セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

宝永火口にて。

今年4度目の富士山麓トレイル。
まずは、宝永火口から。

ここは、リベンジでもありました。

先日、雨の中、途中で引き返したところを、
引き返さずに辿り着いてたら到着していた場所だったので。

今回は、先にゴールに行ってからリタイア地点まで下山して、
それから登山し直すというコースで歩くことにしました。

時間と距離だけで言うなら今までの中で一番優しいのですが、
実際に歩いてみると、今までの中で一番厳しかったです。

f:id:vivayumiko:20150717222603j:plain

一見、なだらかに見えますが、、、

3歩進んで2歩下がるの連続で!

とっても柔らかい砂利だったので、
いつもの速度と、いつもの歩き方だったら、
とてもじゃないけど進んでいかない。

ずっと同じ場所で足を動かしているみたいに、
気分はハムスターの回し車でした(^_^;)


f:id:vivayumiko:20150717222742j:plain

歩いてる途中でコツをつかみました。

土の上に足を置く時は、そーーーーっと置く。
足全体に重心をかけながら、そーーーーーっと置く。

次の足も、そーーーーーっと出す。

抜き足、差し足、忍び足。

そうすると、滑らずに済んで、
スムーズに進むことが出来ました。

これ、多くの登山ブックに書かれていることです。
「足全体に重心を置いて、出来るだけ小さい幅でゆっくり進む。」

なにげなくさらっと読み流してしまいそうなこの部分を、
体で覚えるまでに、本当に苦労しました。

いつもより重たいザックを背負っていたのと、
木々の中を歩くのと違って日差しも強く、なのに気温は低くて、
標高もそれなりの場所だったから、疲労感も半端なく。

筋肉疲労とはちょっと違う疲労感でした。

でもテンションは高かったです。
こんな風景、日常ではなかなか見られないから。

そしてここが、
前回わたしがリタイアした場所。

f:id:vivayumiko:20150717223212j:plain


火口縁からわりとすぐの場所でした。

あの日、本当にあともう少しの場所まで来ていたんだな~。。と。

いろんな想いが駆けめぐりました。

再び、ここに来れたことで、
無事に帰ってこれた不思議な感覚に包まれました。

リベンジの機会を与えてくれたトレーナーに心から感謝です。

f:id:vivayumiko:20150717223437j:plain


写真をご覧の通り、この日は見事なお天気で、
とっても気持ちよかったんです。

f:id:vivayumiko:20150717225842j:plain


が。

途中で、大きな雲がやって来て、
あっという間に真っ白な世界になってしまったんです。

 

f:id:vivayumiko:20150717224047j:plain

さらに、ポツンって何かが落ちてきたかと思ったら、
あっという間にミゾレが降ってきて・・・!!!

痛いし、

寒いし、

お天気の豹変にビックリでした。

今回はレインウェアを着ることはないだろうな~と思っていたけど
甘かったです。

レインウェアは、靴をはいたまま1分以内に着替えることは出来たはず、
でも、レインウェアをザックから取り出すまでに
モタモタと時間がかかってしまったんですね。
その間に、どんどん体温が下がっていくという、
とっても気持ち悪い体験をしました。

ぬるくなってたペットボトルも、
あっという間にキンキンに冷えてゆき。
こんなに早くに冷えるなんて、びっくりでした。

これって、体の中もこのくらいの急激な変化が起きているってこと?
想像してたら怖くなりました。

真っ白な世界で、ミゾレに打たれながら、
わたしは火事場のバカ力を発揮!
ノロノロ歩いていたさっきまでの自分はどこへやら、
何をどうやって動けるようになったのかわかりませんが、
歩きにくい道を気付いたらスタスタと歩けるようになっていたのでした。

必死になると、人間ってすごいですね・・・(>_<)

日頃からこのくらいの集中力を出しなさい!って
神様に言われたような気がしました。

ミゾレ中の写真は一枚もありません。
一秒でも早くゴールインしたかったので、
それどころじゃなかったです。

・・・でも、ミゾレは20分くらいで上がってゆき、
また、さきほどまでの青空が広がってきました。

山のお天気はわからないです。

どんなに良いお天気でも、
レインウェアはザックの一番上にパッキングしておこう。
すぐ着れるように、ファスナーはあけた状態にしておこう。
とっても良い学びになりました。

雨上がりの一枚です。

f:id:vivayumiko:20150717224955j:plain


貴重な体験に感謝。

こちらは5合目からの風景です。
高所恐怖症なわたしは、景色をあまり見ていません(笑)

f:id:vivayumiko:20150717225104j:plain


今回の学びをじゅうぶんに生かして、
次回は、もう少し上へ・・・(^^)

大きな学びと体験を、本当にありがとうございました!