セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

足とボディの繋がりを楽しんで頂きました!

先日、名古屋にて某コミュニティのメンバー様に

わたしが普段やっているコリほぐし術の体験をして頂きました。

 

このコミュニティでは、メンバー全員で交代で講師をしながら、

「何を話してもいい」ということになっています。

自分の持ってるリソースを惜しみなく伝えていくのでもいいし、

ちょっとしたワークを展開してもいいし、

自分も周囲も潤うことなら、特に制限はないのデス。

 

そのかわり無料ではありません。

各自、会費を振り込みながら運営しているコミュニティですので、

伝えるからには実りのあることをお伝えしなくてはね。

 

日頃、施術ルームにいらっしゃるお客様に向けてお話する時は、

最初からわたしを必要として来てくださる前提がありますが、

ここでは今回、わたしの番が回ってきたものの、

一体何を話そう?と思ったんです。

 

わたしの持ってるもので、メンバーの皆様のお役に立つこととは。

 

メンバーは、今のところわたし以外は全員男性ですし、

女性限定ワークでやってる事も的外れな気がして。

 

とにかく最初の3分間が勝負。

まずは一気に盛り上がっていただくためにも、

不調な部分をその場で改善する施術パフォーマンスをしよう、

わたしのお話はそれからでもいいと思って、事前に準備して出かけました。

 

ところが、スタート時点で予想外の事態が発生し、

最初っから最後までアドリブ全開の展開となってしまいました!

わたしにはこういうの、大試練・・・!

 

でも、不思議ですね。

一度、講師役として登壇してしまうと「場」の力に支えられてしまいます。

この「場」を楽しんで頂けることだけに一心集中し、

皆さんのおかげで、爆笑の嵐に包まれて締めくくることが出来ました。

 

それにしても施術後の反応の違いは、毎回おもしろいです。

女性に施術をする時は、

例えば、正座できなかった人が正座出来るようになると、

体が自由になると、こんなことも出来る、あんなことも出来るって、

次々と日常の計画が動き出していきます。本当に早いですよ。

わたしも一緒に喜んでしまいます。ひゃっほーな勢いなんですよ。

 

それに対して、男性の反応はちょっと違うんです。

「なぜ正座出来るようになったのか説明してくれ」と問われます。。(笑)

 

せ、説明。。。

 

これ、わたしも逆の立場でよく経験するんですけど、

施術を終えて体がラクになるととにかく嬉しいですから、

嬉しくて喜んでいる時には、一緒に喜んで頂けるともっと嬉しいのに、

男性から施術を受けると、一緒に喜んで頂くよりも、

なぜラクになったのかを淡々と説明されることのほうが多く、

感動が盛り下がることがあります。。。(笑)

 

男性と女性の脳の違いなんでしょうか(^^ゞ

 

今は、わたしの活動内容のメインは個人セッション三昧になっていたので、

久しぶりに短い時間でしたが講師として立たせて頂いて・・・

 

あー、もっと伝えたいこといっぱいあるなぁ・・・・!

 

と、むくむくと静かな情熱が引き出されてきました。

 

この気持ちは、コンサルの金田先生のご指導のもと、

先日から組み立てている来年の予定を動かしていくにあたって

とても大きな支えになるものなので、感謝でいっぱいです。

 

 

さて、足モミについてですが・・・♪

足は、わたしの中では基本中の基本になっているせいか、

あえて、足に特化して何かを語ることは今までしてきませんでした。

あまりにもわたしの中では自然すぎて、

わざわざアピールする発想もなかった。

 

でも、足にちょっとアプローチするだけで、

面白いことはいっぱいあります。

 

前屈して確認して頂きましたが、ビフォアフターが全然違う、

腰がものすごーく柔らかくなるのも、実は手足から可能なのです。

腰、一切、触れていません。

(腰に触れて施術するやり方ももちろんあります。)

 

手足は、心臓から一番遠いです。

ここが詰まってしまうとね、血液が行き渡らなくなる。結果、冷える。

すると心臓は血液を動かすために、

ヨーイショ!って頑張らなきゃいけなくなる。

 

ところが、手足がほぐれている時は違います。

心臓が頑張らなくても、全身に血液を巡らすことが出来るようになるので、

体の疲労感も少なくなっていきます。

 

余計な手出しをしなくても、

痛いところがいつのまにかラクになっているのは、

血流が巡った筋肉のおかげであり、自律神経のおかげであり、

体には面白い繋がりがいっぱいあります。

 

わたしにとって自然すぎることも、もう少し「見える化」して、

わかりやすくお伝え出来るようになりたいとも思いました。

 

忙しい方にこそ大切なボディケア、

これからも楽しんで頂けるよう、わたしも集中していきます☆

 

いつもありがとうございます。

 

f:id:vivayumiko:20141122135133j:plain