セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

「いつのまにか柔らかくなっている」通り道を作る施術。

足モミをしていると、
痛みのある付近に、固いコリコリしたものに触れることがあります。

筋肉でもない、骨でもない、
老廃物が沈殿したもの。汚れの固まり。

この固まりは、通常は、
ほぐしていくうちにだんだん柔らかくなっていくんですが、
なかなか柔らかくならないで、
スジにべったりと貼り付いて(ゴワついてて)、
押してもへこまず、血管の筋すら見えない状態の方もいらっしゃいます。

ちょうど一年前、
大人になってからのアトピーに悩んでらっしゃる方にお越し頂いた時も、
最初はまさにその状態でした。

固まりでありながら、油っぽいのです。

その油っぽいものが、筋の奥に潜り込んでしまってて、
閉じているツボを開きたくても、ツボに届かない、
まるでゴムのような筋肉をしていました。

この油っぽいものを放っておくと、
意味不明な神経痛の原因になったり、
血管が圧迫されてしまってるので、
次第に冷えも激しくなっていってしまいます。

こういう時は、無理に奥まで施術しようとはせずに、
外側から少しずつ少しずつ剥がし、通り道を作るように施術していきます。

外側だけでも綺麗に剥がすことが出来れば、
皮膚呼吸も随分とスムーズになり、
全身が整うとこんなにラクなのか!という体感までは得られます。

固まりへのアプローチは急がずに、それからでも遅くありません。


固まりを見つけると、つい、やっつけてしまいたくなりますし、
実際にはやっつけてしまうほうが簡単です。

でも、やっつけないほうがいい。

通り道を作ることに徹するだけのほうがいい。

通り道を作るだけに徹していくのは、ある意味忍耐ですが、
これをちゃんとやっていると、
体のほうから応えてくれるようになるんです。

施術を終えたお客様が、日常に戻って、日常を過ごしている時に、
日常の動作の中で、ふと変化に気付かれたりも。

「いつのまにか柔らかくなってた!」

そうなんです。

通り道を作る施術では、一切やっつけたりしないで、
体が自らコリを融かせるように道筋を作っていく作業。

固まりが柔らかくなるまでには時間がかかりますが、
一度柔らかくなったら、今度はそう簡単に固まらないのが特徴です。

筋肉を固めない食べ方を実践して頂いてる方は、
もっと早いです。

大人になってからのアトピーで悩まれてたT様も、
定期メンテナンスとして1年通って頂き、今ではだいぶ綺麗になって、
コリが出来る時には、その前兆を感じるようになりましたとおっしゃいます。

その段階でケアするようにして、
体に負担をかけない体の使い方を実践出来るようになり、
とても喜んで頂いてます。


ボディケアはタイミングが命。

忙しい方ほど、時間をかけられない方ほど、タイミングは命。


そのため、気付いた時に自分でも出来るよう、
コリの見つけ方、通り道をどのように作るのか、等、
ちょくちょく施術の合間にお客様にも教えているのですが、

体の変化とともに、サジ加減が少しずつ変わっていくので、
その都度、今の状態に気付ける体感を育てていくことが大事なわけで、

丸暗記するものでもなければ、
勉強会して改めて何かを学ぶということでもなく、

日常といつもセットなんですよね、こういうのって。

お会いするたびに、その時に一番必要なことをお伝えしていく。

その積み重ねのうちに、
気付いたらいつのまにかほとんどを伝え終わっていました、
という感じのレッスンが、わたしにもお客様にも一番負担が少なくて、
一番確実に伝わると感じています。


わたしが師匠から治療を学んでいた頃も、
治療そのものを見せて頂いたことは、実はほんの数回しかありません。

何をしていたかというと、
師匠と一緒に食事をしたり、
師匠と一緒に自然の中を歩いたり、
いろんなお話をしながら、、、
とにかく師匠の「ふだんの姿」とともに過ごしていた時間が
一番長かったんです。

それ自体が、本当に大きなレッスンでした。

フェイスtoフェイスでしか伝えられない事がいっぱいあって、
それは、何気ない会話の時ほどいっぱいあって。

これからも一回一回のセッションを大切にしながら、
いま一番に必要なことを最優先した対話を心がけてゆきたいと思ってます。


さて・・・♪


f:id:vivayumiko:20150615003800j:plain


まったく関係ないことなのですが、
先日、クリスマス熱が再発してしまい・・・

我慢できずに飾ってしまいました。
クリスマスツリー。
飾り終わった時、心の底からスッキリしました(^_^;

リビングのテーブルと椅子は赤いので、
以外と似合うんです、この部屋に。クリスマスツリー。

入ってきたお客様が、「一体どうしたの」って笑うんですが、
クリスマスツリーが大好きなわたしは、
このまま年中のインテリアにしてしまおうと思っています。

ライトアップだけは12月まで我慢します・・・☆

こんな状態のわたしを見て、
岐阜県のお客様からクリスマス飾りの画像が送られてきました。
大好きです!いつもありがとうございます!

f:id:vivayumiko:20150615003820j:plain