読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セラピールームすずきBlog

小さなサロンオーナー鈴木ゆみこの日記。心身の調和は人生を豊かにする。

母に贈りたくて。登山の思い出をカレンダーにしました。

少し遅くなってしまいましたが、

プライベートスナップで2016年のカレンダーを作りました。

 

先日、印刷屋さんから届きました。

 

f:id:vivayumiko:20160201235643j:plain

 

表紙に選んだのは、富士山の御殿場ルートから宝永山に向かう途中の

双子山の頂上に立っている時の写真です。

 

昨年の山登り写真、その数、実は1000枚近くあるのですが、

その中から12枚をセレクトするのは何日もかかってしまいました。

 

このカレンダーの行き先は、北海道の母の元へ。

 

わたしが北海道に住んでいたのは、18才までだったので、

もう20年以上、母とは離れて暮らしています。

 

病気になったり、結婚したり、離婚したり、

いつまでたってもわたしは母にとっては心配の種でしかなく。

 

今こうして元気に仕事をしていても、心配は心配。

 

個人事業として続けられる環境をおかげさまで与えられていても、

専業主婦の母にとっては、個人事業は未知の世界でもあり、

電話でお話するたびに、心配、、、の声しか聞かされていません。

 

でも、母からの言葉は、心配内容であろうと何だろうと、

いつもありがたく受け止めています。

 

ちょっと無理をすると、すぐにグッタリしていた若い頃しか知りませんから、

今の元気な姿をどうしても見せてあげたくて。

 

f:id:vivayumiko:20160202000059j:plain

 

それに、綺麗な景色に出会うと、

あぁ、母にも見せてあげたいなぁ、、、って、いつも思っていたからです。 

 

それでも母からの言葉はいつも心配心配心配の連発で、

「山に登る前に連絡をもらうと、帰ってくるまで心配だから、

帰ってきてから登ってきたよって言ってちょうだい。」と言われる始末です。

 

それでも、わたしは登る前に必ず連絡を入れるようにしています。

何かあった場合に、きっと悔やむことになるかもしれないからです。

 

そして、何かあっては絶対にいけないので、

人が沢山いるメジャーな場所ならまだしも、

特に、トイレなし売店なし休憩場なしの、

人と出会ったことが一度もない富士山2合目から5合目までの登山道に入る時は、

(360度どこまでも森が続きます。地図は必須。)

細心の注意をはらいながら歩いていました。

 

f:id:vivayumiko:20160202000927j:plain

 

カレンダーと一緒に、母お気に入りの、ほぐれしあクリームを同梱し、

その他、色々とプレゼントを用意して荷造りして発送しました。

 

届いてすぐに、母から、お礼FAXが届いていました。

カレンダーを何度も見てくれたこと、すぐに飾ってくれたこと、

そして最後の一文には、、、

 

「冬山は好きにならないでね。」と書かれてありました(゜◇゜)

 

昔は、母に何か心配されるたびに、

どうして母がそんなに心配心配を言うのか、理解出来なかったんです。

 

でも、今は違います。

 

母は反対しているわけではなく、本当に心配しているんです。

そして、心配しながらも、

娘のわたしの行動にいつも賛成(という姿勢を取らなくても)

見守ってくれているんだと思います。

 

だから、行くなとは絶対に言わないし、

仕事でチャレンジしたいことがあっても、やるなとは絶対に言いません。

 

ただ、ただ、心配の言葉を並べてくれます。

 

そして、今のわたしは、その心配をとてもありがたく感じています。

 

前向きな意見がひとつもなくても、

母からの言葉をしっかり受け止めていく。

 

すると、

なぜか事がスムーズに運ぶことになってしまう不思議な展開は数知れず。

 

きっとわたしも、

母の心配を少しでも安心させたい気持ちが強いから、

自分の気持ちだけで突っ走っていたら見えなくなってしまう部分を、

母から心配を受け取ることでバランスが取れているのかもしれません。

 

 

さて、こちらの写真は、

先日、浜松で参加してきた登山部交流会の時の写真です。

 

f:id:vivayumiko:20160202002622j:plain

 

名古屋での交流会と違って、

少人数で濃い時間を過ごすことが出来ました。

 

みなさんから、山のお話を沢山聞かせて頂いて、とても刺激になりました。

 

なかなか日程合わせられなくて、みなさんと一緒に山には行けないですが、

今はそれでもいいかなと。

 

自分で休日を設定出来る立場ですから、

早めに教えて頂ければ、なんとか調整は可能ですが、

好きなことにチャレンジさせてもらえるのは、自分ひとりのことではなく、

今の仕事や、お客様や仲間の存在があってこそなので、

山に行きたいだけの理由で、大切な土日を仕事から離れてしまうとキリがない。

 

わたしの仕事は、手段ではなく、人生そのものなので、

そのあたりの優先順位はハッキリ示すようにしています。

 

それに、海を越えて、どうしても行きたい山が密かにあるので、

その時は、数日間、お留守にしなければならなくなります。

2年先に予定していますが、その時のためにも、

自分都合のためだけに土日をお留守にしたくない気持ちもあり。

 

でも・・・

お話を聞いていると、一緒に行けなくて良いのかも!?

なんて思ってしまうほど(笑)

 

みなさんの登山ペースが凄すぎるので、

ヘナチョコな自分には、どちらにしてもまだまだ単独のほうが良さそうです。

 

楽しい時間をありがとうございました(^-^)