セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

何事も準備で8割決まると思っているので、

18年ぶりにカレーライスを食べました。

f:id:vivayumiko:20150723005304j:plain


カレーは嫌いじゃないのですが、
食べなくなったのは理由があります。

過去に腸の病気をしたことがあり、
スパイス類に含まれる刺激によって、
腸に炎症が起きて出血が続いてしまうんです。
激しい下痢をすることが多く、わたしの体では受付不可能な食べ物でした。

今でも、お料理をする時は、
コショウや生姜などの刺激物も避けてお料理しています。
(外食の時は、コショウを抜いて頂いてます。)

ではなぜ、カレーライスにチャレンジしたかと申しますと。

来月に予定している富士山登山で、
宿泊予定の山小屋での夕食がカレーライスと聞いたので(*_*)

登山中、都合のいい場所にトイレがあるわけないですし、
下痢なんかしていたら、激しく体力を消耗しそうです。

また、標高差の厳しさを2400m付近ですでに感じていたので、
標高差に挑める体を作るためのトレーニングも開始したばかり、

今のわたし、カレーライスを食べたら、
体はどんな反応をするのかな?と。

出来ることなら、その日だけでも、
みんなと同じようにカレーライスを楽しみたい。

実験してみて無理そうだったら、
他の対応策を準備して出かけなくてはいけません。

一口目、、、辛い!!!

辛いですが、お腹も空いていたせいか、
食べてる途中で、だんだん美味しさを感じるようになってきて、
綺麗に完食出来ました。
久しぶりの超刺激物は、とても美味しかったです。

しかし、、、

ふだんの自分の血流リズムとは明らかに違うリズムが全身に広がり、
落ち着かない感覚が少しの間ありました。

それが落ち着いた頃から、やはり下痢に(T-T)

やはり、厳しい環境に挑む時は、
少しでも自分に合う形で栄養補給しておきたいものです。


f:id:vivayumiko:20150723005336j:plain


朝食は、SOYJOYと聞いていたので、
こちらも試すことにしました。

以前、スポーツジムに通っていた頃に時々食べていたことがありますが、
苦手なパイナップルが使われていたせいかな、
体があまりスッキリしなかったんです。

ところが、唯一ピーナッツ味だけは
チョコレート成分もパイナップルも使われていないことを知り!

さっそく試してみたら、ピーナッツ味は本当に体がラクでした。

どの味のSOYJOYが出されるのかわかりませんが、
ピーナッツ味は自分で準備して持って行こうと思いました。


小さなことかもしれませんが、
体を支える部分にこそ、念入りな準備ってとても大切だと感じています。

ほんの小さなことですが、
ペットボトルじゃなくて水筒に水分を入れ替えて持ち歩いているのも、
転倒や落石など何かに巻き込まれた場合に、
ペットボトルが破損して水分ゼロになることのないようにと思ってのこと。
このアイディアは、登山ブックにも載っていますが、
いつもお世話になってるトレーナーもそのようにしていたので、
わたしもすぐに真似することにしたのでした。


地上では、お腹が空いてから食事したほうが体がラクですが、
山歩きの時は、お腹が空いてからでは遅いと感じることも多いので、
いつも自主トレの時は、
自分にちょうどいい栄養補給のタイミングを観察しながら
トレーニングを続けていました。

日々の積み重ねの重要性を感じて、
三日坊主のわたしがこんなに続いているのも、
トレーニングのたびに、課題に気付き、
新しい発見があるからだと思ってます。

そしてそれは、日常でも、仕事でも、
通じるものがあるなーと感じています。

何事も、準備で8割決まると思っています。

山登りから教わることは本当に多いです。

f:id:vivayumiko:20150723005436j:plain

 
この写真は、富士山の御殿庭中にて。
ここから中に入った世界がとても気持ちいい空間だったんです。
宝永第3火口に通じている道です。
人が通った気配があまりなく、空気が全然違う世界でした。

トレーナーがいつのまにか撮影してくれたお気に入りの一枚です。

ここはまた歩いてみたい場所ですが、
ここに辿り着くまでの道のりが、下から来ても上から来ても、
それなりに遠いんですよね、、、
なかなか行くチャンスはないかもしれませんが、
わたしの中ではもう一度歩きたい道のナンバー2の場所です(^^)