セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

コンタクトレンズあれこれ体験し、決めてきました。

セラピールームでお客様と盛り上がる話題は
コンタクトレンズに関する話題も多いです。

わたしは、18才の時からコンタクトレンズを利用していますが、
コンタクトレンズに慣れてくると、
メガネが不便でどうしようもないんですよね。
視界が狭くなるというか。

よく相談されるのが、
「ハードとソフト、どっちがいいですかね~」というもの。

ちゃんと眼科の先生と相談したほうが良いと思いますが、
わたしは、ソフトもハードも気分によって変えながら使ってましたが、
どっちかというと、ハードレンズのほうが体に優しいと感じています。

ソフトレンズは、乾燥が嫌であまり好きじゃなかったですが、
シリコンタイプのものが登場してからは、素晴らしい!の一言に尽きます。

それでもやっぱり、体に優しいのは、
ハードレンズのほうだと感じてます。

ソフトレンズは、装着感をほとんど感じなくて済むのと、
ゴミが入って痛いということもなく、瞬きもしやすくて、
目の部分に関して言えば、一日中快適なのが心地良いです。

でも・・・それだけです(^_^;

レンズが黒目よりも大きい分、
酸素を通す力は、やっぱり弱いんじゃないかな。

ヘナチョコ体力のわたしは、夜になるとぐったり・・というのが、
ハードレンズを着用しているときは、そういうことがありません。

ハードレンズは「目にレンズが入っています感」がありますが、
「脳にも酸素が入ってます感」を感じられて、
からだ的に、無駄な疲労感が少なく感じるんですよ。

また、脳への酸素量が関係しているのかわかりませんが、
ソフトレンズをつけて食事をする時と、
ハードレンズをつけて食事をする時では、
舌の感覚がリアルなのは、ハードレンズのほうなのです。

ソフトレンズ着用中は、舌の感覚も感じにくい感じ、、、です。

で、これね、
施術中の手の感覚にも及ぶんです。

ソフトレンズを装着中の施術と、
ハードレンズを装着中の施術では、
だんぜん、ハードレンズの時のほうがお客様の体からの情報を
受け取りやすい状態に在ります。

目の影響って、知らないところで、
体中に行き渡っているのでしょうね。

f:id:vivayumiko:20150203225426j:plain


きのうは、名古屋に行き、
いつもお世話になってる眼科さんで
新しいコンタクトレンズを注文してきました。

先生にお会いするなり、
「先生!コンタクトレンズはやっぱりハードがいいいいいい!!!」と、
思わず叫んでしまいましたが、

先生も、それを本当に共感してくださって、
酸素量がはるかに違うということをお話してくださいました。

ハードレンズも、どんどん進化してるなーと感じます。

先日は、HOYAというメーカーの
マルチなんとかっていうレンズをつけてみました。
今までのハードレンズと違って、
レンズに丸みがあるため、ハードレンズなのに装着感が柔らかく、
目が充血しやすい方でも使いやすいレンズでした。

普通のハードレンズしか知らない方にとっては、
HOYAのレンズは、まるでソフトコンタクト?!という感覚かも。
他のコンタクトレンズと比べたら、2倍以上の価格ですが、
付け心地を気にされる方は、HOYAさんのマルチなんとかっていうレンズ、
とても良いんじゃないかな。

わたしは、断然、酸素量を優先したかったのでメニコンに。
酸素透過率が高いと、ゴミ透過率も高い部分はあるかもしれませんが、
やっぱり、頭がラクチンなのが今はいちばんありがたいからです。

頭がラクチン。
これね、自律神経調整の施術でも取り入れていることですが、
頭蓋骨~仙骨の動きの中で、
わたしは、それを、自分の頭にもいつも確認をしていました。

ソフトレンズを装着してる時は、頭蓋の動きがちょっと鈍いんです。
ハードレンズを装着してる時は、頭蓋も柔らかく動きます。

見えればいいって問題じゃなくて、
目から入る酸素量って、やっぱり大事!って思ったんですね。

今回は、久しぶりにメニコンに決めてきましたが、
その中でも、メニコンZ、他のレンズよりも薄く出来ていて、
付けててラクなのがやっぱり嬉しい。

わたしの目に合う形のものはお取り寄せだったので、
今は届くのを楽しみに待っているところです。

目の調子が良いと、全身の調子が良いですね。
使い捨てソフトレンズを使うのを中止して数日過ぎていますが、
体調が驚くほどのスピードでアップしています。
やっぱり、酸素、大事ですね(・・;

f:id:vivayumiko:20150203225522j:plain


コンタクトレンズを選ぶ時は、
メーカーによって価格も違うし保障内容も違いますが
説明だけではわからないものです。

どのレンズであっても、ひととおり体験させてくれて、
見え方はどうか、体を動かした時に見える感覚はどうか等、
細かく体験させてくれる場所で買うほうが良いんじゃないかな。

わたしは、HOYAのレンズに決めかけていたところを、
メニコンZを装着した時、
頭の感覚が他のレンズよりも比べものにならないほど
すごくラクに感じたんです。
酸素量って、このことか!・・・と。

価格の違いが多少あっても、それは基準にせず、
自分の体の一部として毎日使うものだからこそ、
自分の体に合わせることが最優先だと思います・・・♪


コンタクトレンズといえば、もうひとつ。
以前、視力回復トレーニングを積んでいた頃に、
とてもお世話になったオルソケラトロジー(角膜矯正療法)。

夜眠る時に使うコンタクトレンズです。
朝起きたらレンズを外し、昼間は裸眼で過ごせるという嬉しいものでした。

これはこれで良かったんですが、今は使用をやめています。
視力回復トレーニングを再開出来るライフスタイルを送れるようになったら
再導入したいもののひとつです。
続きはまたそのうち書きますね(^^)