セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

自分の体に何が必要で何が不要なのか、自分で知っていくために。

f:id:vivayumiko:20141119135541j:plain

 

施術にアロマオイルを使用される方の場合、

わたしは必ず、精油はお客様に選んで頂くようにしています。

(理由があってそうしています^^)

 

全種類の中から、ただ選んでくださいではなく、

お客様の本日の体調や気分をお聞きして、

いくつかをこちらでセレクトさせて頂いて、その中から選んで頂いています。

 

香りの選び方は様々ですが、

足湯の時に短時間だけの使用にするのか、

全身2時間の施術の中で使用するのかによって、

選び方のヒントを少しだけお伝えしています。

 

例えば、女性のお客様に人気のローズオットーは、

「わぁ♪いい香り~~~♪」と、みんなが喜びますが、

これを2時間ずっと嗅ぎ続けていけるか、

2時間ずっと体へ吸収し続けていけるかを考えると、

選ぶものは、もう少しだけ感動テンションを下げたものに落ち着きます。

 

また、体の血流が良い時と、そうじゃない時では、

同じ香りを嗅いでも、感じ方がまったく違ってくるんですね。

 

施術前に選んだ精油を、

施術後にもう一度嗅いで頂くと「えっ?!」って顔される方も多いです^^

 

精油の過剰摂取については、以前こちらの記事で書かせて頂いてますが

ボディに直接使う精油を選ぶ時は、

出来るだけ「香りとして違和感の少ないもの」を選んで頂くようにしています。

 

そう、香ってるか香ってないのかわからないくらいの。

 

ハッキリとした香りは、気分転換になりますし、

短い時間で芳香させる程度だったらちょうどいいと思います。

でも、ボディに使う場合は、長時間使用になります。

 

だから、ボディのために選ぶ時は、

良い香りよりも、嫌な香りよりも、

突き抜けて感動した香りよりも、

「自分と同化していて、あまり香りが感じにくいくらいのもの」が、

実はちょうど良かったりします。

 

速効反応を求められてる今の時代に、

わたしが提案していることは地味なことばっかりかもしれません。

 

ただ、本当に体に負担のない形で体内の排毒や解毒を行うためには、

即効性だけで語れないものがあります。

解毒するということは、それだけ内臓を働かせ、体力を使います。

そこに化粧品や精油を使用する場合、

それが自分の体に合っていない場合は、

解毒のために吸収したものなのに、それらを代謝分解するために、

またわざわざ大きな体力を消耗してしまいます。

 

施術後、体が怠くて怠くて・・・と、おっしゃる場合、

一般的には「好転反応ですよ~」の一言で片付けられてしまうことも多いです。

もちろん、そういうこともあるでしょう。でも、

施術の時に何を使用したのか?と振り返ることも本当はとっても大事なこと。

 

自分の体と同化しにくいものを使用した場合、

好転反応とは言えない、むしろ、

「それ使うのは辞めたほうが良くない?」と言ったほうがいいくらいの事が

実際にはあるからです。

 

実際に、うちの施術ルームでも多いんですが、

浮腫がひどくて大変なお客様に、ふだん何を摂取しているのかを聞いてみると、

健康のために良かれと思って、あれもこれもと取り入れていまして、、

サプリも欠かさず飲んでらっしゃったので、

 

いま摂取しているものを全部いったん辞めてみて、

その後、体がどんなふうに変化するのかを感じてみて?とお伝えしたところ、

すべてのサプリを辞めたとたんに浮腫が綺麗に改善してしまった方もいました。

 

お客様にしてみたら、ビックリだったようです。

「良いものと聞いていたのに、良くなかったんでしょうか?」って

聞かれたこともあります。

そうではなくて、その方の体にはそれほど必要ないものだったのでしょう。

 

わたしもかつて、水には相当なこだわりがあり、

良い水を求めて何百万とお金をかけてきた経緯があります。

そして今、水道水に落ち着いてしまってます(カルキは抜きます)。

この事については、また改めて記事アップしますね。

 

これ、食べ物や着るものにも同じことが言えると思うんです。

すこーんと突き抜けて元気になった!という状態ではなく、

身につけてるのを忘れるくらいの心地良さ。

食べても満腹が負担にならず、胃もたれしない軽さ。

体って本当は静かなんです。体は空だ、からっぽ的なね。

 

「特に何も感じないということを感じている」という部分も、

体をサポートする時にとっても大事な感覚でもあります。

 

味覚とか、脳ミソ的に、テンションが上がるものよりも、

「体が静かに落ち着くもの」を選ぶ時には特に大事な感覚になります。

 

お肉を食べれないという方も、

お肉を料理する時に使用する調味料を変えただけで、

お肉が食べれるようになったケースも多いです。

 

血糖値を気にされるお客様の中でもそうなんですが、

血糖値だけに合わせていると白米よりは玄米のほうが、、となるわけですが、

消化器系に対する負担から見ていくと、玄米も白米も辞めていたほうが、、

という事も実際には多いんです。

 

体に合わせて身の回りのものを観察してみると、

何をすれば良いのではなく、

どのように選んでいくと自分に合うものがわかるようになるのか、

自分の体をよく知っていく必要があります。

 

じゃ、どうやって自分の体を知っていったらいいの?ってことですが、

 

f:id:vivayumiko:20141119135645j:plain

 

そのために、不定期に開催している、

「体質を理解するカラダ講座」では、

そのへんのことも含めて、楽しく指導させて頂いています。

 

わたしは、一部の方から、

「見ただけでその人の悪いところが全部わかる人」と言われていますが、

断じて申し上げますが、そういう変な人ではありません。

 

どのように体を観ていくのか、

その観察方法もすべて皆さんにお伝えしています。

 

施術にお越し頂くときよりも、

日常で過ごされている時のほうがずっと長いわけですから、

月イチの施術をより効果的にして頂くためにも、

この講座は、毎回すぐに定員になってしまう人気講座でもあります。

 

余計なことは何もしないほうが体はラクですからね^^

 

年末が近くなり、ドタバタしていますが、

体質を理解するカラダ講座の参加希望の声をまた頂いていますので、

年が明けたら開催していきます。

 

ご興味ある方は、ご連絡くださいね。

詳細が決まりましたら、ご案内させて頂きます^^