読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

2011年3月以前にはなかったけれど、2011年3月以降にはあるので、、、

ずっと気になっていたことで、あまり人には話さずにいたことを、

きょうは書いてみたい気分になりました。

 

いろいろ疑問を持ちつつも、

はっきりした形で出せないことでもあったので、

誰に、どのように、相談をしていいのかもわかりませんでした。

 

今も答えが見つかっているわけではありませんが、

なんとなく、今年のうちにこのブログには書いてみようかな、

そう、なんとなくそういう気分になったので書きます。

 

4年前。

忘れもしない2011年3月11日の東日本大震災。

 

それ以前にはなかったものが、

2011年3月11日以降には、あるんです。

 

お客様の施術中に気付いたことでした。

わたしも含め、わたしの知る限り、ほぼ全員なんです。

 

わたしは、それを皮膚から感じ取りました。

 

あっちが痛いとか、こっちが痛いというお話ではないですヨ。

 

普通にしていたら気付かないですし、

日常に何か不便が起きているわけでもありません。

 

脳に異常が起きてたって、

異常だからこそ脳はそのことに気付けませんから。。

 

それよりも、元気になったとおっしゃるお客様のほうが多くなりましたし、

今も世の中は順調に(?)回っていると思います。

 

当時は、内部被ばくを少しでも防ごう!という動きが活発でした。

わたしも、出来るだけ自分で調べられることはとことん調べていました。

 

何かを発信すれば、その発信者はあちこちから叩かれ、

記事をアップしても、サーバ側から勝手に削除されてしまったりなど、

そういう場面をあちこちで見ました。

 

調べてる途中で遭遇するゴミ情報に惑わされてる人達も沢山見ました。

 

本当に欲しい情報は、検索してもヒットしない時代なんだな、

と当時はつくづく思ったものです。

 

本当に知りたいことは、現地に出向いてる人達から

直接聞くしかなかったんですよね。

 

 

わたしが、施術中に皮膚から感じている同じものを、

ある美容師さんも同じことを言ってたことがありました。

 

「2011年3月以前にはなかったものが、今の人達の頭皮にはあるのよ。」

 

この一言で、わたしはこの方が何を言わんとしているのか

すぐにわかりました。

 

でも、それは何?と聞かれても、

はっきりと答えられないものなのです。

 

これ以上は言いようのないものなのです。

 

なぜ、このようなものがあるんだろう、、、と考えても、

それが内部被ばくの影響なのかどうか、言えるものではありません。

何の証拠もないからです。

 

わかっているのは、

2011年3月11日以前にはなかったものが、今はあるということ。

わたしはそれを皮膚から感じ取っています。

見てもわかりませんが、触るとわかるんです。

 

それがあるために、冷えても冷えには気付きにくいんじゃないかなって。

ちょっと忙しくなった時も、それがあるために、

おそらく状況把握力も落ちてる可能性はあると感じます。

でもね、平和なんです、そのことにもきっと気付けないんです。

なんだかわからないままドタバタしてしまって、

「時間が加速してるからね~。」の一言で終わってしまいますし、

気にしてる人は少ない感じがします。

 

 

わたしが、皮膚から感じ取っているものを、

どうやって感じ取っているのか、その方法は、

2011年以前から来てくださってるお客様や生徒さんには教えています。

 

その方々も、わたしが言ってることを理解してくれました。

 

でも、2011年以降のお客様や生徒さんには、通じないのです。

理解の前提がないので、その前提を育てようとしても、

2011年以前にはなかったものが、今はあるため、

それが邪魔をしていて、今までのやり方では教えたくても教えられないのです。

 

さらに、それは人の体だけではありませんでした。

 

野菜もなんです。

 

同じ生産者さんから購入しているにもかかわらず、

同じ野菜じゃなくなっているんです。

 

わたしはそれを、野菜を摂取した時の自分の皮膚から感じ取っていました。

 

それ以来、わたしは野菜の調理法や摂取量を随分変えてきました。

それだけで、体がラクになっていくのを自分の体で感じていたからです。

 

気候もここ数年はずっと変ですよね。

今年の春は、秋のような風が吹いていた日も多かった。

今は冬が近づいていますが、春の陽気を感じる昼間もあるくらい。

 

生きてる環境がこれだけ変なのですから、

その中で生きているわたしたちも、きっと変。

 

変だからといって、逃げ場などないので、

変なりに、ここからスタートする以外はないのですが、

生活スタイルは、以前と同じままの方がきっと多い。

栄養バランスの常識も、以前と同じまま継続されてる方がきっと多い。

食べ方も、以前と同じままの方がきっと多い。

むしろ、刺激物がさらに増えたように感じます。

 

古くからのお客様とは、

美味しさを感じる時は、体のどこでそれを感じていますか。

その感じる部分の機能が低下してるとは考えてみたことありますか。

なーんて会話で盛り上がることも多いのですが、

とてもじゃないけど、一般的には変な話題です。

 

そんなこと考えなくても、普通に生きていけるわけですから。。。

 

ただ、やはりわたしは気になっています。

複雑な文章を回避したがる人が増えていること、

単純ミスする人が増えていること、

時刻感覚がないことを問題にしなくなっていること、

記憶力が低くなってきていること、

転びやすい人が増えていること、、etc、

 

時代の変化と言われれば、それまでかもしれませんが、

わたしが皮膚から感じ取っている「それ」がなければ、

もっと違うんじゃないかと感じています。

 

「それ」は、神経と直結しているところに存在しているからです。

 

当然、施術技法も少しずつ変えてきて、今に至っています。

これからも、観察を続けながら、

常にベストな形を見つけていくしかないと思っています。

 

きょうはとても変なお話を書きました。

 

明るい写真で締めくくりたいと思います。

 

f:id:vivayumiko:20151210203121j:plain

 

 先日、立ち寄ったカフェに飾られていたかわいいキャンドル達です☆