セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

ちょっとずつの継続でも体はちゃんと応えてくれる。

今朝、お客様の施術を終えた後、

お客様に言われました。

 

「ゆみこさん、以前よりも顔が小さくなってる。。。」

 

あら嬉しい♪

ありがとうございます。

 

前回、お客様とお会いしたのは、ちょうど12月半ばでしたから、

12月といえば食欲への誘惑も多く、顔が膨らんでいた時期でもあるのですが、、、

 

日々の足モミと、リハビリ歩行の効果が少しずつ出てきたのかな?

 

足の重心がどこにあるか。

これが、これほど全身に影響してくるとは、

施術者としても、今回取り組んでるリハビリ歩行は良い体験になっています。

 

昨年秋、足のトラブルを感じ、

このまま放置しておくとマズイなぁ・・という現象がキッカケだったので

当初はブルーな気持ちになったりもしたのですが。

 

現在、今まで使われてこなかった筋肉を少しずつ使えるようになってきて。

 

そのため、足裏がムズっとしてます(笑)

痒いという表現が一番近いですが、

皮膚の表面で炎症を起こしてるような激しい痒みとは違います。

もっと奥のほうで、内部のほうで、むにゅむにゅと血管が形成されてるような、

新たな通り道が作られて交通整理されているかのような、

血液が通っていく時の、新しい感覚です。

 

血液は黙っていても心臓が動かしてくれますが、

老廃物が通るリンパ管は、筋肉の力でしか動かすことが出来ません。

ってことは、筋肉が使えなくなるということは、考えてみたら大変な負担です。

 

筋肉を正しく使える状態になった時の感覚は、

この感覚は、施術を受けてくださってるお客様にはすぐに理解頂けることですが、

筋肉が育っていく課程で味わう、なんともいえない「動き」、

これを言葉にすると、わたしには「痒い」と「むにゅっ」の中間くらいの。

うーん、相変わらずボキャブラリが乏しくてスミマセン!

 

反射区でいうと、小腸にあたる部位も関連しているためか、

顔のバランスにも影響してくるのも納得してます。

 

f:id:vivayumiko:20160117005130j:plain

 

実は、登山の時に使用している帽子も、

買った当時はちょうど良かったのに、このところサイズが大きいのです。

 

足しか触っていませんが、顔のコリも最近取れてきているので、

ますます足モミが楽しくなってきました。

 

リハビリ歩行は、やり過ぎると痛みが出てくるので無理できませんが、

足モミはいくらでも~~~。

自分のためのまとまった時間はあまり取れないので、

合間をぬっての、ちょこちょこケアを継続しています。

 

ちょこちょこケア。

実はちょっとしたコツがあるのです。

それはまた改めて記事アップさせて頂きますね。

 

とにかく。

 

継続は力なり。