読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

皇居勤労奉仕から帰ってきました!

皇居勤労奉仕

4日間の皇居での奉仕活動を終えて、無事に帰宅しました。

なかなか言葉にできない感動に包まれていますが、

一日一日はあっという間に過ぎちゃうから、、、

頑張ってまとめたいと思います(^^)

 

f:id:vivayumiko:20141004005338j:plain

 

皇居勤労奉仕の歴史は古く、

昭和20年に空襲で焼けてしまった宮殿の焼け跡を綺麗にするために

宮城県の志ある方達が勤労奉仕を申し出た事が始まりだったそうです。

 

現在は、平日4日間を連続して、

皇居と赤坂御用地で除草と掃除と庭園作業を行います。

 

1チーム15名以上からの団体による参加がルールになっていて、

わたしは縁あって金田団長の「美しい皇居を守る会」のメンバーとして

昨年と今年と2年連続で参加させて頂けることになりました。

 

 

毎朝、7時15分に集合場所に集まり点呼を行い、

入門の際には必ずひとりひとり本人確認があります。(桔梗門にて。)

ひとりでも遅刻した場合、または身分証明を忘れてきた場合、

チーム全員、中に入ることが出来ません。

 

日常では、携帯でいつでも連絡が取れる時代ですし、

急に仕事が入ったとか、ちょっと用事が出来たとかで、

「すみません、5分遅れます~」なんてこともめずらしくありませんが、

皇居勤労奉仕においては、いかなる理由であっても、

「時間を守れない人はお断り」なんですね。

でも普通に考えたら、約束した時間を守ることは普通のことです。

 

中に入ると、奉仕メンバー全員の名札が配られます。

奉仕活動中はそれを左胸に付けるんですが、

すべて一つ残らず、夕方にはすべて返却します。

1個でも足りない!どこ行った!なんてことがあったら、それは大変なこと。

ふだんのわたしたちの生活の中では、

誰から借りたのかわからないボールペンがバッグに入ってましたとか、

本を誰に貸したかわからなくなってしまうなんてこともめずらしくないですが、

普通に考えたら、借りたものを返すのは当たり前のことです。

 

雨が降るかもしれないなぁと思ったら、

事前に雨具を自分で持ち歩いて作業に出かけるわけですが、

日焼け対策も、雨対策も、登山の準備の時と全く同じで、

負担を少しでも軽くするためには、余計なものは持ちません。

その都度、必要なものを必要な分だけを各自準備して出かけます。

 

こういう当たり前のことを徹底して教育し直しして頂いたような4日間。

時間をきっちり守る、借りたものは数を揃えて一つ残らずお返しする、

例えクリップひとつでも、借りたものがどこかいっちゃったら、

「失くしました」ではなく、徹底して探し、きちんと返却をする。

 

・・・当たり前のことだらけです。

いかに自分のふだんの生活がムダに贅沢に包まれているのかを実感します。

なくなったら買えばいいや~ではなく、物を大切にする心を鍛えられます。

 

そのため、皇居勤労奉仕に参加するのなら、

約束を守れる人かどうかはとても重要なこと。

そういう場に声かけて頂いただけでもありがたいことですし、

総勢34名がスムーズに過ごせるように、

段取り手配をしてくださった金田団長には感謝の気持ちでいっぱいです。

 

f:id:vivayumiko:20141004201642j:plain

 

朝の集合にちゃんと間に合うように、

朝の弱いわたしは、昨年も今年も、

皇居まで歩いて行ける距離のホテルに滞在していました。

4日間の宿泊代、愛知から東京までの往復の交通費、

平日の4日間を勤労奉仕のために時間を作るということも含めると、

ある程度のまとまったお金も必要です。

 

それでも参加する価値がある!と感じているのは、

それだけのことが出来る人達が集まるからという理由もありますが、

それ以上に、言葉にできない想いがいっぱいあります。

 

皇居という場所で清掃作業を行う。

とはいっても、勤労奉仕とは実は名目で、

実際には陛下から国民へのおもてなしのようなものだと思いました。

わたしたちが皇居にお邪魔して、掃除という仕事を、

わざわざ用意して頂いてるように感じたくらい。そういう「仕組み」をね。

 

f:id:vivayumiko:20141004210239j:plain

 

4日間、皇居の中をゆっくりと歩きながら、

お掃除をしたり、洗い物をしたり、土運びをしたり、

陛下が直接刈り取られたものを脱穀する作業をみんなで楽しんだり・・

そして、蚊との戦い!(笑)

 

わたしは虫刺され対策にスプレーとラベンダー精油を持参しましたが、

実際に刺された後は、やっぱりラベンダー精油に限ります。

原液でポトっと患部に塗布する。これだけで一瞬で痒みが治まります。

メンバーの皆様のお役に立てて良かったです(^-^)

 

とにかく楽しかった!!

 

しかし、勤労奉仕中の撮影は一切禁止されていますので

ここにご紹介出来る写真はないんです。

 

というわけで、4日間のご奉仕を終えて、

駐車場で撮った集合写真がこちらです。

小さくてわかりにくいけど、みんな素敵なスマイルです!

(約一名様のみ、背後中央にて変顔でございますが。)

 

f:id:vivayumiko:20141004005453j:plain

 

皇居以外の写真は、決起集会や直会など数えてみたら100枚以上あり、

それらはアルバムにしてFBにチームメンバー限定で公開しております。

 

本当はひとりひとりをここでご紹介したいくらい、

素晴らしい出会いが続いていましたが、書ききれません。

 

でも、この方だけはどうしても!

ここにきちんとご紹介させてください。

 

美しい皇居を守る会の団長、金田宗博さんです。

 

f:id:vivayumiko:20141004011132j:plain

 

経営者のサポートを行う経営コンサルタントでもあり、

司法書士としても、とんでもない激務の日々を送っている身でありながら、

メンバー全員が気持ちよく過ごせるように全力で関わってくださいました。

本当にありがとうございます。

 

「金田さんが団長やるなら、また次も参加したい!」

という声が本当に多かったです。わたしも同じ気持ちです。

 

金田団長とわたしが知り合ったのは、数年前の東京にて。

わたしなんかが参加するのは場違いなんじゃないか?と思える会場の中で、

肩書き関係なく、対等に接してくれた素敵な方でした。

 

それ以来、金田団長には普段からアドバイスを頂くなど

毎度お世話になりながら今に至ります。

 

今回の勤労奉仕活動も、4列に並んでの移動時以外は、

わたしはずっと金田団長の隣に居たのですが、

団長の仕事ってこんなに多いの!?と驚きと学びの連続でした。

少しでも団長の負担を軽くしたいと思いましたし、わたしも、

少しでもチームの皆さんのお役に立てるよう動きたい!と心から感じ、

その緊張感が今は喜びに変わり、次に繋げていきたい気持ちでいっぱいです。

 

本当に素晴らしい4日間でした。

貴重な機会を頂いて、本当にありがとうございました!!!