セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

わたしのツォルキンバースデーの日でした♪

きょうは、わたしのツォルキンバースデーの日でした♪

 

ツォルキン暦は、マヤ文明で使われていた暦の一部で、

260日を一周期としています。

1~13までの数字と、20の日数で組み合わさっている暦で、

最大公約数の260が終わると、また1に戻るサイクルになってます。

(他にも色々と暦がありますが、ここではツォルキンについてを。)

 

時間を、長さではなく意識のエネルギーとして定義していたマヤの人達は、

一日一日その日の「意味」があり、「エネルギー」があり、

それぞれのエネルギーを受けて人も宇宙も存在していると考えていたそうです。

 

その日に流れているエネルギーを読むだけではなく、

自分が持って生まれた性質なども納得いくことが多く、

たまたま偶然のようなシンクロも、

周期表で見ていくと、ツォルキンでは見事に数字で一致していく。

 

わたしは古代マヤ文明には全く興味がなかったのですが

今は亡きメムノシスJr氏より直接マヤについて学ぶご縁を頂いた事があり、

一緒に活動していた事がありました。

当時、わたしは岡山に住んでいて、メム氏は福岡に住んでいましたが、

メム氏からお話を聞かせて頂くたびに、

その膨大な研究内容に、いつも目からウロコで大発見の連続でした。

 

あれから何年も過ぎた今、、、

 

仕事上、世間一般のカレンダーを利用しているほうが都合良いこともあり、

ツォルキン暦に目を通すことは今は滅多にないのですが、

どういうわけか!自分のツォルキンバースデーが近くなると、

体感覚、肌感覚で、どうしても感じ取ってしまうんですよね~。

思い出すといったらいいのかな。

もしかしてそろそろ周期を一周してきたんじゃないか?と感じて、

調べてみるとやっぱり!

 

やはり、時間や月日というのは、心で「感じるもの」なのですネ。

 

ということで、お誕生日おめでとう、わたし。

 

f:id:vivayumiko:20140904000033j:plain

 

きょうは、仕事を終えたあと、

大切な友人と2人きりでカフェでゆっくり過ごしました。

 

いろ~んな事を、いっぱいいっぱい話し込みました。

 

ぼやけていた輪郭が少しずつ明確になっていくと、

今まで見えなかった道が、ふわっと静かに現れてくる。

 

いま、とても不思議な気持ちです。

大切な人であればあるほど、近くにいてほしい!と

今までのわたしなら思っていたかもしれません。

 

もちろん、今もそういう気持ちはあります。

 

あるけれど。

 

それはそれで自分の中に大切に感じておきながら、

相手の幸せを願う気持ちのほうがやっぱり勝ります。

 

たとえ近くじゃなくなっても、今は心から応援したい。

そういう気持ちのほうが強いんです。

 

これから進む道が、お互いにとって最高の道でありますように・・♪

 

f:id:vivayumiko:20140904000810j:plain