読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

事実は事実のままに観ていく。

愛知県も、花粉が本格的に舞ってきましたね。

わたしは、今から4年前に「アレルギー性角膜炎」を発症しました。
花粉症が引き金になっているのに、
鼻水が出るわけでもなし、クシャミが出るわけでもなし、
ただひたすら、目が・・・っ!! 痛いし痒いし、もう地獄。

当時の写真がこちらです。

f:id:vivayumiko:20150303230654j:plain

こんな顔で接客なんか出来るわけない。
花粉が居なくなるまでは、サングラスは必須でした。

f:id:vivayumiko:20150303230801j:plain

山を見るたびに火を放ちたくなってた花粉症、
だんだん良くなってて、今年は発症せず。

たまにクシャミが出ますが、
目のトラブルは一切なく。

念のために、先日、「もしもの時のための特効薬をください」と言って、
ステロイドを眼科で頂いてきてるんですが、
ひとつも使うことなくおかげさまで平和です。
念のために外出時はマスクだけは着用しています。


4年前に発症し、絶対に治す!と決めた時、
わたしが一番に大切にしたのは、
これまでの思考と行動を疑ってみること」でした。

良かれと思って取り組んできた事があっても、
その結果が「今」なのだから、
「今」が変なら、これまでを疑うことから始めたんです。

まずは、山ほどある花粉対策情報を一切遮断しました。

飛びついてみた情報もあったんですが、
実践してみて、自分に合わなかった時に、
花粉のせいで具合が悪いのか、花粉対策が合ってなかったのか、
何が変でおかしくなったのかもうわけがわからなくなったので。


それに、特別な治療や、特別な場所に出かけての断食合宿などは
長続きしません。
いろいろな酵素を勧められたり、
たくさんの治療法の案内も頂きました。

でも思ったんです。

春は毎年来るんだし、花粉も毎年飛ぶんだから、
長続きできない特別なことをやっても、
それを今度は毎年続けなきゃいけないわけ・・・?

それはいやだと思いました。

わたしは、自分の日常から離れない形で回復させていく方法を
築きたかった。

自分の体に聴いていくしかない。

そこで、一番に取り組んだことは。

まずは野菜の量を減らすことから始めたんです。

肉の量を増やし、浄水器の水を辞め、
冬~春の間だけは味噌も食べないようにして、
日々、無意識に続けていたことを辞めながら、
筋肉の質を少しずつ変えてきました。

症状が悪化している時によく食べていたものは何か。

調子の良い時は、どんなものを食べていたのか。

観察を続けてきた結果、
わたしの症状に悪いのはコーヒーでもなく小麦でもなかった。

「美味しさ」や「気分の良さ」を横においての観察は、
「事実を事実のままに見る」ことの連続でした。

また、何が良いのか悪いのかということも
回復過程の中で、その都度、変化していく。

だから「これさえあれば大丈夫」というものは一つもなく、
その時に合っているものでも、
途中から必要なくなっていくものも多い。

この4年の戦いの記録を、
お客様のために今まとめているところなんです。

今まで誰にも話さずにいたことや、
密かに今も積み重ねていることを
次の個人レッスンでお話することになってしまって。

常識外れなことのテンコモリですが、
バランスを取る対応は何が正しいかなんてわからないし、
常に変化をしている前提を忘れてはいけないとも思ってます。


そして、同じように苦しんでいる方に対しての配慮も
忘れずにいたいです。


f:id:vivayumiko:20150303232544j:plain


こちらの写真は、昨日のわたしです。

(LINEのプロフィール写真に使用しました~)

目、無事です。
今はとにかく感謝でいっぱいです。