セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

2年前の光との再会。竜頭山にて。

f:id:vivayumiko:20141022205512j:plain

 

久しぶりに、大好きな竜頭山(浜松市天竜区)に行ってきました。

ちょっとしたことでも体は大きく変化しているんだなぁと実感。

 

f:id:vivayumiko:20141022205657j:plain

 

チベット体操の講師でもある松下お兄さんにも言われました。

 

お兄さん「前は急勾配でバテてた感じがあったけど、

きょうは平気な感じだね。」

 

わたし「そうなんです。体が軽いんです。」

 

実は・・・♪

 

夏の終わり頃から、糖質を控える生活を続けていました。

そのかわり、タンパク質はいつもより多めに意識して摂取してました。

大豆ではなく、お肉をメインに食べていました。

 

大豆の摂取は、わたしには冷えを感じることが多いので、

お肉のほうが体が温まる感じが心地良かった。

 

糖質制限も、毎日きっちり続けていたのではなく、

ゆるやかに続けていました。

そのかわり、炭水化物とタンパク質を同時に摂らないようにしてました。

 

消化酵素をムダに使わないだけで、体の疲労感が全然違う。

 

それから一日数分のプチトレーニングを。

 

f:id:vivayumiko:20141022205753j:plain

 

糖質制限を始めたのは、お客様への施術がキッカケです。

施術ルームに訪れてくださる方の中には様々な症状を抱えている方が多く、

医師から糖質を制限するように宣告されている方もいらっしゃいます。

 

その方達の気持ちに寄り添える自分で在りたいと思ったのと、

実際に糖質制限を始めると、どのような不快感や良いことがあるのか、

自分でも味わう必要があると感じたからでした。

 

やってみて思いましたが、糖質制限生活とってもいいですよ!

現代人、炭水化物ちょっと摂りすぎてませんか?って思うくらい。

 

今のわたしは、

何してもほぐれにくかった部位のコリがほぐれやすくなっていて、

不規則な生活が続いているわりには、体の可動域も維持出来ています。

お金も時間もかかりません。

 

たまにパンを食べると・・・顔が硬くなるのわかりますし(・-・)

 

f:id:vivayumiko:20141022205838j:plain

 

さて、竜頭山には、途中まで車で移動します。

途中から歩いて山頂まで向かいます。

 

だんだんと気圧が変化してくるときのモワーンとした頭を感じながらも、

体の動きはスムーズでした。

 

竜頭山には何度か訪れていますが、

山頂まであともう少しというところに来ると、

いつもなら動物の気配を感じるのですが、、、

 

ですので「お邪魔しますm(__)m」という気持ちで、

足を踏み入れていく領域があるんです。そこだけ空気が違うので。

 

きょうは雨だったせいか、イノシシさんの形跡もなく、

クマ注意の看板もなくて、虫もいなくて、登山者も誰もいませんでした。

 

いつもの「お邪魔しますm(__)m」をすっかり忘れていて、

そのまま山全体に馴染んだまま歩みを進め、山頂に着きました。

 

f:id:vivayumiko:20141022205927j:plain

 

ここは大好きな場所。

 

2年前、ここの空の光から受け取ったインスピレーションは

今でも忘れずに心に残っています。

 

「2年間、しっかり働きなさい。」

 

あの時から、わたしは空を見ることが少なくなり、

目の前の日常や仕事に集中し続けてきたのでした。

 

昨年も同じ場所に来ましたが、その時は何も受け取れませんでした。

 

そして今日。

2年間しっかり働きなさいと受け取った2年が過ぎた今。

 

あの時の光と再会することが出来ました。

こんなに曇ってて、町の中は大雨だったというのに。

 

ほんの数秒、何度かにわけての再会だったので、

カメラに収めることは出来ませんでしたが、

あの時の光と再会できただけでわたしは十分でした。

 

小さなモヤモヤはすべて吹っ飛び、

素直に生きていこう、

たとえ常識と違っていても自分の本心には誠実にいよう、

穏やかな気持ちに包まれていきました。

 

f:id:vivayumiko:20141022210030j:plain

 

朝早くから出発したけど、山頂に到着した時はすでにお昼。

山は、お昼を過ぎると体のほうは夕方の感覚になりますので、

体内時計と実際の時計に「時差」を感じやすいんですよね。

熱いお湯を沸かして、コーヒータイムをして帰ってきました。

 

f:id:vivayumiko:20141022210119j:plain

 

ほんの少しの時間のために、

移動時間をかけてでも、ここには来る価値ありです。

 

f:id:vivayumiko:20141022210220j:plain

 

竜頭山。わたしには大切なパワースポットになっています。

今度は冬山にもチャレンジしてみたいなぁ・・♪

 

明日も良い一日にします♪