セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

体を使えば使うほど、脳内がどんどん静かになってゆく。

無事にお天気が晴れてくれて、行ってきました。
人生初の、おひとりさまプチ登山。

f:id:vivayumiko:20150513214655j:plain

いつも、登山チームまたは登山トレーナーが一緒でしたが、
今回はわたしひとりで。

そのため、近場にしようと決めて、
以前、女子チームを組んで散策したことのある岐阜の金華山にしました。


f:id:vivayumiko:20150513215151j:plain


金華山は、標高も高くないですし、
午後から登っても問題ない山です。
のんびりと午前10時半頃から登り始めました。

とはいっても、、、わたしが入ったコースは岩ばっかり!!


f:id:vivayumiko:20150513215236j:plain


時間は40分くらい、
距離にして1000mくらい。

f:id:vivayumiko:20150513215430j:plain

ここでは、登山用のステッキはあまり役に立たず、
前足を使うほうがスムーズでした。(つまり四つ足歩行・・♪)

優雅な山歩きを想像していたんですけど、
よじ登ることの連続で・・・(*_*)

とにかく地面が滑るのと、岩の連続で。

確かこの山には、常連さんがいっぱい来てるはずなのに?

このコースでは誰とも会うことなく。
シーンとした中、ひとりで黙々と登りました。


もうすぐ登頂!というところで、
上から男性の方がやって来ました。

岩の前で、ボーゼンとしていたわたしに、
「大丈夫?ここのコースはきついからマイペースでね!」と
声かけてくださいました。

山の中で誰かと出会うって、それだけで嬉しいものですね。
声かけて頂いて、なんだかほっとしました。


やっと登ったぞー!というところで、看板を見つけました。

f:id:vivayumiko:20150513215827j:plain


最初にこれを知っていたら、
たぶん選ばなかったコースを歩いてきたようでした。

いくつかビューポイントもあったのかもしれませんが、
記憶にないし、写真も撮ってないので、
ひたすらわたしは足もとに集中していたようです。


f:id:vivayumiko:20150513215930j:plain


山の上は、とっても涼しかったです。

登頂してすぐに帽子を脱いだら、大粒の汗が流れ落ちてきました!
髪の毛がお風呂上がりみたいになっていて、
顔も、登山前よりも小顔になっていました。

エステより良いかもですよ。歩くだけでいいんですから。

アップしようかどうしようか迷いましたが、
帽子をとった直後の「ふぅーーーっ」な、一枚です。

f:id:vivayumiko:20150513220121j:plain


これだけ汗をかいても、登山服というのは優秀だと思いました。

汗をいっぱいかいてもムレることがないので、
体への負担も最小限。

トレイルタイツも、速乾な上に、
足の筋肉をサポートしてくれてるので、
いっぱい歩いても足がパンパンにならないんです。

素人のわたしには、
登山装備に助けられてることも本当に多いのだと思います。


f:id:vivayumiko:20150513220828j:plain


お昼ご飯を食べながら、日向ぼっこ♪

日々のごちゃごちゃも、つべこべ言わずに、
山登りが最高のセラピーだと思いましたよ。

ごちゃごちゃしてたら歩けないから、
全部、今いちばん大切な一歩に全集中しますから。

一歩一歩がその連続だから。

体を使えば使うほど、脳内がどんどん静かになってゆく。

この感覚を味わいたくて、
今のわたしはひたすら歩きたいのだと思います。


さて、帰りは当然ですが、緩やかコースを選びました♪
距離は登りの時の倍、2000mになりますが、
ゆっくり新緑でも味わえたらと。

f:id:vivayumiko:20150513222202j:plain



これは、以前に登山トレーナーからプレゼントしてもらったバードコール。
ネジを回すと、鳥の鳴き声が出るんです。

しばらく静かに鳴らしていたら、、、
鳥が近くまでやって来てくれました!!!

ほんと目の前に。1mくらいのところで、
わたしの目線の高さの枝に止まってくれて。

間近で鳥を見ることはあまりないから、感動でした。

白と黒のツートンで、とっても綺麗な鳥でした♪


f:id:vivayumiko:20150513222516j:plain


緩やかコースは、とても歩きやすかったです。

途中、気が緩んだのか転んでしまい、
しばらく動けなくて、うずくまっていたんですが、
その地面、水が流れていたんですね。

うずくまりながらも、水の音に癒されてしまいました。


f:id:vivayumiko:20150513222915j:plain


とにかく、気持ち良い一日を過ごすことが出来ました。


帰宅後、登山服をお洗濯し、夕食も終え、
「さぁ明日からも頑張ろう!」と思って手帳を見たら、
なんと、明日は施術を終え次第、上京予定となっておりました。

わたしの脳内、静かになりすぎて、
日付が飛んでしまっていたようです。

また荷造り・・・

明日、早起きして取り組むことにします(-。-;)

おやすみなさい☆彡