セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

血糖値はカロリーとは無縁。

先日、懐かしいお客様との再会がありました。

 

施術ルームに飾ってある登山写真を見てくださって、

「ゆみこさん、どんどん元気になっていくわねぇ!」と喜んでくださいました。

 

ヘナチョコ山歩きを始めた頃のお客様でしたから、4年ぶり。

山登りの翌日は、筋肉痛で、ひょこひょこしていたのを知っているので、

今年、富士山にちょくちょく通っているわたしを見て、

どうしてこんなに急に体力が上がったのか聞かれました。

 

わたしの体質改善については、

以前にも、何度かこのブログの中で記事アップしているので

ダブることもあるかもしれませんが、改めて振り返ってみたいと思います。

 

f:id:vivayumiko:20151124211856j:plain

 

一番に変えたのは、食事でした。

 

もっといっぱい山に登れるようになりたい!と望んだ時から、

お米を食べるのを控えたんです。

 

お米、美味しいけれど、、、すぐにお腹が空いちゃう感覚になるのと、

食後にお菓子食べたくなるから、それが心地良くなかったんです。

 

おそらく、お米食べることで急激に上がった血糖値を、

体のほうでは「下げなきゃいけない!」と反応して一気に下げ出すため、

何か糖分を補給しなきゃ!みたいな状態になってしまう。

血糖値乱高下によって疲労していた部分が大きかったんじゃないかな。

疲れやすくなってしまうんですよ。

 

でもこれ、ニセの食欲だったりします。

お腹が空いてなくても、脳内がワサワサ落ち着かなくなってきてね、

食べたくなってしまうんです。

ニセの食欲に従っていると、本当にだんだん疲れやすい体になってしまいます。

 

 

ところが、お米を食べないようにして変わったのは、

食後の眠気とは無縁になったこと。

寝起きがスッキリしていること。

肩こりしなくなったこと。

極端に疲れなくなったこと。などなど、

体がとにかくラクになってしまったんです。

 

でも、食事は幸せなことですから、満腹感もしっかり感じたかった。

そこで、わたしが取り組んだのは、野菜ではなくお肉の量を増やすことでした。

 

おかずだけで満腹になりたかったので、

おかずだけでいうなら、一人前では足りないから二人前を普通に食べてました。

 

そこから、どんどん体力が上がってきました。

と同時に、体も、引き締まってゆきました。

 

幸いにも、仕事が今まで以上に忙しくなっていたことと、

休みの日は、練習登山のために山に行ってることが多かったので、

「お昼には友人とパスタランチでも♪」なんていう機会もなくなってゆき、

自分のペースで、自分のための食生活を整えやすい環境でもありました。

 

でも完全にお米を断っていたわけじゃないんです。

山頂で食べるおにぎりは最高です。

登山でごっそりと筋肉を使い、血流が元気な時には、

お米を食べても体が疲労することはなかったんです。

 

お米を控えていたのは、ふだんの日常生活の時だけです。

 

また、食べるものを用意する時間がなくて、

何か食べなきゃ身が持たないという時は、

気軽にパンやカステラなどは食べていました。

 

でも、それを連続して続けないようにだけ気を付けていました。

 

じゃないと、せっかく育ってきた筋肉が簡単に落ちてしまうのも

日々の観察の中で感じていたので。

 

f:id:vivayumiko:20151124212924j:plain

 

お肉を食べて、ご飯を食べないというバランスは、

味覚的には最初は面白くなかったんです。

 

だって、親子丼でもそうですが、

お肉のダシが利いている汁のついた白いご飯なんて最高に美味しいですもの。

 

でも、、、元気に山に登りたい気持ちを優先していたので、

「美味しさ」よりも「体が動きやすいかどうか」を観察し続けていました。

 

完全じゃなくても、ちょくちょくと糖質制限をしているほうが、

下山後の筋肉痛もなく、体が冷えることもなく、快適だったんです。

 

f:id:vivayumiko:20151124214006j:plain

 

この体験を静かに聞いてくださったお客様から、後日メールを頂きました。

わたしと同じように、ご飯と野菜を減らし、お肉を増やしてみました、と。

夕方になると、いつもバテてしまうのに、バテなくなったとのこと。

老眼になりかけていたのか、不安定だった視力も安定してきたそうです。

 

 

そんな頃に、とても興味深い本の情報が・・・♪

 

発売される前から、ずっと楽しみに待ってましたが、

先日ようやく届いたんです。

 

こちらです。

 

「ケトン体が人類を救う」

糖質制限でなぜ健康になるのか(光文社文庫)

 

f:id:vivayumiko:20151124204537j:plain

 

宗田哲男先生の本です。

 

糖尿病だけじゃなく、

健康になりたい人すべてに読んで頂きたいくらいの本です。

 

従来型の考え方で栄養管理している方にとっては、

受け入れられないことも書かれてあるかもしれませんが、

 

わたし自身、ご飯を減らしてお肉を増やしたことで、

自分の体が変わったのを大きく実感していますので、

この本の内容は、ものすごく腑に落ちた事がいっぱいです。

この本を世に出してくれて、本当に感謝でいっぱい。

ちゃんとした検証結果とともに、わかりやすく載っています。

 

糖質制限生活は、カロリー制限生活とは無縁です。

 

カロリーだけでいうなら、

今のわたしは、以前よりもはるかに高いかもしれません。

 

施術ルームにも置いておきたい一冊ですが、

大切な人にもプレゼントしたくて、2冊購入しました。

 

読み終えた今、大切な人へのプレゼントの前に、

まずは両親に贈りたくなったので、プレゼントは一旦中止(笑)

 

というわけで、また追加注文しようと思っています(^-^)