読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

楽読スクール広島校、3月15日にオープンしました!

世界一楽しい速読

久しぶりに、楽読(速読)スクールへ!
博多からの帰りは、広島に少しだけ立ち寄って来ました。

f:id:vivayumiko:20150327235435j:plain


全国の楽読スクールの中でも、
藤井トレーナー(やっくん♪)は、名古屋時代の頃から東京をさしおいて、
年間売上ぶっちぎり首位で走り続けていた人。

奥様のかずささんと娘のみことちゃんは、
ユミコサロンの常連でもあり、楽読仲間でもあり。

今年の春から広島に引っ越しして、
新たな第一歩を踏み出しています。

名古屋から発つ時は、とても寂しかったけれど、
無事に広島で開校できて、やっぱりとても嬉しかったです。

昨年、皇居勤労奉仕の時に宮内庁売店で購入したお酒と、
久留米駅で買ったお菓子を持参していきました。

大好きな、みことちゃんとの再会・・・♪

f:id:vivayumiko:20150327235822j:plain

いつのまにか、自分の足で立てるようになっていて、
いつのまにか、歩けるようになっていて、
子どもの成長って本当に早いな~。

びっくりでした!

わたし、あなたがお腹の中に居た頃から話しかけていたんだけど、
覚えてくれているかしら・・・?

f:id:vivayumiko:20150327235917j:plain

大きくなったので、ちょっと重たかったし!

f:id:vivayumiko:20150328000055j:plain

みことちゃんのプレイルームは、
わたしのお昼寝コーナーとしても、じゅうぶんな広さがありました。

f:id:vivayumiko:20150328000200j:plain

生徒さんが増えるたびに、
こうして写真を撮ってボードに貼られてゆきます。

名古屋時代の時も、壁中にびっしりだったけど、
これから先、どんどん増えていくんだろうな。

まだ始まったばかりの広島スクールに、
わたしの写真も混ぜて頂きました!

f:id:vivayumiko:20150328000250j:plain


滞在時間が、2時間ちょっとだけだったので、
時間がもったいないから、お昼ご飯は出かけずに、
お好み焼きを買ってきてくださって、スクールの中で食べました。

f:id:vivayumiko:20150328000541j:plain

やっくんも、かずささんも、20代。
わたしも20代の頃は朝から夜中まで仕事ばっかりしてましたが、
寝ずに働けるのも、20代の頃が一番がむしゃらにやれる時期。

一番いい年代だと思う。


規模や業種は違いますが、
お互い、事業主として、共通の話題もテンコモリ。

経費を節約することはとても大切なことですが、
やはり、お金は出さなきゃ入ってこない。

出す分が増えていくときは、なぜか入ってくる分も増えてくる。

その都度、選択の連続で、覚悟の連続だから、
中途半端なことに時間を使ってる暇なんてないし、
無駄なことに時間を使ってる暇もひとつもないけど、

必要な手間は惜しんじゃいけない。

いや、むしろ、手間をかけよう。


ユミコサロンには、リピートの仕組みはひとつも用意してないけれど、
リピーターさんの定着率はとても高いです。

難しいことはひとつもしてないけれど、
価格競争も関係なく、個人メディア(SNSなど)も関係なく、
これだけは徹底してやってるんだよね、、、という、
たった一つのことがあるのですが
今回、それを、やっくんにこっそりと伝えさせて頂き、

全部話さなくても、即共感してくれた藤井夫妻のテンポと呼吸は
とても心地良くて!

循環の法則についても語り合い、
日本人としての役割についても盛り上がり、
影響を受けた本についても語り合い、

あー、時間が足りなくて、
大事な7月の予定の件は、なぜか一番最後に(笑)

あっという間に、帰る時間になってしまいました。

f:id:vivayumiko:20150328004157j:plain


ところで、楽読関連で記事を書くのは久しぶりなので、
少しだけ楽読(速読)について、わたしの感想を少しだけ。

本を早く読めるようになりますが、
レッスン中は読まない訓練を積んでゆきます。

例えば、クリーニング屋さんの看板を見て、
ク リ ー ニ ン グ と、一文字一文字読むことはないですよね?

ぱっと見て、クリーニングと理解出来ますよね?

読まなくても、見て理解する感覚。

読まない訓練のおかげで、ここを強化されたおかげで、
わたしは速読で読書する時は、この感覚の連続で文字を見る連続で読みます。

「読む」か「見る」かの違いであって、
理解してしまえば結果は同じなので。

本を早く読めるようになりたいと思って始めたことでしたが、
この感覚は、日常のあらゆるところでその効果を実感しています。

何かのセミナーを受けてる時に、スライドがぱっぱと変わっても、
ちゃんと追いついて全体を理解出来たり、

メモしながら何かを見ている時も、
メモする時の手の動きと、見る目の、同時並行が楽になりました。

字幕の映画の展開が早くても、疲れることなく観れたり、
地図から現在地を探す時も、ぱっと目に入る、
「見る」ときの「視野」が広がってるのを実感してます。

だから、本を早く読むことが目的じゃなくても、
仕事してるOLさんや、受験勉強で集中しなきゃいけない学生さんにも、
楽読スクールで行っているレッスンはとっても良いと思ってます。

処理能力の中でも、右脳はスピードを喜ぶと聞いたことがありますが、
スピードがあがると左脳は眠り、右脳が動き出す。
そこで吸収したことを、左脳を使って整理してゆくバランス。

このバランスが身についてくると、
本を読む時は、飛ばし読みでもなく、斜め読みでもなく、
普通に一行ずつ読んでいても、
ゆっくり読んでいる感覚なのに、スピードが自然に上がっているんです。

ボキャブラリーが乏しいだけで、
自分の想いを言葉にすることが困難なだけで、
なんだか出遅れてしまうことって日常にはたびたびありますが、

自分の人生を生きていくためにも、
夢を叶えるためにも、
人との関わりは欠かせません。

どんなに言葉にすることが難しいことでも、
とにかく言語化することの大切さは、いつもついて回ります。

わからないことを誰かに聞く時も、
調べたいことを調べる時にも「言葉」は必要です。

だったら、言葉を増やすだけで、どれだけ可能性が広がることか!

読書はそのためにも最適な方法なんじゃないかな(^^)


楽読スクールでは、どんなレッスンをしてるのか、
どんな効果があるのか、体験レッスンもあります。

ご興味ある方は、是非行ってみてくださいね!

楽読広島スクール 3月15日オープンしました!