セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ストレスに弱いわたしの気温差対策(笑)

「今年は梅雨が長かったね~」

 

お客様との会話の中で、よく出てくる言葉です。

 

カンカン照りの夏日が3日くらいはあったような気がしますが、

それ以外は、全部梅雨のまま、秋に突入しちゃった感。

 

それでいて気温や湿度の高い日が続いていたので、

体内では、暑さで芯まで冷えましたという感じかなぁ。

 

暑さで冷えるという感覚は、

体質勉強会の生徒さんには理解して頂ける表現ですが、

水分補給をどんなに続けても改善されない乾きが続く時は、

実はちょっとしたコツが必要。

 

今年の夏は、体調管理が大変だった方が多いようで、

わたしも施術のご予約がありがたいことに激混み状態が続いていました。

 

でもセラピールームで定期メンテナンスを続けていた方は、

「今年が一番ラクです!」っておっしゃってくれてて、

それがわたしにも何よりも励みになっていました。

 

わたしは、ふだんからカレンダーで季節を判断しません。

札幌に住んでいた頃も、8月でも寒い日があれば、

遠慮なく暖房を入れていました。

 

つい先日まで、あれだけ暑かったのに~って世界から、

急に気温差15度の世界に変化すると、

自律神経が追いついていかないんですね。

じょじょに慣れていくので、最初は無理せず暖房を!と考える派です。

 

愛知県民になった今も、それは変わっていません(^^ゞ

寒い時には着込む!よりも先に、

温かいものを食べる!よりも先に、

まずは室内の空気を温めることを優先しています。

そのうちに、体が馴染んできますので、

それから暖房を止めて、着込む方にシフトしているんです。

 

馴染むまで待つ。

 

そのほうが、体も安心すると感じるからです。

 

ストレスに弱いわたしが元気なコツは、気温差も我慢しないことかな。

 

これは、実は施術の時にも貫いているスタイルでして、

コリを見つけても、すぐにほぐしたりはしません。

コリがほぐれていきやすいようにアプローチしておき、まずは待つ、その後、

ほぐれる準備が体の中で始まったら、一気に加速させてゆきます。

そうすることで、解毒の負担が最小限で済むからです。

 

この瞬間の見極めさえ出来たら、施術の技術はそれほど必要ありません。

次回からの足モミ講座のカリキュラムに組み込みたいと思ってますが、

どのように言語化したら伝わるものなのか、四苦八苦中でもあります(^_^;)

 

とにかく、季節の変わり目は、体に優しく過ごしていきましょう。

それだけで、仕事も日常も楽しみながら集中出来るはず!

 

f:id:vivayumiko:20140914235807j:plain

 

きょうは、遠方から友人が来てくれました。

なかなかお互いの時間が合わないのですが、

きょうはゆっくりとお話出来て、幸せな時間でした。

 

気付けば、わたしも43才になっていて、

友人も同じように年数を重ねているわけで、、

 

このところ、周囲で増えている離婚や再婚のことも話題になり、

体の変化(閉経が近づいてくると体も一気に変化していきますし)や、

子どもの手が離れるようになっても、今度は親の介護問題など、

仕事もそう、取り巻く状況はどんどん変化しています。

 

そんな中でも、わたしの尊敬する友人はやっぱりたくましい!

どんなに状況が変化しても、「自分を生きる」を諦めない人なの。

 

何があっても、「じゃ自分はどうするか」の位置に戻ってくる。

 

10年後を考えた時、わたしも今の立場で居るのかどうか、

わたしにもわかりません。

10年前は岡山県民だったんですから、人生何があるかわからない。

 

大切なのは、その時その時を、

しっかり生ききることかなって思ってます。

迷うことがあっても、本心からの声に忠実になって歩んでいる時は、

必ず道は続いてきたから。

 

本心からの声。

 

ところで本心って、体のどこにあるのでしょうね?

 

わたしは、お腹を施術する時、恥骨の位置もさりげに確認しています。

形と、固さと、弾力をチェックしています。

硬直してくると下がってきて、そのまま萎縮してしまうこともあるので。

そうなると、もろに、顔に出るんです。

 

精神的なストレスが原因で、お腹が硬くなってしまうことで

恥骨の位置がずれることもあります。

 

恥骨を調整していると、呼吸がグンと深まってきます。

肺との関連がとても大きい場所なんです。

 

足の反射療法をしていると、水虫のある方がたまにいらっしゃいますが、

やはり肺の急所に水虫が出ている方が多いんです。

湿疹も同じく。

 

その場合も、やはり足の反射療法と一緒に、お腹の施術を行い、

恥骨周辺をほぐせるように整えてゆきます。

すると、いつのまにか皮膚呼吸が活発になってゆき、

顔にもツヤが出てきます。

 

友人と濃い会話が続きながらの施術は、あっという間に夜になり・・

 

いつもありがとう。

 

また会える時を楽しみにしています!