読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

可愛い可愛いお友達です。

3連休を利用して、東京から友人が遊びに来てくれてました。

蒲郡滞在プランの中に、わたしの施術時間も組み込んでくれたのです。

1才の娘ちゃんも一緒に・・・♪

 

なんと、この子、ベビーマッサージ講習を受けて以来、

足モミ大好きな女の子なんです。

 

f:id:vivayumiko:20160111003234j:plain

 

足、出してくれて、

いつまでも触らせてくれて、

触らずにいると、足を差し出して、おねだりしてくる!

なんて可愛いの。

 

大きくなったら、是非、足モミ学んでわたしの足もマッサージして!

 

足モミしていたら、、、運動神経がアップしたみたいで、

飛び回る、飛び回る!

 

友人とは、約2年ぶり(いや3年ぶり?)の再会でした。

お互いの近況報告も含めたら、話したいこともテンコモリなのですが、

最初は娘ちゃんを中心に時間が過ぎてゆきました。

 

でも、いざ友人への施術が始まったら、

どうしても体に集中するし、

会話の中に娘ちゃんの存在は薄くなってしまいます。

 

お子様連れで施術を希望される場合、

いつもなら、面倒見てくださる方も同伴の上でお越し頂いてるんですが、

今回は様々な事情からそれが不可能だったんです。

そのため、施術台を使わずに、椅子に座った状態のまま、

全身ではなく、座ったまま出来る範囲の施術で対応していました。

 

ふと気付くと・・・、娘ちゃんは、

部屋の片隅で立ったまま、じっと動かず、目にいっぱい涙を溜めて、

じっとしていたのでした。

 

本当なら、わーわー泣き叫んでもいいところを、

ママがとっても大切なことに取り組んでいるらしい空気を読み取ってた様子で、

同じ空間に居ながらにして、自分が中心に回っていないらしい現実を、

一生懸命受け止めてる様子でした。

 

その姿が、なんだか可哀相&可笑しくて、

「こっちにおいでーーーーー♪」と、呼びかけてみましたが動きません。

涙目のまま、じっとこちらを見ていました。

 

そこで、こちらから迎えに行って、抱っこして、

ママの膝に乗せてあげました。

 

すると、太陽のような笑顔を全開にして、

でもとーーーっても静かに、施術が終わるのを待っていてくれました。

ずっと静かにニコニコと。。。

 

この健気さ。

1才の子のやることじゃないぞと思い・・・

 

あまりにも健気で可愛すぎて、わたしのほうが癒されました。

 

施術が終わってからは、思う存分、散らかし放題で遊んで頂きました。

 

それにしても、小さな子どもって、

大人よりもいろんなことを見ていて、知っているのかもしれません。

 

じっとまっすぐに見られていると、、

わたしの中の何を見ているんだろう??って感じてしまう時があります。

 

言葉はまだ通じなくても、すごーーーーく見ているから、

ちゃんとわかってる。いろいろなことを。

 

楽しい時間をありがとう。

また会える日を楽しみにしています・・・!