セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

足湯器、わたしが使っているお気に入りを紹介します。

施術の前に、足から温まって頂く時、

以前使っていたのは、こちらです。

 

高陽社さんの「冷え取り君」。

 

f:id:vivayumiko:20150314222556j:plain

 

保温機能があるのと、キャスター付きで持ち運びしやすく便利でした。

ただ、電気を通すために内部には金属部分が一部あり、

お湯の中にクレイを使用する時には使えなかったんです。

 

今は、長時間の足湯が必要な場合のみ、冷え取り君を登場させています。

保温機能はやはり便利ですからネ。

 

 

最近は、こちらを使い始めました。

クイーンズウェイさんの発砲スチロール素材の足湯器です。

 

f:id:vivayumiko:20150314222756j:plain

 

発砲スチロール素材だけあって、

軽いし、お湯も冷めないし、手入れがラクチンなので、

フル稼働の日にはとても助かっています。

 

毎回、ちゃんと洗って消毒してから次の方に使うわけですから、

手入れに時間をかけなくて済むことほどありがたいことはないわけです。

 

f:id:vivayumiko:20150314222840j:plain

 

フタも付いてます(^^)

中には、足裏の刺激を与えられるようイボイボちゃんも付いてます。

 

お湯を入れると重たくなるので、

ホームセンターで買ってきたお気に入りの台車を活用しながら。

 

f:id:vivayumiko:20150314222929j:plain

 

この足湯器は、わたしは欲しくてインターネットで購入したんですが、

某所のレビュー書き込みを読んでいたら、

テンション落ちてしまうものも多かったんです。

 

この素材で6000円なんて高すぎる!等の書き込みが目立ちました。

わたし、買う買わない抜きにして、

原価だけで判断する考え方は好きではありません。

 

じゃ、あなた、同じものを6000円で作れるの?って

ツッコミたくなります(^_^;

 

施術者にとって、手入れに負担をかけることなく

使い続けられる足湯器ですよ?

 

こういうの作ろう!って閃いたアイディアにも感謝だし、

商品開発に至るまでにかかった時間や手間、人件費(←これが一番高いよね)

改良に改良を重ねて商品化されたと思うと、

わたしは、この価格が高いものとは思いません。

この商品を生み出してくれて、ありがとうしかありません。

 

 

さて、出張時に利用していた足湯用のバケツは、

(本当は無印のランドリーバケツですが♪)

 

f:id:vivayumiko:20150314223932j:plain

 

初めてこのバケツに出会ったのは、

原宿でお取引メーカーさんと買い物に行った時。

 

これ便利!!!!と思って、

愛知でも買えるのに、わざわざ原宿で買って、

宅急便で送ってもらった経緯があります。

 

何が便利かというと。

片手で持ち運べる柔らかさに感動したの。

 

f:id:vivayumiko:20150314223957j:plain

 

今は、出張の時はシャワー環境のある場所しか選ばないようにしてるので、

足湯器を持ち歩かなくなったので使っていません。

 

使わないものを置いてても仕方ないので、

新たに登山メンバーに加わったY子さんに差し上げることになりました。

 

 

とにかく、足を温めるのは良いことです(^^)

お風呂は、いっぺんに温まってしまうので、

長く入ることが困難な方もいらっしゃいます。

 

でも、足湯だったら。

足から順番に移動しながら温まるので、

心臓に負担をかけることなく、

全身の血流がとっても良くなっていくんですよね。

 

足湯の素晴らしさは、あがった後のポカポカ感かな。

お風呂上がりよりも、はるかにポカポカ感が持続します。

 

足、あたたかく過ごしていきましょうね!