セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

久しぶりに代々木上原へ。

久しぶりに代々木上原に行ってきました。

自律神経のメンテナンスを受けに。

 

いつもFBで見ているせいか(最近は面倒くさくて投稿してない)

久しぶりって感じがしませんねと言われながらも、、、

カルテをチェックしたら、ここに訪れたのは、実に1年ぶりのことでした☆

 

ふだんお世話になってる自律神経研究会の代表、鈴木先生の分院で、

そこの院長先生に定期的に施術をして頂いてたのですが、

やはり自律神経が整うと、体が静かに元気になるんです。

 

静かに元気。←これ重要。

 

パワー余る元気よりも、わたしには静かな元気のほうがものすごく重要。

 

ふだん、お客様に施術する時もそうなんですが、

余ってるパワーを使おうとする施術を行うよりも、

静かな状態で、お客様の現在を感じ取るほうが、断然良い施術が出来ます。

 

趣味の山登りもそう。

体を鍛えて、筋トレしまくって、山歩きをすると、

それなりに体も軽くてラクなのですが、

無駄にお腹が空いてきて、下山後の食欲もスゴイ旺盛になってしまい、

夜に眠ろうとしても目をつぶると瞼の奥には登山道が広がってしまう始末で。

アドレナリン出過ぎってやつですかね。

 

ところが、体をリラックスさせて、じゅうぶんにほぐし、

筋力に柔らかさと弾力を保った状態で山歩きをすると、

一生懸命にならなくても、フワっと力が出てくるんです。

下山後も、無駄な疲労はなく、体が静かなんです。

心地良い疲労感なので、夜も安心して眠れるんです。

 

 

わたしは不器用だから、自分の不調は筋肉にすぐに現れてしまいます。

「思考」も「感情」も、ボディの一部ですから、

気になることを抱えている時や、

大事な決断をしなければいけない時には、

まずは、体をほぐす時間を取るようにしています。

 

ストレスに弱いことが強みとなって、今の施術が出来るようになったので、

人生には無駄はひとつもないと思っていますが、

やはり、こういう時代に一人で生きていくのなら、

ストレスに立ち向かえるくらいの強さは持っていないと。

 

それに・・・わたしの周囲には、台風の目みたいな平和な方がいらっしゃって、

楽しい仲間ですが、暴風域に入るのはいつもわたしなので、

暴風域の役割には、それなりの対策も重要なのです(笑)

 

体力面でも、精神面でも、自分の限界に気付いていくことで、

自分の限界を少しだけ超える挑戦も楽しめるようになりました。

落ちる時は落ちますが、落ちるだけ落ちたら、また這い上がればいい。

落ちているのに上がっているなんて嘘は、体には通用しない。

自律神経には、現実と想像の区別がありません。

ポジティブな言葉も大切ですが、

発するなら、自分の中に起きている真実を認めた上で発していたいです。

 

本質的な変化は、自分でないものになろうとする時ではなく、

ありのままの自分を体験する時に起きる。

 

これは、変容の逆説的理論で、

以前に自律神経研究会の研修の場で出てきた話題ですが、

当時これを聞かされた時、超超超~納得したのを今でも覚えています。

 

 

f:id:vivayumiko:20160118230712j:plain

 

 

久しぶりの東京は、大雪警報だったのですが、

わたしがいた時間帯は、雪がすっかり融けてしまってました。

お気に入りのカフェでお茶タイムをして戻ってきました。

 

本当は、きょうは皇居勤労奉仕仲間がヒノマル食堂に集まっているので

少しでも顔出したい気持ちもあったものの。

 

今やるべきことを最優先したいので、残念でしたがまたの機会に・・