セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

おかえりなさいと自分に言ってあげたくなった4月1日でした!

4月になりましたね。

桜の花も綺麗に咲いていて、
気持ちよく過ごせた一日でした。


f:id:vivayumiko:20150402001911j:plain



昨日、伊勢神宮へ行って、身も心も浄化されたせいなのか、
きょうはとても静かに、
様々な想いが吹っ切れたような一日でもありました。

本当に一番に望んでいることを一番にやらずに、
不器用に、臆病に、その気持ちを奥に押しやりながら前に進んでいく、
そういう矛盾な状態に名前を付けたいくらい、
その状態は、わたしの中に長いこと存在していました。

もちろん、毎日は楽しく過ぎ去っていくし、
日々の仕事にも集中していたのですが、
ずーっとつきまとっていたものが、自分の中にあったんですね。

どう扱って良いのかわからないそれは、
切り離そうとすると苦しくなるから、
わたしの中に共存させておくしかなかったものなのです。

もし、これが目に見えるものだったら、
何度、ドラッグ&ドロップして、
ゴミ箱にポイっとしたかわかりません。

でも、それが出来たとしても、
ゴミ箱の中身を全削除することは出来ていなかったのだと思います。

本当に根強かった。

手放したくても手放せずにいたけれど、
それがね、やっと、自分の中から離れていったような感覚の訪れが。


時々、何度もリピートして聴きたくなる曲があります。
わたしの好きな曲、
ビートルズのlet it be。

悩んでる時は特に聴きたくなる曲。
昨年は、こればっかり聴いてました。移動中にも。

歌詞の中に何度も訪れるフレーズ、

何事もあるがままに、
無理に変えようとしてはいけない

このままそっとしておこう

あるがままに


落ち込んでいる時は、なかなかそれも出来ないけれど。

それでも、そっとしておくことを選ぶ、
それが一番良かったんだな、って
いま改めて思ってます。

試しに、きょう聴いてみたら、
落ち込んでいた時の自分が懐かしいくらいに、
遠い昔のように感じました。

あ~、本当に離れていったんだな~って、
不思議とほっとした感覚に包まれました。

自分の中に余裕が戻ってくるのも感じました。

おかえりなさいと自分に言ってあげたくなった4月1日でした!



The Beatles - Let it be Lyrics - YouTube