読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

目玉焼き3つ♪

目玉焼きも、3つ並べたら、ド迫力(笑)

 

外食の時は、どうしても糖質オーバーになるため、

自宅で食事する時は、意識して糖質を制限するようにしています。

 

糖質制限するときは、

タンパク質が少量のままだと体が落ち着かないので(間食したくなる)、

今回はタマゴを多めに摂ろうという気分になり。

 

f:id:vivayumiko:20160128141608j:image

 

タマゴ料理って、色々ありますよね。

オムレツ、だし巻きタマゴ、ゆで卵、おでん、

その他、パン類にも多く使われるし、カツ丼などにも使われてる。

 

純粋に、タマゴのみを食べてみるとわかりますが、

同じタマゴでも、調理方法によって、体への作用は全く違います。

 

栄養だけのことじゃなくて、

その栄養を、どんなふうに吸収し、どんなふうに代謝していくのかも、

体質によって違います。

 

わたしは、ゆで卵が好きですが、

利尿作用を活発にしたい時には、目玉焼きにします(^-^)

 

油は、グレープシードオイルを使い、

塩・コショウのセットで味付けはしません。

使うなら、塩だけとか、お醤油だけ、とかです。

 

グレープシードオイルとタマゴの組み合わせで作った目玉焼きは、

わたしの体には、オシッコが出やすい状態を作り出してくれるんです。

 

これ、ゆで卵では、このような作用が起きないので、

「何を食べるか」よりも「どんなふうに食べるか」の相性って、

ほんと大事だなーって思います。

 

逆に、体内の水分がいつも足りない人にとっては、

このような食べ方はあまり相性良いとは言えないんじゃないかな。

 

ちょっとしたことですけれど、

自分の体の代謝のペースやバランスがどんな状態なのかによって、

同じものを摂取しても、効くとか効かないとか様々ですから、

この「ちょっとしたこと」には、いつも心を開いていたいと思うんです。

 

食後の体の状態を観察していくことは、

わたしにはむかしから趣味みたいなもので、とても自然なスタイル。

意識して頑張って観察しなくても、ふっと気付いてしまう。

いつも体が教えてくれるので、これからもそこはオープンでいたいと思ってます。

 

好き嫌いの多い子どもを見ていると、

とても共感することもあるんですよ。

ちょっと調理法を変えただけで食べやすくなるのになーって思ったり。

体質的に食べなくてもいいものは、食べなくても生きていけるわけで。

 

情報の多い時代ですが、食材も多い時代ですよね。

バランスの良い食事が健康になるとは限りません。

自分の体は自分で守っていきましょう(^^)