セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

蒲郡の竹島。片目の龍伝説。

このところ、火力が強い感じがします。

雷が多いし、
航空機事故が多いし、
女子高生が信じられない事件を起こしていたり。

 

現象はどうであれ、世の中のオーラ全体が火っぽくて、
ぶつかりあってて燃えているような印象を受けていたわたしは、
自分の身体も、このところ発熱を繰り返していました。

 

下がっては微妙に上がり、また下がり、の繰り返し。

 

ゆっくり休む暇もなく、
そのまま騙し騙しで乗り切っていましたが、
どうもしっくりこなかったんですね。

 

空を見上げていたら、龍のような形をした雲が追いかけてくる。
これは調整が必要だわ!と感じたので、
久しぶりに行ってきました、近所の竹島へ。

 

蒲郡の竹島

 

竹島は近所なのに、じつは今年初(^_^;

 

やっぱり火が過剰な時は、水がいいですね。

 

エネルギーの過剰なところを海に解放し、
足りない部分とのバランスをしっかり取ること。

 

心から、ほーーーーっと、静かな時間に助けられました。

 

f:id:vivayumiko:20140730105045j:plain

 

竹島といえば、片目の龍の伝説があります。
このお話は、わたしが蒲郡に来て2年目だったかな?
関西からお友達が来てくれて、一緒に竹島に行った時に、
竹島名物男(ボランティアガイド)に熱烈な歓迎を受けまして、
その時に教えて頂いたお話です。

 

ここ数年、彼のことはもう見かけなくなっていますが、
とにかく迫力に圧倒される方でした。

 

竹島内にある八百富神社の階段数のいわれから、
それぞれのお社参拝のことも詳しく伝授して頂けるので、
多くの方々は、ただただ彼の言いなりになって、
思いっきり楽しみながら竹島散策をする羽目になってました(笑)

 

その時に教えて頂いた龍のお話。

 

昔、目の見えない方が竹島に参拝にいらっしゃいました。
その頃、竹島には龍の母子が棲んでいて、
母龍は、目の見えない方に、自分の子ども龍の目を一つ、
わけてあげたそうなのです。

 

目の見えない方は、そこで目が見えるようになって
お帰りになったということです。

 

そのため、竹島に棲む子ども龍の目は片目なんだそうです。

 

f:id:vivayumiko:20140730105113j:plain

 

さて、竹島は島全体が神社の境内になってます。

橋を渡る時は、とにかく風が強いことが多いです。


そういえば以前にね、
友人Y氏が「風で祓って頂きながら神域に入るんだよ」と

教えてくれたことがありました。とにかく橋を渡る間の風は強い。

 

島の手前の鳥居をくぐったら、神域です。

 

でも、友人Y氏によると、
橋を渡っている段階で、神域が3段階にわけて深まってきたといいます。

 

神域とは何ぞやよくわからないまま、
いつも気軽に竹島に遊びに来ていたわたしって一体・・・。

 

せめて、ここに来た時はちゃんと参拝をしようと、
このとき思ったのでした。

 

f:id:vivayumiko:20140730105129j:plain

 

島の階段を登ったら、5つの神社があります。

宇賀神社(祭神は宇賀御魂命。)
大黒神社(祭神は大国主命。)
千歳神社(祭神は藤原俊成。)
八大龍神社(祭神は龍神。)

 

そして八百富神社。
開運、縁結び、安産にご利益がある市杵島姫命が祭神です。

 

f:id:vivayumiko:20140730105236j:plain


ここは対岸とは400mしか離れてないのに、
対岸とはまったく違う植物たちがいっぱいで、
東海地方の他では見られない暖帯林となっている不思議な場所。
そのため、天然記念物に指定されています。

 

歩いて移動出来る距離なのに、
生えている植物が違うなんて不思議です。

 

まるで宇宙のどこかで迷子になった島が、
突然ここにドカっと落ちてきたみたいな感じです(^_^;

 

f:id:vivayumiko:20140730105149j:plain


龍神岬のほうへ行くと、
八百富神社が天然記念物であることを示す石碑が立っています。

 

この石碑、海に向かって立っているんです。
ですので、島のほうから(竜神の松の側から向かっても)
石碑の後ろ側しか見れません。

 

そこでわたしはいつもこの石碑のそばまで移動して、
しばらくの間、石碑に寄りかかりぼーっと海を眺めています。
そして、石碑の回りをぐるっと一周、必ずしてくるのです。

 

ここもまた不思議なのですが、
一瞬、重力を忘れるかのような、ふわっとした何もなさを感じるんです。

 

f:id:vivayumiko:20140730105248j:plain

 

ここご覧になってる皆様も、
竹島に行ったら、是非、竜神岬のほうまで足を伸ばしてみてくださいね。

 

ユミコサロンも、蒲郡の名所と言われるくらいにガンバリマス・・♪

 

最後に、こちらの絵もご紹介しますね。

これも竹島で販売されているんですが、

(八百富神社にちなんで八百円?!)

 

f:id:vivayumiko:20140730110327j:plain

 

竹島名物男に教えて頂いた、この絵の使い方・・・

 

具合悪い時には、お布団の下に敷いて眠るといいですよ、

具合が良くなりますよ。って。

 

勉強に集中したい時には、机の下に貼ってみてね。って。

 

お商売をしている方なら、電話の下に置くのもいいですよ。って。

 

見せるために飾るのではなく、

見えないところに飾るものらしいのです。

 

へぇぇーーーー(O_O)

と思って、好奇心旺盛なわたしは早速一枚買ってみたわけです。

 

わたしはパソコンの下に置きました。

・・・・確かに!

ネットでのお問い合わせの多かったこと、多かったこと。

で、疲れ果てて、絵を外しちゃった事があります(^^ゞ

 

まだ体力を回復に向かわせてた時期でしたから、

精一杯だったんですよね~・・10年近く前のことです。

今ならまた絵を飾れるかもしれません。

あっ。見えないところにね(笑)