セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

わたしにとって筋肉に優しい食べ方とは。

わたしは多忙な日が続くと、糖質制限生活を送るようにしています。

 

理由はシンプルです。

ご飯もパンも麺類もとても美味しいのですが、

それらすべてを抜いている時のほうが

自分の体の可動域が断然広がるのを感じるからです。

 

ふだんはスィーツ類も食べません。スィーツは味覚的に苦手なので。

 

同時並行処理で脳みそを使いたい時や、

アイドリングなしで次々施術に入らなければいけない時ほど、

筋肉に血液が巡っているかどうかがわたしの健康管理において重要なため、

「少量で控える」よりも「何を食べるか」のほうが大切なんです。

 

筋肉全体にふわっと血液が巡るような感覚といったらいいかな。

この感覚が乱れるような食べ方をしないだけでも、

ハードスケジュールを乗り越えることが出来ます。

 

 

先日訪れた伊勢神宮では、久しぶりに伊勢うどんを食べました。

実は、伊勢うどんはわたしの苦手な食べ物でもあります(^^ゞ

(うどんが苦手なのではなくタレが苦手。体で代謝出来ない甘さで。。)

 

でもせっかく伊勢に来たし~ということもあり、

気分だけでも味わいたくて楽しく食べました。

 

うどんを食べたのも久しぶりだったんですが、

食べてみて思いました。

 

「美味しい!!!!!!!!!!!!」

 

たぶん、完食するまで5分もかかっていません。

小さなお椀一杯でしたし、おかわりしようと思ったくらい(笑)

 

 

でも・・・その後のわたしの中枢神経は、確実に暴走を始めました(笑)

 

 

「なんか食べたりないなぁ。。。」

「おかげ横町に着いたら、コロッケを食べよう。」

 

(時間制限の中、せっかく行った伊勢です。時間が足りないよ。

おかげ横町で摘み食いなんかしていたら、内宮の参拝はどうするの?)

 

「参拝よりも、お腹の生理的欲求を満たすことのほうが

健全に生きるために大事なことじゃないですか。それこそ神事ですよ。」

 

なんて、メチャクチャな理由を述べつつ、 

いつものわたしらしくない体の感覚を味わいながら・・・

 

内宮前に到着するなり、

真っ先にわたしが駆け込んだのはコロッケ屋さん。

これも完食するまで、1分以内だったかと思います(笑)

 

 

やはり、糖質制限スケジュールの中で、

突然に舞い降りてきた伊勢うどんのご褒美が引き金となったかも。

 

 

ご飯や、パン、果物や麺類などの炭水化物は、

血糖値を猛スピードで上げてくれる食品です。

これらを控えていた時期に、わたしが食べていたものは、

肉類や魚介類、卵などのタンパク質をメインに、時々野菜を。

油の多い食品ですと、血糖値の上がりが遅いんですね。

 

 

何もなければ、わたしは好きなものをなんでも食べます。

血糖値が急激に上がるものを食べた時の脳みその満足感は

思いっきり快感で、気分も幸せです。

 

でも、急激な血糖値の上昇は、後に急激な急降下を招くことになり、

体があとから辛くなることが多いんです。

ここで言うわたしの辛さとは、寝込むような具合悪さではなく、

他にも何か食べたくなってしまう衝動との戦いのことを言います。

 

その勢いで、食べ物を見つめてしまうと、

お腹が空いていなくても、目が欲しくなり、

お腹が空いていなくても、別腹というものがめきめきと頭角を現し、

ついうっかり手が出てしまうんです。

 

施術中、この感覚に襲われると、わたしのセンサーを邪魔しますから、

血糖値の上がり方を緩やかにする食べ方が、

ハードスケジュールを乗り越えていくコツの中のひとつでもありました。

 

また、単純に、糖質を控えることは、

わたしの日常レベルでの運動量的にも筋肉に優しい食べ方でした。

 

登山の時には、激しくエネルギー消費をしますから、

おにぎりや味の濃いものが必須になりますが、

わたしの日常では、そこまでのエネルギー消費はほとんどありません。

 

一日3食、一日30品なんて誰が決めたのかわかりませんが、

自分の現在に合ったものを食べることは、

わたしには一番簡単な健康管理でもあります。

 

 

それが前向きに崩壊していった伊勢うどん事件・・・(笑)

 

なんだか落ち着かなく、伊勢の帰りにまっすぐ帰宅出来ずに、

ジャンクフード売り場でフライドポテトのLサイズを購入したのは

ここだけの秘密です(笑)

 

そんなでしたから、2~3日、体の感覚がいつもと違いました。

 

 

血糖値だけは、量は関係ないんですよね。

控えめに少量だけにしようと、沢山食べ過ぎようと、

血糖値の上昇には関係なく、どんな量でも上昇します。

 

その後の一気に急降下のタイミングの時が、

ぐわーーーーっと乱れる瞬間です。

 

久しぶりに味わいました(^^)

 

楽しかったです。

 

今も、その後の余波を受けつつありまして、、、

なぜかパンが美味しくて、ご飯もとっても美味しく感じます。

少量でも血液には関係のないこと。吸収すれば変わりなく上がる。

上がっていく時の幸せ感は、ほんのひとときで、

急降下の時のドッカーンな状態は、わたしの体力では耐えられませんわ。

 

気を付けないとねぇ。

 

今年もあと残りわずか。

この時期になると毎度ありがとうございますのことですが、

12月の施術のご予約が、ぼちぼち入り始めています。

(11月はまだ余裕あります。)

しっかりと健康管理をして、元気に締めくくっていきたいと思います♪

 

f:id:vivayumiko:20140924125926j:plain