セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

体から届いた印象、「大丈夫だよ!」は本当だった。

少し遡りますが、
あ~、もうずっとずっと大昔のことみたい(*_*)、

ブログを見てくださったお客様から、
先日の九州での写真を見て、ご連絡を頂きました。

f:id:vivayumiko:20150411112935j:plain


ゆみこさん、あの場所は焼肉やさんじゃありませんか? って。


そうなんです。

牛肉を食べれないはずだったわたしが、
何枚もお肉を食べることが出来たんです。

18年ぶりのこと。

本当に美味しかったです。


最近、体がどんどん元気な方向に変化しているのを感じています。


懇親会が焼肉と聞いた時は、
最初はすごく参加を迷ったんです。

でも、はるばる九州へ行って、
夕食をひとりで食べるのもいやだな~と思い、、

かといって、焼肉やさんに行って何も食べないでいると、
周囲の方に気を遣わせてしまいますし、それだけは絶対にいやだった。

開催者さんに連絡して、
「牛肉以外にも何かあります?」って聞いていたくらい。
ほんと、こういうのって、お手数かけまくりで心苦しいものです。


でも、それと同時並行で、
自分の体感から伝わってきた印象があったんです。

それは、、、


「大丈夫だよ!」


最初、ビックリでした。

わたしが牛肉を食べた時、いつも何が起きていたかというと、
舌がもつれるを通り越して、舌を動かす筋肉が正常に使えなくなり、
数時間、ものを話すことが出来なくなっていたんです。

それだけ、肝臓への負担が大きかったんです。わたしにとって牛肉は。
(他のお肉は大丈夫でした☆)

それが、

「大丈夫だよ!」って体から伝わってきた時は、
自分の頭がおかしくなったんじゃないかと思いました。


でも今年のわたしのテーマは「奇跡のゆみこ」と決めていたので、
伝わってきた印象を信じて、
もし本当に焼肉食べてて異常を感じたら、
そーっと退席して、さっさとホテルに戻ればいいと思っていました。


それともうひとつ、出発前に、
ある方から言われていた言葉があるんです。

「あなたの魂にとって、今回の福岡行きは、
とても重要な意味があるでしょう。
それは後からじわじわと実感するはずです。」


内容もよくわからないまま参加を決めたのに、
そんなふうに言われるなんて思ってもみませんでした。


とにかくわたしは、18年ぶりに牛肉を食べました\(^^@)/


懇親会の会場では、他の話題で盛り上がっていたので、
わたしの奇跡は、その場ではわたしの中で密かに味わってるだけでしたが
何重にも嬉しい夜だったんです。

この奇跡を、誰かとシェアしたかったんですが、
そのまま日々が過ぎていました。


食べることが出来るって、本当にありがたいです。


体の変化が、みるみる良い方向に変わってきたのは、
東日本大震災以降からです。

さらに一昨年から真剣に学び始めた自律神経の調整は、
研修の場に参加するだけではなく、
自分の体への治療も、定期的に通い続けていました。

自律神経だけは、自分ではどうにもコントロール出来ない部分です。

どんなアンバランスも、その時に必要な形で表れますので、
全体を調整しない限り、どうにもこうにも変化出来ません。

それが、今になってこんなふうに結果が表れてくると、
神経ってすごいな・・・!と。

わたしは、自律神経は、神様の通り道だと思ってます。


感謝でいっぱいです。


今後は、もっと自分の体力をアップさせて、
もっと良い形で還元出来るように精進いたします!