読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

余計なことはしないという技術。

足の反射療法

f:id:vivayumiko:20150119215018j:plain

今年も始まりました、足の反射療法集中講座。
年々思いますが、毎年、生徒さんのレベルが上がっているように思います。

今回の生徒さんは、
いずれ事業として足モミを導入されていく予定の方。
お忍びで遠方からひっそりと通って頂くことになりました。

今まで積み重ねてきたことが、
新しい形となって、新しい命を得て、新しい場に運ばれてゆく。

同じように教えても、
講座が終了する頃には、それぞれの持ち味の生きた施術に変わります。
それで良いとわたしも思っています。

手の形はみんな違うし、
体を観る力も、感じ方も、みんな違う。
その時の、その人に合った、最高のベストな状態を発揮出来るように。

基本的なことは変わらなくても、
形はやっぱりその人なりの形に仕上がってゆく。

足の反射療法講座といっても、
初日は、足に触る時間はほとんどありません。

技法をひとつひとつ学ぶよりも、もっと最短に、
全身に何が起きているのかを見つけることの出来る考え方と、
余計なことはしないという技術の使い方を先にお伝えしています。

余計なことはしないということは、何もしないということではなく、
余計なことはしないという技術を使うんです。

これによって、一度も出会ったことのない症例を持ってる方と出会っても、
「今までやったことのないケースだから無理」ではなく、
「今までやってきたことの中にヒントが必ずある」となってゆき、
体の状態から何からどうすれば良いかを得ることが可能になるんです。

来週から始まる2日目の講座で詳しく触れますが、
体に起きていることを受け取っていくリーディングも、
「余計なことはしない」が出来て初めて可能になります。

そしてそれが鍛えられていくのは、
講座の中だけではなく、足モミに限ったことではなく、
日常のすべてが相手です。

教える側として、伝えることの難しさを毎回実感していますが、
やはり、伝えることが出来て、
そこで初めてプロといえるのかな?とも思います。

わたしの周囲の経営者の友人達から、
いつも言われている言葉があります。

それは、

「どんなに言葉にすることが難しいことでも、言語化しろ!」
「言語化できなければ良い仕事は出来ないよ。」
「自分にしか出来ない技術を、自分だけで持っていて満足するな。」
「次の世代にも伝え、その世代にも生かされることが大事なんだよ。」
「再現性が出来ているかどうかは、教えた相手が結果を出せた時。」

などなど。

人間ですから、、、そうですよね、言語化は大切です。
自分だけで盛り上がり、自分だけで終わってしまったらただの自己満足。
小さな規模の小さな施術ルームであっても、仕事は仕事。
仕事として展開していくということは、
継続していくことが出来る、その仕組みを作っていくことが大切。
人にもわかりやすく伝えていく方法を持っていることも、
とても大切なこと。

今わたしがこうして活動させて頂けてるのも、
いつもドンピシャなタイミングで、
必要な方や必要なアドバイスと出会ってきたからだと思ってます。

これを引き寄せの力というなら、引き寄せの磁石はボディの中にあります。
おそらく仙骨の中に。
わたしたちの体に指令を送り込んでくる脳幹も、
仙骨の動きと深い関わりがあります。

脳幹にエネルギーを送り込む時の技法は、
ものすごくシンプルですが、わたしの一番のお気に入りの施術です。
直感が鈍っている時や、なかなかテンションが上がらない時にも、
その施術はかなりスイッチが活発になりますのでオススメです。

きょうは、ありがとうございました。

本日は、お忍びで通われてる方とのマンツーマン指導でしたので
写真は一枚もありません(^^ゞ
講座終了後の喫茶店でのヒトコマ、わたしの顔を載せておきます。
それではまた!

f:id:vivayumiko:20150119214937j:plain