セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

富士山麓にて。起伏差と風景や土の変化が楽しい雨登山でした!

この2ヶ月の間に、
3度も富士山に行けたのは奇跡としか思えない。

相変わらずの超マッハ日帰り登山ですが、
今のわたしには、山登りはとても大切な時間です。
(そして相変わらず、わたしの顔もまんまるです。。。)

この記事、下書きフォルダに入ったまま少し前になります。
富士山麓を歩いてきました。

f:id:vivayumiko:20150619234731j:plain


今回行ってきたコースは、
標高1600m付近の高鉢駐車場~御殿庭下コースを抜けて、
宝永第二火口縁→六合目→富士宮口五合目でゴールというコース。

雨の中、延々と、往復7時間近いチャレンジ。

ひとりでここに来ることは出来ません。
トレーナーのおかげです。


f:id:vivayumiko:20150624223613j:plain



やはり、自分で自分のことをわかっている範囲なんて
本当に狭いのかもしれません。
大好きな富士山の中を歩きながら、
わたしのテンションは上昇するばかりで、
デコボコなバリエーション豊富な登山道をもくもくと登り続けていました。

途中、何度か小さな休憩を取ったり、
体温調節のために着替えを調整しながら、
わたしの感覚では、悪天候にもかかわらず絶好調な山歩きでした。

ところが、
後ろから、わたしの状態を見てくれていたトレーナーから、
「ここで一旦休憩しよう」と声かけが。

「えっ?」

まだ休憩しなくても大丈夫なんだけどなぁ。
なんて思ってたわたしは、
やっぱり自分のペースがまだわかっていないんだと思いました。

手足は元気に動くし、気分もいい。
だけど、トレーナーから見たら、その時のわたしの足もとは、
全然違っていたのだそう。

実際に、わたしも、
休憩ってどうやって休憩するんだっけ?な状態に。

というのも、無事に、御殿庭下までゴールインし、
その後、宝永第二火口縁に向かって歩いていた途中、
ちょうど標高2050あたりかな?
気温もぐっと下がり、急に具合が悪くなってしまって。

トレーナーには、迷惑をかけてしまいました。

少し休んだら元気も回復したのですが、
続きを歩くか、このまま下山をするか、迷いました。

片道3時間近い距離、下山の分まで体力は残しておかなきゃいけません。

でも、あともうちょっとで見たかった風景が待っていたのに。

翌日は、普通に仕事もフル稼働で入っていましたし、
体力を落とすことは出来ません。

今回は、本当に悔しいけれど
ゴールイン出来ずに下山を選んで帰ってきました(>_<)

富士山、大好きな山だけど、やはり厳しい!

もっともっと体力も筋力もアップして、しっかり準備して、
またここに戻ってくるよ、必ず!

・・・と、心に誓いながら帰ってきました。

f:id:vivayumiko:20150624223738j:plain


厳しいけれど、大好きな富士山。

わたしはまだ山麓のコースを歩いてるだけですが、
5合目以降のご来光だけが富士山ではないのね!って、今更ですけど、
富士山麓のコースで出会う木々達にすっかり癒されています。

富士山は、なんてゆうか、、、
「どうぞ、どなた様もゆっくり楽しんでいってね!」的な感じ。

時々行く浜松の竜頭山は、獣の世界が近くて、
「どうもすみません、お邪魔します」って気持ちで入るので、
山によってエネルギーがこんなにも違うんだなぁと。

富士山麓は、大きくて、柔らかくて、
包みこんでくれるようなエネルギーを感じてしまう。
筋肉を使いながら、ゆっくりと心を休ませてくれて、
ネガティブなものを一掃してくれて、
再生スピードを高めてくれるかのような力強さを。


f:id:vivayumiko:20150624223637j:plain


もし、わたしにネガティブなものが何もなかったら、
今年の5月に樹海で感じた再生力はわからなかったかもしれません。

あの時に感じた再生力に感動して、
もう一度、あの感動を味わいたくて、
山歩きに本気スイッチが入ってしまった現在を思うと、
ネガティブな出来事にも感情にも、今となっては感謝なんです。

だから、安心して進んでいけばいいのですね。

何があっても大丈夫。

改めて自分に言い聞かせています。


こちらのリンクは、先日ツィッターに投稿した映像です。
このブログに直接映像を貼り付けることが容量の都合上出来なかったので、
ツィートを貼り付けておきますネ(^-^)