は緊張していたわたしなんですが・・・

毎月ご一緒させて頂くたびに、だんだん距離が近くなってきていて、

現場ならではの悩みなども本音でボソっと出てしまったりね、

なんだか最近は、リラックスしております。

 

 

研修中、一番おもしろいのは質疑応答の時間です。

 

毎回、何が出てくるかわからないの。

現場で起きている生の事件を取り上げて始まっていきますし、

治療院の経営者さんがほとんどなので、

経営についても色々な考え方に触れさせて頂けるので、

大変ありがたいのです。

 

また改めてご報告させて頂きます(^^)/