読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

毛のあるところから、排毒する。

ビセキ化粧品

ボディや顔にビセキクリームを使ってお手入れしていると、

髪の毛がベタっとしてくる事があります。

 

これ、髪の毛にクリームがついているのではなく、

毛のあるところから排毒しているんです。

 

体毛と内臓は、実はとっても深い関係があると教えて頂いた事があります。

 

その関係性については、

わたしもまだまだ研究しなければいけない部分ですが、

自分の体験で、わかっている範囲でお伝えしていくと、

「毛のあるところから排毒する」、

これはわたし自身、日々体感していることでもあります。

 

たまに、汚染されているような場所で長い時間を過ごしていると、

ふと気付くと眉毛が一本だけビヨーンと伸びていたり、

(どこから現れた!?っていう伸び方をしてきます。)

髪の毛が伸びるのも異常に早くなる時期があったりね。

 

アトピーのお客様も、症状が悪化していた頃は体毛が濃かった、

炎症が良くなるにつれて、自然と薄毛になっていった体験談を

話してくださったことがありました。

 

毛と内臓(体調)の関係性は、

ものすごく奥が深いのではと感じています。

 

毛のあるところから排毒するのなら、

毛を亡くしたところは、どうなるのだ・・・?

 

いま、ほとんどの女性が全身脱毛をされています。

わたしも脱毛の施術は何度か受けていますが、

全身まるごとではなく、産毛程度には残しておきながらの脱毛をしています。

 

やっぱり、毛と内臓の関連が気になるからなんです。

 

皮膚は排泄の最大臓器であり、その一部でもある毛。

無意味なムダ毛って本当は存在しなくて、

むしろ、毛の状態で体調に気付いていくことも楽しいんじゃないかな。

 

一番毛深い部位はどこか。

その部位と関連している臓器は何か。

その臓器に負担かかっているようなことを避けていると、

毛はどのように変化するか。

 

脱毛していない方は、ちょっと観察してみてほしいです♪

わたしはやはりお腹が弱いので、気を付けなくては♪

 

f:id:vivayumiko:20140926212622j:plain

 

きょうは、お客様とビセキクリームで遊びました。

 

この写真は、わたしのお気に入りレシピでして、

BISEKIのほぐれしあクリームとフロークリームを混ぜたものを

自分用に、ひとつの容器に入れている時の写真です。

 

ちょっとしたサジ加減で、解毒の時の負担が随分変わるので、

日々、小さな研究を積み重ねております。

 

「動きやすさは広がったか」

「温かさは得られているか」

「肌のツヤに変化はあるか」

「神経が暴走していないか」

「目の潤いに変化はあるか」

「翌日の寝起きはどうか」

 

いろいろと観察していくと、

朝にクリームを使ったほうが調子いい人もいますし、

夜にクリームを使ったほうが調子いい人もいます。

 

「どっちが良いの?」ではなく、

「自分にはどっちが良い?」という自分観察が大事です(^^)

 

きょうは、これからわたしは毛染めをしますので、

お気に入りの混ぜ混ぜレシピを、事前にボディに使用しました。

いま、髪の毛がベタっとしてきたところです。

残りの老廃物は、ヘナで一気に出し切りたいですネ(^^)