セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

わたしが潜在意識にインストールしていた言葉。

毎日が、あっという間ですね。
春の冷えを感じつつも、寒がってる暇のないスピードのおかげで、
なんとかわたしも生き延びております・・・♪

最近は、環境の変化に直面しているお客様や友人がとても多く・・

異動だったり、転職だったり、退職だったり、離婚だったり、起業だったり。
会話の流れの中で、相談を受けることも多いです。

相談といっても。
わたしがアドバイス出来ることなんて本当に限られているので、
気持ちに寄り添うことくらいしか出来ないんですけれど。。


きょうは、昨年の引っ越しの時の荷物の整理をしていたら
(まだ終わってない荷物があったんかい!というツッコミはナシでお願いします。)

以前住んでいたお部屋で、
壁に貼っていて毎日眺めていたカードが出てきたので、
さっそく再び貼りました。

おもいきって、ここでもシェアさせて頂こうと思います。

一枚目はこちら。
お粗末ですが、わたしの直筆です。

f:id:vivayumiko:20150315230718j:plain


今日一日の中で
何か新しいことに挑戦すること。
小さい変化を起こすこと。
何かを改善すること。

何かを変えても
良くなるとは限らないが
小さく変え続けていけば
やがて流れに乗り
今よりも はるかに
良い所へ運ばれていく。


この言葉を書いて壁に貼ったのは、
2011年の3月、東日本大震災の頃でした。

当時、仙台の友人の家は、爆弾が落ちたような状態になっていて、
食料が不足していたため、
大急ぎですぐに食べれるものや日持ちする野菜などを発送したり、
義援金を送金したり、とにかく祈り続ける毎日でした。

あの時、思ったんです。
送金する時、、、もっと送金出来る立場でありたい、と。

人助けには、お金はやっぱり必要です。

もっと頑張らなきゃって思ったんですよね。

日々の怠惰に流されることのないよう、
毎日、小さな変化を起こすことと、
毎日、何かを改善することを、
わたしの日々の行動の中に組み込んでいけるよう、
言葉をカードに書いて、壁に貼っていたんです。


そして、もうひとつはこちら。

幸運の女神との契約書です。

f:id:vivayumiko:20150315231438j:plain


どんな時も
自分の大好きなことをやって生きる。
それだけでわたしのやることは全て上手くいき
多くの人に喜ばれる!

鈴木由美子


この契約書は、尊敬する治療師さんが壁に貼っていた契約書を、
わたしも即、見習ったんです。

その治療師さんも、別の尊敬する方から、
教えて頂いた契約書だったそうです。

そして、この契約書を書いた時から、
現実が加速したよって言ってました。

不思議なんですが、わたしも
この契約書は書いた時からパワーがありました。


自分の好きなことをやって生きるということは、
それだけ責任も負います。

仕事が広がっていくにつれて、いろんな案件を頂くことも増えてくると、
すべてを受け入れていたらパンクしてしまいます。

わたしの選択基準は、
そこに愛があるかどうか。

引き受けた仕事が、
たとえ一銭にもならなくてもやりたいか?という問いかけを
いつも自分にね。
引き受ける時は、イエスの答えを持って引き受けています。
するとね、内側から湧き出てくるような静かな喜びに包まれながら
仕事することが出来るんです。

逆に、どんなに良い条件を出されても、
そこに愛がなければ、お断りをします。

不器用で、バカ素直なわたしには、
賢い選択よりも愛の選択が一番自然なので。


言葉って不思議なもので。

書いたものを、毎日、読んでるわけでもなく、
むしろ、忘れている事だって多かったと思います、が、
壁に貼っておくと、何気なく目に入る。

この「何気なさ」の時って、潜在意識にすごく入りやすいと思うんです。

がむしゃらに目標に向かって突き進むことは
ヘナチョコのわたしには苦手なことです。

でも、何気なくインストールされてしまったものは、
なんの苦痛もなく、そのまま自然に、そうなってしまいます。

潜在意識は、本当にすごいと思います。


そして、忘れもしない2012年の9月5日。

大好きな竜頭山に行った時のこと。
この日は、とても晴れていて気持ちのいい日でした。

この日、山頂(標高1351m)で、たくさんの光に出会いました。

f:id:vivayumiko:20150315232726j:plain

言葉ではなく、印象で伝わってくるコミュニケーションから。。

「今から2年間、しっかり稼ぎなさい」
という印象を受け取ったんです。


あの日は、下山しながら不思議な気持ちでした。

そしてその日から、わたしは空を見なくなりました。
(宇宙船とか好きなので、空を見るの好きだったんですけど。)

あの日に受け取った印象を、行動に変えていかなきゃと思って、、
空を見てる暇がなくなっちゃったんですね。

2年間の期限は、昨年の秋でした。

昨年の秋は、それまで感じていたいろいろな迷いが吹っ切れて、
新たなスタートを決めた時期でもありました。

今のわたしが、しっかり稼げてるかどうかは別として、
あの時、沢山の光から受け取った印象、
「今から2年間、しっかり稼ぎなさい」という、
メッセージを受け取ってなければ、
新たなスタートを決めることなど出来なかったとも思っています。


人生、何があるかわからない。

だけど、生きている限り、
必要な導きはいつも与えられてるんじゃないかなって感じています。


もうすぐ、わたしは44才になります。
今年はもう少し大人になりたいなって思ってます。

さて、明日もね。
小さな改善を続けていきますよ~。

(^^)/