セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

体の観察を続けて頂いてます。

「最初は、解毒がキツかった。

でも、毎月だんだんと体の調子が良くなっていくのがわかる!」

 

お客様からよく頂く言葉です。

 

「内臓の居場所が見つかった感じ。

ちゃんと正しい場所に内臓がある感じ。」

 

「今まで、骨と筋肉が同化したような体だった。

今は、骨は骨、筋肉は筋肉、ちゃんと動いてる。」

 

ありがとうございます。

 

わたしは、施術の合間に何度も問いかけています。

 

「今、どんな感じですか?」

 

どんな・・・?

 

どんなって言われても、言語化に困ることも多いかもしれませんが、

その瞬間、意識を体に向けてくれるので、

そのプロセスそのものを大事にしていますので、

どんな感じなのかうまく答えられなくても、それはそれでいいんです。

 

意識を向けるって、実はとても大事なんです。

 

お客様の日常は、サロンで過ごしている時よりも、

仕事場や家庭の中のほうが長い時間を過ごしています。

 

ですから、施術直後よりも、

お客様のふだんの日常に、どんなふうに響いているのか、

すぐに結果が出ても、その場で終わりにはしないで、

引き続き体の観察を続けて頂いているんです。

 

いつもと比べて、どんな変化が起きているのか。

 

いつもなら夕方になるとバテるのに、バテずに済んでいるとか、

固くて動きにくかったところが、いつのまにかスムーズに動いているなど、

ほんのちょっとしたことでも。

 

お客様が求める結果はひとつではないので。

最初は、痛くて辛い間は、

痛みが取れたらなんでもいいのよ!という気持ちでいっぱいです。

けれど、本当に痛みが改善された時は、なんでもいいではなくなってきて、

本当にやりたかったことや、本当に大切なことを、

次々と思い出すようになっていきます。

 

心からの本心で、自分自身を生きるようになっていきます。

 

結果を出しておしまいではなく、

大切なのは、そこから先。

 

気付くことで、体も喜ぶんです。

 

喜んでくれた体は、こちらの味方となって、

人生を一緒に味わうようになります。

 

自分自身を生きるようになるということは、

幸せに生きる覚悟でもあり、

今まで必要としていたものが不要となって手放すものも出てくるわけで、

それなりに、しっちゃかめっちゃかな現象も付随してくることもあるわけで。

 

そんな時に、軽やかさを取り戻した体は、

さくっとね、運んでくれるんです、次のステージへと。

 

弾力と柔らかさを取り戻せば取り戻すほど、これは本当に不思議ですが、

理屈ぬきで、物事のタイミングが良くなっていくんですよ。

 

このところ、激務が続いているわたしですが、

疲労回復をおろそかにして体が固まってしまう時は、

がむしゃらにやるよりも、

えーい!と、一旦放り出して、まずは体をほぐすことに徹してから

やるべき事に戻りますと、、、

いつのまにか時間が増えるという現象を何度も体験しています。

(時間が増えるお話については、ちゃんと改めて記事アップしますね。)

 

ですので、疲れている時は安心して休みます・・・♪

 

明日は東京に居ます。

携帯へ頂くご予約などの連絡メールは、合間をみて返信出来ますが、

お問い合わせフォームからのご連絡は

帰宅してから返信させて頂きますね。

 

f:id:vivayumiko:20140831020251j:plain

 

写真は、先日のお客様からの差し入れ、

博多の鈴懸さんのミニどら焼きです♪ごちそうさまでした(^^)