読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

皇居勤労奉仕から帰ってきました♪

4日間の皇居勤労奉仕を無事に終え、
昨夜のうちに愛知県に戻ってきました。

天皇皇后両陛下との御会釈も、
毎回言葉にならない感動に包まれてしまいますが、
何よりもメンバーの方々と過ごした1日1日がわたしには宝物です。

f:id:vivayumiko:20151003184130j:image

皇居でご奉仕中は、どんなこともすべて連帯責任。
早朝の集合も、ひとりでも遅刻したら、
全員中に入ることが出来ません。
借りたものを失くした場合は買って弁償するのではなく、
見つかるまで探し続けます。


実は、わたしがお茶当番の時、
宮内庁からお借りしたテーブル布巾が
一枚だけ行方不明になってしまう事件がありました。
布巾がどこかいっちゃった〜では済まされません。
布巾を見つけないとキッチンに入れて頂けないのです。

7団体も居る場所で、一枚の布巾を探すのは途方に暮れましたが、
布巾が見つかるまでお茶碗を洗わせてもらうことが出来ません。
お茶碗を洗わないと次の作業に行くことが出来ません。

ルールはルール。
副団長のおかげで見つけることが出来ましたが(感謝!)、
借りたものをお返しするという普通のことを、
約束を守るという当たり前のことを、
徹底して鍛えられる4日間。

f:id:vivayumiko:20151003184238j:image

遅刻をしないことも、借りたものを返すことも、
普通に当たり前のことですが、
現代に生きるわたしたちにとっては
そういう普通のことが遠ざかってる部分も多いなーって
ちょっと思いました。

前もって約束をしてたにもかかわらず、
「ごめん!用事できちゃったからまた今度!」という言葉は
けっこうあちこちで聞こえてきます。

ご本人に悪気はないのでしょうけど、
ドタキャンや変更の多い方とのお付き合いは、
テンションが下がります。

また、セミナー会場などでもたまに見かけるのは
「仕事で遅くなるので先に始めててください。」とかね。

無断遅刻じゃないですし、
仕事ということなら仕方ないという、
許されてしまう雰囲気もあるかもしれませんが、
決めた時間にスタートして
参加者みんなで感動を共有するために準備している側にとっては
簡単に遅刻されるのは、やはりテンション落ちるものです。

何が大切なのかは人それぞれですが、
自分が発した言葉には責任を持って行動しようよって、
改めて思いましたよ。

皇居勤労奉仕では、仕事だろうと何だろうと、
いかなる理由であっても、
個人の遅刻や忘れ物はチーム全員の連帯責任になります。

この日のためにスケジュールを調整して
交通費と宿泊費をかけて来てるのに、
中に入れませんという事態だけは避けなければいけません。

絶対に寝坊などできない!
忘れ物もできない!

わたしは緊張すると眠れなくなるので、
チームの数名の方にモーニングコールの協力を頂いてました。
なんとか無事に4日間早起きすることが出来たのも
モーニングコールがあるという安心感のおかげで、
自力で起きることが出来たのだと思います。

f:id:vivayumiko:20151003184349j:image

とにかく当たり前のことを徹底して鍛えられた4日間でしたが
ルールを守ることの楽しさもいっぱい♪

たとえ贅沢で豪華なツアーで団体で旅行したとしても
今回のように信頼関係が深まるようなご縁にはならないでしょう。

皇居内を歩いてる間は撮影は一切禁止でしたし、
携帯を触ってることもあまりないので、

それよりも、とにかく、
みんなでワイワイ語り合いました。
笑いました。騒ぎました。注意されました。

皇居での作業は、
芝生の雑草を取ったり、落ち葉を拾ったり。
陛下が刈り取られたお米の脱穀作業も一粒一粒行いました。

本当に貴重な4日間だったと思ってます。

団長、副団長、団員の皆様、
心からありがとうございました\(^o^)/
感謝でいっぱいです!

f:id:vivayumiko:20151003184617j:image

いくつか撮っていただいた写真の中で、
わたしのお気に入りはこの写真。
ヤクルトの応援用の傘を持って、
初期の頃から皇居勤労奉仕でご一緒してたS氏とパチリ☆