セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

「月の光を浴びなさい」再び。

チベット体操のお兄さんは、本業が山のプロでもあり、

わたしの登山トレーナーでもあります。

今年はお互いにおかげさまで仕事が忙しく、

山登りの日程が決まらないまま夏が過ぎ去ろうとしていますが、

毎月恒例の蒲郡会議には、必ず来てくれてます。

 

きょうは、宇宙人のような変な友人J氏も豊田から来てくれて、

3人で近所の夜カフェしながら、話し込むこと数時間。。。

 

f:id:vivayumiko:20140825002801j:plain

 

話し込んでいる「今」は、2014年なのですが、

ひとつの話題がキッカケとなって思い当たる節々や、

浮上してくる様々な出来事は10年前だったりなど、

とってもパラレルな会話が続きました。

 

その中でも、強烈だったのは満月のお話。

 

先日も、J氏に言われたばかりでした。

 

「ゆみちゃん、太陽の光、浴びているかい?」

「浴びてない」

「月の光は浴びてるかい?」

「浴びてない」

「こら!」

「だって空を見ている暇ないんだもの」

 

と、まぁ、反省することの多い毎日なわけですが・・

 

こんなわたしですが、数年前までは、

満月の日には施術に使用するオイルを月光浴させ、

月のエネルギーをオイルにチャージしていたんです。

 

誰から習ったわけでもないのですが、

月の光に話しかけていると、わたしの体の中に、

するするするする~っと何かが流れ込んできて、

手にしていたボトルの中にポトっと入ってくるのがわかった時があって、

 

お客様に、その事をわざわざ公表することはしませんでしたが、

月に一度の、わたしの密かなエネルギーチャージの儀式だったのです。

 

実は、わたしは覚えていないのですが、

中学生の頃のわたしは、夜になると窓をあけて、

ずーーーっと空を見ていたよって母が話してくれたことがありました。

月を見ていたのか、星を見ていたのか、わかりませんが。

 

また、何か緊急事態発生の時には、

「月の光を浴びなさい」というメッセージを頂くことが本当に多くて、

緊急事態と月の光は何の関係もないのですが、

満月のサイクルを大切にしていた時期もあったんです。

 

そのため、満月の日はセラピールームを定休日にしていたくらいでした。

 

ただ、満月の日の施術は、実はものすご~~~く体がほぐれます。

そのことに気付いてからというもの、

サービス精神旺盛なわたしのことですから、

満月の日を定休日にするなんてもったいないと感じ、

定休日は「毎週水曜日」というふうに固定させ、今に至ります。

 

そのうちに・・・

 

おかげさまで、今は日にちが過ぎるのが本当に速くて、

満月のことなんて忘れていました・・・!

 

きょうは、たまたま月のサイクルのお話になってね、

むかしの自分を思い出していたわけです。

 

今のわたしは、当時のようなことはもう出来ないかもしれませんが、

月の光が出ている時くらいは「お月見」を楽しもうと思いました。

 

ブラウザを開く時間よりも、空を見上げる時間を大切にする、

そういう生活がやはり豊かでいいですね。

 

f:id:vivayumiko:20140825004725j:plain

 

深呼吸。

 

骨盤。

 

今、チベット体操のお兄さんは、

骨盤と呼吸の繋がりをとても重要視した呼吸法に切り替えて

チベット体操講座を展開しています。

 

いつでも登山に行けるようにと、

一昨日から自主トレを再開したわたしは、

昨日から激しい筋肉痛に襲われています。

どこまで痛くなるのか、筋肉痛が楽しみな気持ちもありますが、

耐えられず、きょうはビセキでセルフケアしてからの夜カフェ参加でした。

(ビセキは筋肉痛があっという間に改善されます。)

 

スクワットや腹筋を100回するくらいなら、

チベット体操15分のほうがはるかに効率いいと感じてます。

 

チベット体操に興味ある方は、是非お問い合わせしてみてくださいね。

 

チベットクラブ

http://www.tibetclub.jp/ 

 

f:id:vivayumiko:20140825031101j:plain