セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

グルテンフリープロデューサー長谷川真吾氏が手掛ける大豆のパンケーキ♪

きょうは、一年ぶりに友人との再会。
わたしは彼のことを「レトルト王子」と呼んでいますが、
(体に優しいレトルト食品開発をして世界を救う活動中だからです。)

本当の名前は、長谷川真吾さんといいます。(株式会社ビーンズ代表取締役)

f:id:vivayumiko:20150121152635j:plain


きゅうに名古屋入りすることが決まったとの連絡を頂き、
たまたまわたしの休日と重なっていたこともあり、
ほんの一時間ほどだったけど、近況報告かねてカフェで過ごしてきました。

f:id:vivayumiko:20150121152703j:plain


「これ、今朝焼いてきたんだけど、、、」と、
ごそごそとスーツケースの中から現れたのは、
タッパーの中に入った小さなパンケーキ。

ふだんスィーツを好まないわたしは、パンケーキも実は苦手で、
そのことはレトルト王子には言わずに、一口味見をさせて頂きました。

ん?

パンケーキを食べた時の、頭への負担が、、、
全くない!\(◎o◎)/!

なんと、このパンケーキ、
小麦を使っていなくて、グルテンフリーなの。
米粉も使っていない。使われているのは大豆とチアシード。

味見用に持ってきてくれた分は、
ココナッツオイルを使って焼いてくれたのだそう。

美味しかった上に、体がぐったり来ないことに感動したわたしは、
このパンケーキに興味津々になってしまいました。

小麦も入ってない、グルテンフリーで、
こんなふうに美味しいなんて感動です。

小麦の入ったものは、日常にいっぱいありますし、
わたしもひそかにスパゲティなど大好きなんですけどね。
でも、小麦をやめてる時の自分の体の状態も好きなのです。

古くからわたしのことを知ってる方はご存じですが、
30代にさしかかる頃のわたしは、小麦を一年間断った生活をしてました。
小麦を摂らないということは、お醤油も使わず、
唐揚げ類、麺類のすべて、パン類など、かなりの食事制限がかかります。
外食回数も減るから、食事制限を理解されない場合は、
人付き合いも少なくなってしまいがち。

そうしたくてそうしたのではなく、
闘病中だったこともあり、
食べると自分が倒れてしまうから、食べれなかったのです。

体重も40kg切るんじゃないかってところまでいってたので、
自分の治療のために、回復のために、
倒れるものさえ食べずにいれば、ある程度元気に動けるから、
食べないでおこう、というのが本当のところで。

(なんでも食べれる今でも、調子悪い時は前向きに食事制限に入ります。
そのほうが体がラクなの。それによる心理的なストレスはもちろんあります。)

「たまには少しだったらいいんじゃない?」って感じで、
何気なく悪気もなくスィーツをお土産に持ってきてくれる方もいましたが、
命を失うかもしれないくらいの状態から、やっと戻ってきたわたしに、
当時はその言葉は悪魔のささやきとしか思えなかった。

逆に、同じ辛さを経験し、同じ取り組みを共有した人とは、
とんでもない絆が生まれたりもして。

小麦を完全に断った経験のある方と会話していると、
いつも一致する意見があるんですが、それはね、
「体のリアル感が増す」ということ。

小麦を断っていると、体の回復が早くなります。
例えば、寒さを感じることも出来ずにいつのまにか冷えていたり、
お腹すいてもいないのに何か食べようかなという気分になったりとか、
そういう表現しようのない曖昧感なども綺麗さっぱり消えてゆく。


もちろん疲労回復も早いんです。

わたしは、自分の体に合うものあわないものを判断する時、
実際にそれを手にとるだけで、体感でそれをわかりますが、
もともと感受性の強い体ではありましたが、
小麦断ちをしていた時代に、その体感はより強化されていきました。

今は小麦断ちはしてませんが、
この時に備わった体感は、今でも健在、

今では、施術中にそれが相当生かされてもいますので
当時の経験は辛かったけど無駄ではなかったと思ってます。

で、当時、辛かったことがね。
「うどん食べたい!」と思って、食べたとする。
すると、やっぱりその後、倒れてしまう。

最初のうちは、そんなことの繰り返しでした。

食欲もあるし、食べたいから食べるのに、食べると体が辛いのです。

せっかく体のために治療をしても、
食べたもので倒れていたら、同じことの繰り返しになっちゃうだけ。
でも人間ですから、食べなきゃ体に栄養を送ることが出来ません。
何をどうやって食べたらいいの・・・
そんな悩みを伴いながら、過ごしていたんです。

今回頂いた、小麦フリー&グルテンフリーのパンケーキ!
卵なしでも作れます。
14年前に出会いたかったなぁ・・!!!!!
って、すごく思いました。

アレルギーなども含め、食生活で悩んでいる方は相当多いですよね。
食べることで倒れるのは地獄ですから、この辛さはわたしもよくわかります。
そんな時に「食べることへの感謝が足りない」とか言われても、
そんなもんじゃないとわたしは思ってます。

体のほうは、どんな症状も、
その時点においては正常な反応だと思いますし、

辛い時には辛い時の食べ方があり、
回復の途中には回復の途中の食べ方があります。

自分の状態が今がどんな状態なのかを知ること、
その状態を受け入れること、
その上で自分でも出来ることを探すこと、
そういう部分に寄り添ってくれる食品があったらいいのにって、
食べることで苦しい時は、そういう寂しい想いも多いです。


レトルト王子さんからのお話を聞いていたら、
アレルギーなどで食事に困ってる人達のために何か出来ないかと考えて、
今回のパンケーキのプロデュースに至ったそう。
もともとレトルト王子さんは、大手食品メーカーでの経験がとても長く、
素材作りからお客様の口に入るまでの一連の流れを知って、
残念な実態を思い知らされてきたからこそのこだわり。

製造工場も徹底していました。
小麦製品とは完全にわかれていて、社員さんも別。
同じ工場で作っていると、別々に作っても、
ひょんなことで混ざってしまうことがよくあるそうですが、
そういうことのないように、徹底してわけているそうです。

200g入って、750円(+税)です。

思わず・・・10個注文しちゃったよ♪

うちのお客様で、小麦で悩んでいる方も複数いらっしゃるので、
これは是非教えてあげたい!

定期的に仕入れることにしたので、
施術ルームでもお取り扱いすることにしました(^^)

届くのが楽しみです。

レトルト王子さん、きょうはありがとうございました~!
今後の大発展も心より祈っています!

 

株式会社ビーンズのwebサイトはこちらから飛べます♪

六本木ヒルズと博多阪急百貨店にある『ELLE caef 』さんでも
チアシード&SOYパンケーキが発売されてるそうです。
お近くの方は是非食べてみてください!