セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ヒノマル食堂有楽町店で応援したい人に会いに→新橋本店で焼き鳥に感動!

株式会社すごい改善の代表、吉田拳さんとは、
月イチ上京時の合間に、ちょくちょくお世話になっています。

f:id:vivayumiko:20150220002129j:plain

 

ものすごく多忙な方なのにもかかわらず、
上京スケジュールを送ると、
可能な限り、時間を取ってくれて、
共通友人も多いのでカフェで近況報告など楽しみながら、
そのうちに、わたしの課題に対しても心からアドバイスしてくださる。

そのアドバイスが、ほんとさりげない。

大切なことは、いつもシンプル。


会話の合間に入ってくるので、
たぶん、ぼーっとしてたら気付けないくらいシンプル。

 

たとえどんなに親しくても、
このさりげなさにわたしも甘えることなく、
頂いた知恵を、さっそく実践して、
嬉しい報告がしたいから、次もまた頑張れてしまいます。

そんなふうに、少しずつ少しずつ、いつも引き上げてくれて。

今回は、都内のカフェで過ごした後、
久しぶりにヒノマル食堂に行ってきました。

f:id:vivayumiko:20150220002535j:plain

最初は、有楽町へ。
30分くらいしか居られなかったけど、ちょこっと顔を出しに。

そう、この方の応援のために。

f:id:vivayumiko:20150220002555j:plain


この方については、また後日改めてご紹介します♪
名古屋に帰ってくる日を楽しみに待っていますね!

その後、わたしは仕事に戻り、
仕事を終えたあと、新橋に移動、ヒノマル食堂本店に行きました。

ヒノマル食堂には何度か足を運んでいますが、
本店に行ったのは今回初めて。

美味しかったら、同じものをおかわりするわたしは、
それでお腹いっぱいになってしまうので、
あまり他のメニューを冒険することはありませんでした。

ヒノマル名物と言われている焼き鳥を食べたのも
実は今回が初めてだったんです。

f:id:vivayumiko:20150220002613j:plain

 

えっ!

なんだ、この焼き鳥はっ!!!

\(◎o◎)/!

今までわたしが食べていた焼き鳥は
一体なんだったのかわかりません。
噛めば噛むほど、なんて表現して良いのか、
わたしの乏しいボキャブラリーでは、
違うものになってしまうので
本当になんて書いていいのかわかりません。

焼き師のあきえさんの焼き姿とそのオーラにも、
うっとりと見とれ続けること一時間、、、
まるで魔法のようで、アートのようで、
焼いてる時の手の動きもとにかく美しくて、
その奥深さにも感動してました。

しかも2号店で一度お会いしたことがあると覚えてくれてて
こんな嬉しいことありません。

カウンターテーブルの上には、
この感動的な焼き鳥が出来上がるまでのエピソードが
紹介されていました。

素材からしてまるで違うし、
焼きたてをそのまま頂けるので、
他に違うものを食べていても、焼き鳥を渡されたら、即、箸を置いて、
焼き鳥に切り替えるほうが絶対いいです。

f:id:vivayumiko:20150220002629j:plain


そして拳さんのエスコートも、
奥様のけいちゃんの配慮も、いつも勉強になります。
飲食だけじゃなく、帰りのタクシー代に至るまで、
徹底してわたしに一円も払わせてくれません。

約束でしょうって言われますが、
そんな約束した覚えなどありません。

名古屋に来た時には、わたしがおもてなししますからー!

拳さん、けいちゃん、いつもありがとうです!
感謝でいっぱいです!


今回の上京目的は、
仕事だけではないもうひとつの目的がありました。
続きは、少しずつまた書いていきますね。



●ヒノマル食堂新橋本店
http://wakyo-japan.com/hinomaru/shop/honten/

●株式会社すごい改善
http://sugoikaizen.com/