読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

税理士の先生と振り返り。

税理士の先生に来て頂いて、確定申告の準備に入りました。

毎日があっという間で、、、

 

実は、昨年の始まりの段階から、ずっとズレていた一部の数字。

この存在を知っていながら、1年間ぶっちぎりを通してしまったわたしです。。。

 

たびたびご連絡を頂いていたのに、

先生とも、一年ぶりの再会となってしまい。。。

 

大変、ご無沙汰しておりましたm(__)m

 

今年こそは、定期的にきちっと進めていきたいと思っておりますm(__)m

 

決算書を作る前に、ズレてたものを修正する作業から入りました。

そして遡ること、さらに前年、一昨年の数字を確認して。

 

たったひとつの、小さな入力ミスが原因だったのですが、

これを自分で見つけることは大変困難、

一日かけても、わたしだったら無理なこと。

 

税理士の先生のおかげで、あっという間に原因がわかり、

その後、ちゃくちゃくと本題に入ることが出来ました。

 

f:id:vivayumiko:20160115204036j:plain

 

税理士の先生は、とても面白い方なんです。

四柱推命にも詳しい方で、タロットカードのお話で盛り上がることもあります。

ライフワークとして農業にも関わっている方。

わたしの山登り写真も、楽しそうにいつも見てくれます。

面白い本があったら、お互いにシェアしあうこともあり、

お会いするたびに、とても勉強になる有意義な時間になります。

 

まだ、ここの月間売上が10万にも満たない時代からのお付き合い。

今のように、ご予約が混み合うこともなかった頃を知ってくれてる方の一人です。

 

その時に、頂いた言葉は、今も覚えています。

「あなたは、このまま頑張っていけば大丈夫ですよ。」

 

この言葉は、業務を拡大させていくことよりも、

中の充実を選び続けていくキッカケになった言葉でした。

 

さて、先生は鞄の中から、あるものを出してきました。

それは、ずいぶん昔の、ビセキ化粧品体験会セミナーのご案内。

会場は西浦温泉・・・!!

数年前にわたしが自分で作ったチラシでした。なつかしいっ!!!

すごく盛り上がったんですよね。ほんとうに楽しいセミナーでした。

毎月ペースで開催していた事もあったくらい。

 

「今、この活動はどうなっているの?」

 

「手が回っていなくて、、、施術だけでいっぱいなんです。

クリームの販売はしてるんですが直接お会い出来る方のみ対応してるんです。」

 

それよりも、先生がこのチラシをずっと持っていてくれてたことが、

わたしには感動でした。

 

「そうでしたか。今はそれがいいね。

販売促進費がずいぶん下がっていますが、何もしていないの?」

 

販売促進費は、お客様を招いて楽しいイベントをしたり、

広告を作る時に経費計上するときに使っている科目なのですが、、、

 

振り返ってみると、昨年度は、

ひたすら施術、施術、施術の毎日をおかげさまで過ごしていまして、

何か特別な案内を作って配布するというようなことは一切してきませんでした。

 

休日は山に行ってましたし、

帰宅後はさっさと眠り、翌日の仕事に備えるという繰り返し。

 

でも広告を作らないからといって、販売促進しなかったわけじゃないんですよ。

手抜きかと思われるかもしれませんが、

何かのご案内を作る時は、じつは手書きが一番早くて、

一番確実で、一番伝えたい方に一番に伝わる方法だったんです。

 

例えば、ホワイトボードに一言、

「○月○日、○時から、チベット体操個人レッスンありますよー!」

 

f:id:vivayumiko:20160115204335j:plain

 

と、大きく書いておくだけで、

内容だけの羅列なので、味も素っ気もありませんが、

他のどんな美しいチラシよりもダントツに目立ち、お問い合わせも頂き、

直接、口頭で伝えられる機会が自動的に与えられていたのでした。

  

案内状のためにデザインを考えて、印刷をして、封筒に入れて、、、

という手間は一切かけなかったかわりに(そんな時間もなかった)、

伝えたい事はすぐ伝える、対面でお伝えするということを、

結果的には徹底していたわけですが、、、

 

これで良いのかどうかはわかりません(^^ゞ

でもこれが、今のわたしには無理のない自然体な伝え方みたいです。

 

先生と一緒に昨年度を振り返りながら、

今後のことも少しだけお話して、今回はお開きになりました。

 

いつも施術ルームのことを気に掛けてくださって、

ありがとうございます・・・☆