セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ウン○が出てきそうなのに出口で止まって出てこない時には。

きょうから2月ですね(^^)

年末年始からの1ヶ月間、お客様の中で多かった症状は。

「便秘ってわけじゃないけど、スッキリと出てこない。」とか、

「下まで降りてきてるのに、出口に貼り付いて出てこない。」とか。

とにかく、ウン○が、なんだかベタっとしていて、ねちっこく、
いざ出てきたかと思ったら、途中でちぎれてしまった感じとか、

トイレットペーパーで、拭いても拭いても、
ねちっこいから、ちょびちょび出口から出てくるので、
まだまだ拭き取れてしまう!・・・とか(笑)

柔らかいのに、ベタベタし過ぎてて、落ちてこないんですね。

これね、糖分なんです。

食べるものが少し変わるから、
忘年会からの新年会からの影響も大きいでしょうね。

シンプルなことですが、
体は食べたもので作られています。

ちょうど、クリスマスに入る少し前くらいから、
お客様の仕事場では、お菓子などがいつもより多く出回るようになり、
クリスマスと忘年会ではケーキを食べる機会もあり、
お正月には、おせち料理、お餅の入った料理、お酒、などなど、
いつもより糖分が自然と増えてゆく方が多いです。

これはこれで、日本の大切な行事ですから
おおいに楽しんで頂きたいです!

と同時に、体のほうにも目を向けていただければ
いろいろな発見があると思います。

ウン○がベタついてる時は、体に入っている糖分が多い時なので、
食事でそれらを控えるだけで改善が早くなります。

また、こういう時の水分補給は、
水やお茶を飲んでも、オシッコで出てきてしまうだけで、
なかなかウン○のほうに回ってくれません。

体全体にゆっくり水分が行き渡るよう、野菜の煮汁のほうが効果的です。

ただ、野菜は野菜でも、
カボチャや、サツマイモなど、糖分の多い野菜を連続して食べただけで
ウン○がベタついてしまい、出にくくなってしまう方もいらっしゃいます。

自分の場合はどうなんだろう?って思う方は、
一度、食べたものと、その時の便通の状態を覚えておくと良いですヨ。

すこぶる快便な時は、
どんな状態で過ごしているのか、
どんなものを食べていたのか、飲んでいたのか、
調子いい時の事も覚えておくと便利です。

体は食べたもので作られているからです(^^)

運動や体操などの効果もそう、
食べてる内容によって血液状態が違いますから、
体を動かしやすい時と、なんだかテンションが上がらない時など、
いろいろあると思います。

いつも観察していると、毎日が大発見の連続のはず。


さて、ベタつくのは便だけではありません。
実は、糖分が過剰になっていくと、
ご本人様が気付いているかどうかは別として、
筋肉も、舌も、目も、頭皮も、あちこちが実はベタついています。

さらさらっとした汗がかけず、
ベタベタっとした汗で皮膚が覆われてしまってる感じです。
皮膚が少しずつ鈍感になってしまうんですね。


施術ルームで糖分排出をスピードアップする場合には、
全身コースの中でも、特に手足に重点を置いた配分にします。

特に、手と足には老廃物の出口が集中していますので、
手にはまだ触ってない段階でも、
足モミが終わる頃には、両手がベタベタになっちゃう方も多いです。

施術を継続されてる方には、このようなことはほとんどありませんが、
初回の方の場合、皮膚代謝によって出てくる糖分がすごい場合は、
実は、施術ルーム全体にもそのニオイが充満し、
施術にオイルやクリームを使用する場合も、
なかなかそれを吸収することが出来ません。
そこで、施術の途中で手を洗って頂くことも時々あります(^_^;


それとね、食べものと筋肉の関係、
この地味~な観察を続けていて、ひとつ思うことがあるんです。
一昔前を振り返ってみるとね、
以前はこんなにベタベタする方はそれほど多くなかったということ。

野菜しか食べてないという方でも、
野菜そのものも、一昔前と比べたら甘くなってるものが多いですよね。

果物みたいに甘さたっぷりのトマトとかね。

少しずつ、少しずつ、
わたしたちの体は知らないところで糖分が多くなってると思うんです。

たまたまきょうもね、
施術ルームにいらっしゃってた薬局長さんと、
砂糖不使用の濃縮還元ジュースについて盛り上がってたんですけれども。

砂糖不使用という表示がされてるだけで、聞こえはいいですよね。
確かに濃縮されるまでの行程には、一切砂糖は使われていないのでしょう。
ところが、濃縮されたものを冷凍保存し、
ジュースとして加工する時に甘いものが加わります。
この加工工程において加えたものに関しては、
表示する義務は特にない。

砂糖不使用という表示は確かに間違っていませんが、
正確に言えば、砂糖不使用で濃縮して砂糖を使って還元したジュース。

ってことになるわけで・・・(*_*)

ですので、成分表示にはあまり惑わされず、
食べてみてどうだった、飲んでみてどうだった、
自分の体を観察して、その食品を知っていくことが一番近道。

安全とか、天然とか、自然とか、
そういう表示はあまり気にせず、
気にかけるのなら自分の体を。

体験が一番です。

美味しさ優先の日もあれば、
体に合わせる優先の日があっても良いと思います♪

ちなみにわたしは、、、
みりんを使うくらいなら、お砂糖を使います♪

みりんは、わたしの場合は胃に重たさを感じるので避けたい調味料です。
ふだんの料理には、お砂糖は使いませんが、
どうしても甘みを加えたい時は、
普通にお砂糖を使うほうがわたしには自然に感じてます。

f:id:vivayumiko:20150201220720j:plain